トビイ ルツのTraveling Mind

カテゴリ:文章の仕事( 64 )




クリエイターの現場

昨日〜今日と、雑誌の取材で4人のさまざまな分野で活躍するクリエイターの方たちにインタビューにてお話をききました。
モードデザイナーの宇津木えりさん、テキスタイルデザイナーの須藤玲子さん、建築家/プロダクトデザイナーの鄭秀和さん、そしてフラワーアーティストの東信さんです。
クリエイターの方たちのモノづくりに対する姿勢や、遠くを見据えたビジョンについての話には常に感銘を受けますが、仕事場のたたずまいも、言葉にしにくい彼/彼女らの感性が溢れて
いて、興味深いものです。布の切れ端、植物の実、古い椅子など、「日常生活がインスピレーションのすべて」と言うクリエイターの身のまわりにあるモノは、たしかにさりげないけど、見方によってはおもしろい形や色のものばかりでした。

インタビュー記事は来年の掲載になりますが、また後にお知らせしたいと思います。



by rutsu_tobii | 2006-11-14 23:57 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)

デザインin銀座

今日は、来週行なう取材インタビューのリサーチで、銀座のいくつかのスポットを訪れました。

銀座のソニービルでは、今、注目のフラワーアーティストの東信さんが、新しいウォークマンとのコラボで、フロアの一角をジャングル状態にアレンジしています。展示スペースに入る前に、まずシューズカバーを渡されます。(足下までコケに覆われた場所なので、靴とコケ、両方を保護する目的でしょう。)そして、新型ウォークマンが手渡されます。緑に覆われ、動物の鳴き声などが音がごうごうと響き渡る空間の中を、ノイズキャンセリング機能が内蔵された新ウォークマンをつけて音楽をプレイにすると、あら、どーでしょう。イヤフォンの中から流れるクリアな音楽を楽しみながら、都会のビルの中とは思えないエキゾチックな植物に囲まれ、つかの間の散歩が楽しめるわけです。ユニークな展示&デモですね。19日までやっているそうです。

1階では、明日発売の話題の「プレイステーション3」のデモが行なわれており、臨場感あふれる大画面を前に、「あいのり」にでてくるさんちゃん(観ている人ならわかりますね!)そっくりな男子が、真剣に“敵”を次々と倒していました。デモされていたドライブシュミレーションの「グランツーリスモHD」がやってみたかった。すごくリアリティのある運転風景とスピードなので、車の免許がない私は、このゲームでもう満足するかも?
PS3は一見すると加湿器か何かみたいなクールなグッドデザイン。娯楽グッズもデザインコンシャスが当たり前の時代になって久しいですが、子供にはもったいない格好よさです。

GUCCIビルも訪問してきました。(買い物だといいんですが 建築&インテリアチェックに)以前、インタビューできいたとおり、店内には往年の グッチの代表的なアイコンが随所にちりばめられています。一番特徴的なガラス使いは、特注の金と銀のガラスの2重構造と聞いていましたが、確かに不思議な見え方をしていて他で見ることがない空間です。
シグニチャーがレリーフされたうわさのグッチチョコは、訪れた夕方には、すでに売り切れでした。

たまたま同じ通りのエルメスの展示ホールで、木村伊兵衛の写真展をやっているのを知り、ついでに観てきたのですが、展示の空間デザインをドイツのデザイナーのコンスタンティン・グーリッヒがやっていて意外。5年前に、ベルギーのインテリア見本市ではじめて知ったのですが、個性的なデザインの椅子や照明をいくつも手がけています。バリバリ、ドイツぽいデザイナーなのに、なぜにパリの写真展でコラボしてるのか、ちょっと不思議でした。


d0069964_22581517.jpg




by rutsu_tobii | 2006-11-10 21:20 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)

プロの仕事

昨日はいつもとちょっと違った分野の取材をしました。「イングリッシュ・ジャーナル」の仕事で、英語の同時通訳の方々を招いた座談会にて、勉強法や仕事の仕方、体験談のお話を聞くというものです。私自身、海外での取材はじめ、英語でインタビューする機会が多々あるため、英語のプロの話を聞くことには興味しんしんです。

