トビイ ルツのTraveling Mind

<   2007年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧




今月のヒットアイテム

長年使用しているものに、電卓があります。CANON製のちょうど掌に乗る縦長の大きさで、ライトグレーのシンプルなデザイン。スライド式の一体型のフタがついていて持ち歩きに便利。電気店で安価に買ったものでしたが、デザイン、使い勝手ともに、これ以上のバランスのものは見つけられず、なんと、気づけば15年以上も使用していました。
さすがに最近、調子が悪くなってきたので、ずっといいものを探していたのですが、時間は移ろい、今や電卓もおしゃれなデザインがたくさん。普通の電気メーカーがつくるものもそこそこいい見た目いいですし、レクソンやアマダナなどデザインブランドものも当然素敵ですが、自分には不必要な高機能と値段に躊躇してました。

先日ようやくデザインショップで偶然発見した電卓が気に入って購入。MILANとロゴがあり、イタリアのメーカーかと思ったら、スペインの老舗の文具ブランドとか。2千円以下だったのですが、チープなプラスチック感や抹茶グリーンがガジェットっぽくて逆にいい感じ。
d0069964_10201922.jpg
同ブランドでは、個性的な電卓をたくさんだしているようです。旅行などの持ち歩きに便利なものを、引き続き探しています。



by rutsu_tobii | 2007-11-30 10:00 | アート&デザイン | Comments(0)

めだかの犬化

夏にトビイ家のスターめだか達がいなくなってから、すっかり話題にすることが減ってしまい、1匹残されたドミンゴが「抹殺状態」になっておりました。
しかし、おかげさまで彼は元気にしています。体長もチャームポイントの目もすっかり大きくなって、黒々としたつぶらな瞳は、まるでチワワのよーです。
たいへんなおりこうさんで、水槽に近づいて名前をよぶと、尾びれを振って近寄ってきます。(ホントですって)。放任という名のしつけのたまものでしょうか。水槽を覗くのは、えさやりの時だけになってしまったので、人の気配を感じると「ゴハンだ♪」とパブロフの犬化してしまったのでしょう。
仲間がいれば、追いかけっこなどして過ごせるのでしょうが、日頃は1匹、水槽の中で何をしているのでしょう。今後は「散歩」と称して、せめて時々、水槽の位置を動かしてあげよーと思います。



by rutsu_tobii | 2007-11-29 10:00 | めだか | Comments(0)

デザイン携帯の可能性

毎年、年末のクリスマス&ボーナスシーズンになると、いろんな家電の新製品が一斉に発表されるものですが、都会生活者の御用達ブランド「アマダナ」の携帯がついに発売されますね。すでにテレビなどでも紹介されていましたが、さすがにアイデンティテイを貫くデザインです。詳細はこちら。いちばんアマダナさんらしい木目調のボディのものは5000台限定でシリアルナンバーが入るのだとか。

日本の携帯電話事情は、規格や料金システムをはじめ、消費者の多機能重視傾向など、何から何まで世界の市場の中では特殊なことで知られています。日本メーカーの携帯電話は、市場の狭さから国際競争力の面で特に危惧されていますが、こういった「デザイン」が抜きん出た製品が、活路をみいだしてくれるといいな、と思います。i-phoneなどは自国で使えなくても、持ちたいデザインフリークはたくさんいますからね。
アマダナさんのように、すでに国外にもファンをもっているような日本のデザインブランドやデザイナーさん、メーカーさんたちには、がんばっていただきたいものです。
ちなみに、FOMAのアマダナの携帯は海外でも使用でき、外国旅行でも便利な機能がたくさんついているようなので、海外に持っていったら注目されそうですね♪



by rutsu_tobii | 2007-11-28 10:00 | アート&デザイン | Comments(0)

女心は永遠に

今年73歳になる実家の母は、大の韓流好き。先日は、念願叶って初めてイ・ビョンホンのファンミーティングに出かけてきたと喜んでました。会場が隣の県だったので、旅行会社企画のバスツアーに申し込んだそうなのですが、その際、「いい歳して恥ずかしいので」と、歳をごまかして、申し込み用紙にマイナス3歳の70歳と書いてしまったらしーのです。

そのことを私が友人たちに話すと、「なんでお母さんはマイナス4歳の69歳にしなかった?」と笑われたので、「それもそーだ」と、後で理由を尋ねてみると、「さすがにズーズーしいかと思って」とまた、恥ずかしがってました。あんまり罪がなさそうな年齢詐称ですが、いつまでたっても女は若く思われたいものなのですね...(*^^*)

晩年、女性は誕生日を待たずに亡くなり、逆に男性は誕生日を迎えてから亡くなる傾向があると聞いたことがありますが、ほんとかな? 女の人は、お葬式の席で、年齢が読み上げられる時も、数字が少なく思われたいものなのかも知れませんね。



by rutsu_tobii | 2007-11-27 10:00 | Comments(0)

紅葉の名所?

