トビイ ルツのTraveling Mind

<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧




食べられないブラックベリー

今月から新装刊になった月刊アスキーのコラム連載で、挿絵を描かせていただいてます。日頃、自分では買わないIT雑誌だけに、書かれている今時のテクノロジー事情にびっくり。「ニコイチグッズ」(と、この言葉自体、知らなかった...)とよばれる、人に自慢したくなるデジタルグッズで、「計算ドリルつき電卓」とか、スカイプ電話付きのマウスとかいろいろあるんですね。

「私が投資したいアイデア20」という欄で、「ブラックベリーを活用したウェブコンシェルジュ級の旅行立案&手配サービス」というーのがありました。海外の雑誌でセレブの持ち物としてよく出てくるので、食べ物の名前はついているものの、何なのか薄々、何かは予想がついてはいましたが、オールインワンの携帯電話&端末なんですね。パリス・ヒルトンもスワロフスキー仕様の豪華版のブラックベリーを持ってるとか。

個人的には、海外出張でノートPCを持っていくと重いし、いつも接続には苦労するし、そんなことが解消されるものなら欲しい気もしますが、日本にはまだ、ないんでしょーか。あったとしたら、ブラックベリーに負けない、遊び心のある名前をつけてもらいたいものですね★



by rutsu_tobii | 2006-10-31 20:37 | イラストの仕事 | Comments(2)

東京デザイナーズウィーク

明日から東京デザイナーズウィークが始まります。デザインタイドのイベントとあわせて、デザイン好きには楽しみな期間。

海外からの参加では、年々、人気が浸透しているダッチデザインの作品はやはり楽しみです。
大使館や観光局、国ぐるみでデザインをサポートしている体制は、うらやましい限り。昨年、オランダのデザインについて取材した際に、公共の建物にも積極的に若いクリエイターのデザインを採用し、商業的には国をあげてデザインをメジャーな輸出品にしようとしているのを知りましたが、そのアイデアが日本でも真似できれば素敵ですね。

オランダのデザインについてのHP
http://www.holland.or.jp/from_the_heart/japanese/index.html



by rutsu_tobii | 2006-10-30 22:46 | アート&デザイン | Comments(0)

北京的アート中心

北京にある現代アートの中心的ギャラリー「コートヤード・ギャラリー」が、11月1日にダウンタウンに移転するとのお知らせがありました。(中国でダウンタウンと表現するのもヘンな気がしますが、要は下町?) 以前、エキサイトとJALの機内誌の2回、北京の現代アートの特集の取材に訪ねたギャラリーは、日本でいえば皇居のような場所のすぐ隣という、一等地にあるレストランの地下にありました。
北京オリンピックを控え、好況の北京は街中で広い場所を探すのもひと苦労と聞いていましたが、今度の場所は以前のものより広く、アートパフォーマンスも可能だとか。一体、どんな場所なのか気になります。行ってみたい★

すでにかなり寒いであろう北京。モンゴル風の2色スープのしゃぶしゃぶがおいしいんですよね〜。アートも食べ物もナイスな北京です。



by rutsu_tobii | 2006-10-27 21:28 | 海外の旅 | Comments(0)

銀座の新名所

Gucciが特集になったVogue日本版の12月号が届きました。(もう12月号とは!)11月3日に銀座に完成するGucciビルについての、Gucci社長のインタビュー取材記事と、ベネチアの話題の現代美術館パラツッオ・グラッシのキュレーターにインタビューした記事を担当しました。
短いコラム仕立てなので、あんまりインタビューっぽくないですが、文字数の関係で、話に聞いたことが全部掲載できなくて、ちと残念。
Gucciビルについては、いろいろと説明をうけ、想像を膨らませていましたが、なにやらガラスのオブジェのよーなアーティスティックな外観のようで、早く見てみたいです。目玉はいろいろありますが、ミラノの本店以上にスケールアップした「Gucciカフェ」は話題になりそう。食を担当するのは、あの中目黒のクラスカや堂島ホテルも運営しているトランジットさんです。

それにしても、東京はファッションブランドのスタイリッシュな建築物がどんどんできて、つくづくすごい場所ですね。Gucciのビルも銀座の新名所になることでしょう。



by rutsu_tobii | 2006-10-26 21:26 | 文章の仕事 | Comments(0)

今時の常識?