参加者は、国際会議レベルのものから観光ガイド的なものまで、多岐に渡る分野の通訳に携わる女性3名。話の内容はもちろん興味深かったのですが、さすがに話し言葉に携わるプロだけあって、明瞭な声のトーンといい、理路整然とした話の仕方といい、日頃から訓練されているだけあります。

彼女たちのお仕事は、通訳する内容も仕事相手も毎回変わるため、その都度、内容にあわせた学習を用意周到に行なう勤勉さも必要。その上、瞬時に、わかりやすく内容を伝える語彙を判断し、正確な発音で、英語と日本語、両方でアウトプットするという、たいへんな能力が必要とされます。その上、プロであるほど、仕事相手や場の雰囲気をみながら、臨機応変に通訳技術を変化させる技量と度量をもちあわせなくてはならないというのは、すごいことです☆

特に大勢のひとびとが集まる国際会議や、社運を決めるような重要なビジネスミーティングの場面での通訳では、いつにもまして、ミスが許されない重責の緊張感ははかり知れません。
そんな中、集中力を高め、冷静さを保つためのメンタルのコントロールや訓練の話は、特に大興味深かったです。
記憶力、集中力、情報処理能力、コミュニケーション能力などの知性、そして体力と忍耐、強い精神性。「全知全能」並みにすべてを持ち合わせてなくてはならない、同時通訳者の方たちを羨望の目で見ながら、いろんなお話を聞いた次第。
話のプロを前に、つたない座談会の進行を努め、大変恐縮でしたが、個人的にも大変ためになったお話が聞けた機会でした。どんな分野であれ、プロフェッショナルな仕事をされている人たちはかっこいいですね!



by rutsu_tobii | 2006-11-09 23:44 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)

おしゃれな工事現場

昨日、打ち合わせで青山にあるOデザイン事務所にお伺いした時のこと。
その際、大御所デザイナーのO氏が「工事現場で最近見かけて、どーしても欲しい!と探しまわっているランプがある」と、みんなにネットで見せてくれました。

白いぼんぼり状のシンプルな形で、大きなランプなのですが、めちゃくちゃ明るいのだとか。その場にいたカメラマン氏や編集者さんも「工事現場でよく見る〜!」と知っていたようです。O氏は、先週まで NYに行っていたそーですが、 どうやら同じものがMOMAに収蔵されているのを見て、日本人の若いデザイナーの作品らしいと言うのですが、いまいち確信がない様子。もしそうだとしたら、最近の工事現場もおしゃれになったんですねー。

O氏は、他にも最近の工事現場で、車を誘導する「旗ふり」のガードマンが、電工掲示板化され、動くピクトグラムになっているのを見て、大変、気にいったとか。
デザインコンシャスな工事現場☆ 要注目です。ランプの作者がわかる方、ぜひ教えてください。



by rutsu_tobii | 2006-11-08 19:00 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)

銀座の新名所

Gucciが特集になったVogue日本版の12月号が届きました。(もう12月号とは!)11月3日に銀座に完成するGucciビルについての、Gucci社長のインタビュー取材記事と、ベネチアの話題の現代美術館パラツッオ・グラッシのキュレーターにインタビューした記事を担当しました。
短いコラム仕立てなので、あんまりインタビューっぽくないですが、文字数の関係で、話に聞いたことが全部掲載できなくて、ちと残念。
Gucciビルについては、いろいろと説明をうけ、想像を膨らませていましたが、なにやらガラスのオブジェのよーなアーティスティックな外観のようで、早く見てみたいです。目玉はいろいろありますが、ミラノの本店以上にスケールアップした「Gucciカフェ」は話題になりそう。食を担当するのは、あの中目黒のクラスカや堂島ホテルも運営しているトランジットさんです。

それにしても、東京はファッションブランドのスタイリッシュな建築物がどんどんできて、つくづくすごい場所ですね。Gucciのビルも銀座の新名所になることでしょう。



by rutsu_tobii | 2006-10-26 21:26 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)

ハワイの食文化

ハワイより無事、帰国したところです。地震のことで心配してくださった方々、ありがとうございました。

今回の旅は、食がテーマのレストラン取材が主だったのですが、それについて書くことがなかったので、ちょっとコメント。さまざまな国からの移民が多いオワフ島では、食べられる料理もかなりインターナショナル。地元の伝統のハワイ料理から、パシフィック・リムとよばれる、環太平洋の食の文化が混じったフュージョン、ベトナム、タイ、エジプトまで、多国籍でバラエティに富むレストランが見つかります。
レストランだけでなく、ファーストフードも国際的。例えば、地元のひとびとや観光客で人気の「マルサダ」というお菓子は、ドーナツの穴をなくして、もっとフワフワにした感じのものなのですが、ポルトガルの移民の作った、ドーナツの失敗作をきっかけにしてできたものだとか。

最近は、健康志向も手伝って日本食の新しい店が急増中だそうです。ハワイを代表するシェフ、アラン・ウォンの料理も、日本の食材や料理方に影響を受けたものがたくさんみられました。
日系人や日本人が多く暮らすハワイですが、日本人観光客の数は減っているそうです。過去、何十年にも渡って人気の旅の滞在地ですが、そろそろ刷新が必要なのでしょうか。実際、オワフは規制緩和で、建設ラッシュ。新しいホテルの建設やアラモアナショッピングセンターのリニューアルが予定されているなど、商業的に生まれかわっている最中とのこと。変化を見守っていきたいですね。



by rutsu_tobii | 2006-10-19 23:08 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)

マハロ★ハワイ

ハワイ滞在最後の日です。約1週間の滞在でしたが、今日はほとんどの取材を終えて、コーディネーターのAさんと『アランウォングパイナップルルーム』でお疲れさまのお食事をしました。Aさんはホノルル在住が10年近くになり、フラダンスを本格的に学んでいます。来月11月にある権威あるフラコンテスト「ワールド・インビテーショナル・フラ・フェスティバル」に出場するとかで、仕事の合間に週3回のレッスンに一生懸命、参加しています。

実のところ、ハワイは初訪問の私。ハワイやフラについての知識もほとんどありませんでしたが、文化や習慣などいろいろと興味深いことを教わりました。例えば、昔のハワイ人は、あいさつの時にお互いの顔を近づけて、「アロハ」の「ハ」の時に息を嗅ぎあって、身体の調子を確かめたとか、落ちている花は死んでいるものとして決して拾わず、生きた花を髪にかざってエネルギーをいただき、一生懸命踊るのだとか。
到着した日に、彼女からハワイの塩をいただきました。食べてももちろんおいしいですが、ハワイの人は水に塩をとかし、ティートゥリーの枝にその水を浸けては、家のまわりなどにまいてお清めをするそうです。日本の神道の榊に水をつけて清めるやり方と似ていますね。そういえば、初日に行ったタロ畑ですが、タロの実も土も神聖なものとされ、足などについた泥はきれいに山できれいに洗って、家に持ち帰ってはいけないそうです。自然と密接なハワイならではの文化ですね。

Aさんほか、ハワイのいろんな方にお世話になり、知識をいただきました。マハロ(ありがとう)ハワイ!日本では定番人気のハワイですが、リゾートの部分だけでなく、日本にもどことなくにた、自然を大切にする文化に興味をもってくれる人が増えればいいですね。

追記 ハワイの地震についてですが、すでに影響はほとんど残っていないようです。ご安心ください。



by rutsu_tobii | 2006-10-18 19:42 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(2)

ハワイのその後

昨晩の地震で夜までホテルの停電が続いていましたが、夜の10時頃に復旧。ワイキキビーチ沿いの40階建ての某超高層ホテルですが、下の階から順に電気が戻り、灯りが部屋につく度に、あちこちの部屋から喜びの歓声があがっていました。みんなバルコニーにでて、手を振ったり、懐中電灯の光を振り回したり。私の部屋も、電気がついた時には、思わずバルコニーに出て、誰にともなく手を振ってしまいました 笑 