雑誌「けっこんぴあ」用のイラストカットを作成中です。
結婚式に登場する小道具や儀式に関するうんちくのイラストなのですが、結構、知らない言葉が多くて、われながらびっくり。
「ブートニア」(新郎が胸につける花飾り)、「ファーストバイト」(ウェディングケーキを新郎新婦がお互い食べさせる)「クロカンブッシュ」(フランスで結婚式の時をはじめ、お祝いの時に食べるお菓子)とか、今時の結婚式ではかなり常識なんでしょうが、私には初耳!自慢ではありませんが、冠婚葬祭の行事にはほとんど縁がありません。たまに、こういうお仕事がくると勉強になりますねえ★以前、マガジンハウスのクロワッサン別冊で「いまさら聞けないマナー本」のイラストのお仕事をした時も、「掲載誌がもらえてラッキー」と思ったものです。まじで、いまさら聞けないことばっかりなので。

ウェディングといえば、先週まで出張でいたハワイのワイキキのホテルでは毎日、たくさんの日本人のウェディングカップルを見かけました。たぶん、私が日本でみかけるウェディングカップルの10年分位はみたかも。あの地震の停電でだった日も、やはりウェディング姿の日本人カップルがいて、通りがかりの観光客と思われるおばさまに「大変な日に結婚式だけど、エンジョイしてねえ」と励まされてました。果たして、エンジョイできたんでしょーか...



by rutsu_tobii | 2006-10-25 23:59 | イラストの仕事 | Comments(0)

めだかの鍛錬

先週までの出張中、トビイ家のめだか3匹はうちでお留守番でした。
夏の暑い盛りの出張中は、友人のMちゃんに預けてえさやりなどの世話をしてもらいましたが、今回はめだか達に、留守中は外のバルコニーでお留守番してもらうことにしました。預かってもらってもよかったのですが、環境が変わると、それはそれで、めだかにとってリスクがあるので、「放置」状態で、旅にでたわけです。
半年近くも室内のゴージャスな環境で暮らしていためだか達が、いきなり、外に、しかも空気ポンプもなく、断食状態で8日間です。古株のジダンは、かつて外で暮らしをしていたので野生を取り戻すかもしれませんが、マテラッツィとロナウジーニョは、初めての「合宿生活」。乗り切れるか心配でした。しかし。出張から戻ってきたら、みごとに3匹とも元気にしていたのです。 外は気温も低いし、水草や砂利がつくる自然環境で、えさや空気ポンプがなくとも、それなりに快適に過ごせたものと思われます。

これで、寒い時期の間は、あまり心配せずにめだか達を留守番させられそう。室内暮らしで甘やかしていたので、これを機にえさを控え、空気ポンプなしで引き続き過ごさせて、めだかを鍛錬させているのでした。



by rutsu_tobii | 2006-10-22 23:51 | めだか | Comments(0)

早くも年末ムード

10月からの3か月間、挿絵イラストを担当した「NHKイタリア語ラジオ講座」の12月号の納品が昨日で終わりました。今回は、海外出張中に作業があたってしまい、ハワイの青い海を見ながら、イタリアの風景を描いていた次第。たまたま、ナポリの話題だったので、まあ、気分は遠からず、といったところですが、実際は、ハワイからイタリアは地球の真裏あたりだそーです。

テキストでは、毎回、イタリアの料理の紹介があるのですが、12月号とあって、イタリアの典型的なクリスマスのお菓子の作り方も載っていました。アニス(松やに)酒で風味づけした小麦粉を練って揚げたものに、蜂蜜をからめたものですが、エキゾチックな味がしそう。蜂蜜のお菓子といえば、モロッコでもたくさん作られていて、素晴らしくおいしかったのです。もしクリスマスにイタリアに行くことなどあれば、このお菓子もぜひとも食べてみたいものです。

それにしても、はや年末年始の話題が続々。ホテルからは年末のディナーや宿泊プランの情報が寄せられています。12月で開業1周年の「マンダリンオリエンタル東京」は記念のフレンチディナーwithシャトーマルゴーが63,000円也!さすが世界初の6つ星ホテル、豪華ですね★クリスマスディナーもたくさんおいしそうな料理の写真がプレスリリースに同封されてました。
グルメショプのクリスマスケーキは4種類もあるそーです。

ホテルのクリスマスプランは、毎年、どこも気合いの入ったものばかり。昨年は、部屋にビックバンドや鮨職人が来たり、ブランドものプレゼントがあったり、ちょっとバブル復活みたいなものもでてきてましたが、今年もいろいろ、バラエティに富みそうです。



by rutsu_tobii | 2006-10-21 23:59 | イラストの仕事 | Comments(0)