今日のホノルルは、まるで昨日、何もなかったかのよーに、普通に戻っていました。なんと30年ぶりの規模の地震だったそーです。被害の状況もはっきりしてきたみたい。おそらく、一番多い被害は、停電で冷蔵庫の中のものが腐ったことではないかしら? テレビでもラジオでも、その話題が一番多い気がします。 笑
ラジオで言っていたそうですが、地震の前に、ハワイ島周辺でお魚たちが海を飛び跳ねているのが目撃されているとか!やはり自然界には兆候が現れていたんですね。



by rutsu_tobii | 2006-10-17 20:28 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(4)

ハワイの地震

今、ホノルルの真っ暗なホテルの部屋の中で、ブログを書いています。ハワイ島で本日早朝に大地震が起こり、オアフ島も全島が停電してしまいました。

今朝はノースショアにあるパイナップル畑の撮影のため、6時すぎにホテルを出発したのですが、車の中で道を走っている7時すぎにどうやら、地震が起こったようで、全く気がつきませんでした。到着した朝のコーヒーショップが停電していて、そこで地震について知ったのでした。
その時は、地震のシリアスさをあまり感じていなかったのですが、車のラジオでハワイ島の被害や、オアフの停電をしり、ホノルルに戻ってくるとますます大変なことに気づいた次第。街中のスーパーは食料を買い込む人の長い列ができてるし、信号も灯りも消えています。私と写真家も、食事をテイクアウトするために2時間近く、行列にならびました。これは、来るべき関東大震災の予行練習でしょーか?!戻ってきたホテルでもエレベーターがとまっているし、トイレは1カ所しか使えない状態。聞けば、このような大きな地震の被害がハワイに起こったことは、ここ最近ないとか。すごい珍しいことに遭遇してしまいました。笑

ところで、今日は、お天気の方も嵐のような大雨。結局、撮影はできませんでした。到着してからずっとお天気があまりよくありません。滞在もあと数日ですが、なんとか地震のダメージもお天気も回復してもらいたいものです。

そーいえば、土曜のKCCマーケットにモデルの押切もえちゃんが取材に来てたそーです。名物のフライドグリーントマトを買っていたとか。同じように自然界のハプニングで取材に苦労してるかもしれませんね★



by rutsu_tobii | 2006-10-16 15:36 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(2)

ハワイの食

またしても更新に間があいてしまいました。雑誌の取材でハワイのホノルルに来ています。
滞在後、すでに4日間が経過しました。
今回はグルメがテーマの取材なのですが、着いていきなり、山奥のタロ芋畑に直行。原住民の方が暮らす山の畑に行き、タロつくりの様子を拝見しました。野山に囲まれた美しい場所でしたが、ハワイはリゾート開発がさらに進んでいるそーで、タロ畑もどんどん宅地用に減っているとか。訪れた場所は、ハワイの文化でもあるタロの伝統を受け継ぐために、原住民やボランティアの方々が守っている畑なのですが、ここもすでに政府に買い上げられ、やがて造成される運命だそうです。ハワイはそのイメージとはうらはらに、政府をはじめ多くのひとびとがあまり環境問題について熱心に考えられていないことを、原住民の方は嘆いていました。残念なことですね。

タロは、街中のハワイ料理の店でも味わうことができます。できたてはおもちみたいにモチモチ、時間がたつとさつまいものような色にかわり、トロッと、かつ酸っぱくなっていきます。トマトとあえたものを食べましたが、さっぱりしておいしかったです。

明日は朝の5時起きで、ノースショアの方のパイナップル畑とコーヒー畑を訪れます。雷の予報がでているよーで、お天気が心配。秋の天気みたいで、ちょっと不安定な空が続いているオアフ島です。



by rutsu_tobii | 2006-10-15 19:10 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(2)
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新の記事

長崎の旅を紹介
at 2018-04-07 12:00
別府の桜スポット
at 2018-04-05 23:00
春を告げる野焼き
at 2018-04-02 23:00
今年は犬!すじ湯の竹札
at 2018-02-25 17:00
11月に個展をします
at 2017-10-03 23:00

最新のコメント

フォロー中のブログ