ハワイの食文化

ハワイより無事、帰国したところです。地震のことで心配してくださった方々、ありがとうございました。

今回の旅は、食がテーマのレストラン取材が主だったのですが、それについて書くことがなかったので、ちょっとコメント。さまざまな国からの移民が多いオワフ島では、食べられる料理もかなりインターナショナル。地元の伝統のハワイ料理から、パシフィック・リムとよばれる、環太平洋の食の文化が混じったフュージョン、ベトナム、タイ、エジプトまで、多国籍でバラエティに富むレストランが見つかります。
レストランだけでなく、ファーストフードも国際的。例えば、地元のひとびとや観光客で人気の「マルサダ」というお菓子は、ドーナツの穴をなくして、もっとフワフワにした感じのものなのですが、ポルトガルの移民の作った、ドーナツの失敗作をきっかけにしてできたものだとか。

最近は、健康志向も手伝って日本食の新しい店が急増中だそうです。ハワイを代表するシェフ、アラン・ウォンの料理も、日本の食材や料理方に影響を受けたものがたくさんみられました。
日系人や日本人が多く暮らすハワイですが、日本人観光客の数は減っているそうです。過去、何十年にも渡って人気の旅の滞在地ですが、そろそろ刷新が必要なのでしょうか。実際、オワフは規制緩和で、建設ラッシュ。新しいホテルの建設やアラモアナショッピングセンターのリニューアルが予定されているなど、商業的に生まれかわっている最中とのこと。変化を見守っていきたいですね。



by rutsu_tobii | 2006-10-19 23:08 | 文章の仕事 | Comments(0)

マハロ★ハワイ

ハワイ滞在最後の日です。約1週間の滞在でしたが、今日はほとんどの取材を終えて、コーディネーターのAさんと『アランウォングパイナップルルーム』でお疲れさまのお食事をしました。Aさんはホノルル在住が10年近くになり、フラダンスを本格的に学んでいます。来月11月にある権威あるフラコンテスト「ワールド・インビテーショナル・フラ・フェスティバル」に出場するとかで、仕事の合間に週3回のレッスンに一生懸命、参加しています。

実のところ、ハワイは初訪問の私。ハワイやフラについての知識もほとんどありませんでしたが、文化や習慣などいろいろと興味深いことを教わりました。例えば、昔のハワイ人は、あいさつの時にお互いの顔を近づけて、「アロハ」の「ハ」の時に息を嗅ぎあって、身体の調子を確かめたとか、落ちている花は死んでいるものとして決して拾わず、生きた花を髪にかざってエネルギーをいただき、一生懸命踊るのだとか。
到着した日に、彼女からハワイの塩をいただきました。食べてももちろんおいしいですが、ハワイの人は水に塩をとかし、ティートゥリーの枝にその水を浸けては、家のまわりなどにまいてお清めをするそうです。日本の神道の榊に水をつけて清めるやり方と似ていますね。そういえば、初日に行ったタロ畑ですが、タロの実も土も神聖なものとされ、足などについた泥はきれいに山できれいに洗って、家に持ち帰ってはいけないそうです。自然と密接なハワイならではの文化ですね。

Aさんほか、ハワイのいろんな方にお世話になり、知識をいただきました。マハロ(ありがとう)ハワイ!日本では定番人気のハワイですが、リゾートの部分だけでなく、日本にもどことなくにた、自然を大切にする文化に興味をもってくれる人が増えればいいですね。

追記 ハワイの地震についてですが、すでに影響はほとんど残っていないようです。ご安心ください。



by rutsu_tobii | 2006-10-18 19:42 | 文章の仕事 | Comments(2)

ハワイのその後

昨晩の地震で夜までホテルの停電が続いていましたが、夜の10時頃に復旧。ワイキキビーチ沿いの40階建ての某超高層ホテルですが、下の階から順に電気が戻り、灯りが部屋につく度に、あちこちの部屋から喜びの歓声があがっていました。みんなバルコニーにでて、手を振ったり、懐中電灯の光を振り回したり。私の部屋も、電気がついた時には、思わずバルコニーに出て、誰にともなく手を振ってしまいました 笑 

今日のホノルルは、まるで昨日、何もなかったかのよーに、普通に戻っていました。なんと30年ぶりの規模の地震だったそーです。被害の状況もはっきりしてきたみたい。おそらく、一番多い被害は、停電で冷蔵庫の中のものが腐ったことではないかしら? テレビでもラジオでも、その話題が一番多い気がします。 笑
ラジオで言っていたそうですが、地震の前に、ハワイ島周辺でお魚たちが海を飛び跳ねているのが目撃されているとか!やはり自然界には兆候が現れていたんですね。



by rutsu_tobii | 2006-10-17 20:28 | 文章の仕事 | Comments(4)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59