イラストレーターの吉田稔美さんの展覧会の最終日、急遽日本人演奏家によるリュートの演奏会が行なわれることになったとのお知らせがあり、出かけてきました。場所は雑司ヶ谷の素敵な洋館、旧宣教師教会だったのですが、吉田さんの中世の世界観がある作品、リュートの音色と建物がぴったり調和したなかなか素敵なイベントでした。

隣接する雑司ヶ谷の広大な墓地は、著名人のお墓もある有名な場所でもありますが、園内に植えられている木々は今、ちょうど紅葉のまっ最中。青山墓地は桜の名所ですが、こちらは紅葉の景色がかなりいけてます。小春日和のいい天気の日なら、ちょっとしたよい散歩コース。お墓の中の方々の失礼にならないように、静かにしみじみ歩くのにいいかもしれません。
d0069964_9452458.jpg




by rutsu_tobii | 2007-11-26 10:00 | Comments(0)

一友社の新刊

京都発の世界で一番小さい出版社、一友社の新刊『クオレ』が、本日発売になります。ブログにて何度かご紹介させていただいていますが、一友社は20代のいとこ(♀)がたったひとりで企画から編集、営業まで手がけている出版社で、すでに絶版になってしまった作品や著名作家のあまり知られていない隠れた名作などを漫画化することで、世に広めていこうという志の高い出版社なのです。
新刊の『クオレ』は、イタリアの児童文学の傑作。トリノに暮らす主人公の子供を中心に、友情や家族への親愛を描いた心温まる作品で、子供たちのクリスマスや贈物にもぴったり。一友社のHPで立ち読みもできますので、ぜひのぞいてみてください。



by rutsu_tobii | 2007-11-22 10:00 | 仕事仲間・友人 | Comments(0)

gris@バーニーズ銀座店

お友達の帽子デザイナー、内山グリさんのブランドgris(グリ)の秋冬コレクションのキャンペーンが、バーニーズニューヨーク銀座店1階にて11/22(木)〜12/2(日)まで行なわれます。
素敵な色のニット帽子やキャスケットなど、着こなしのアクセントになる帽子は、1点づつ手作り。期間中はさらにまったくの1点ものや、バーニーズ限定の商品も登場するとか。

帽子を被ると体感温度が3度は違うと聞いたことがありますが、私も冬場の外歩きは帽子がかかせません。特に型崩れを気にせず、持ち歩きに便利なニット帽はお役立ちで、今年はグリさんのコレクションの中から、独特なブルーのキャスケット風ニット帽を購入しました♪

11/23(金)〜11/25(日)、12/1(土)、12/2(日)の14時から18時は、グリさん本人も来店し、直接コーディネートのアドバイスもしてくれるそーです。帽子は被り方でずいぶんと印象が違ってくるので、似合いの帽子&スタイリングをしてもらってはいかがでしょうか。



by rutsu_tobii | 2007-11-21 10:00 | アート&デザイン | Comments(0)

ミシュラン東京版

ミシュラン東京版の結果がついにつまびらかにされましたね。昨夜から記者発表の様子や星をとった店がニュースで紹介されるなど、ちょっとしたお祭り的な盛り上がり。これから毎年、今頃の時期の日本は、ボージョレーヌーボーの到着の浮かれ騒ぎに加え、更新されるミシュラン星の店の話題で、グルメ界は賑わうことでしょう。

結構な数の店が星をとっていましたが、有名ホテルの中のレストランもいくつかありましたね。小さな規模の個人店と違って、ホテルのレストランは席数も多く、仕込みやオペレーションも大変と聞きますが、星の評価はホテルにとっても多いにプラスになるはず。開業したばかりで、今回のミシュラン評価に間に合わなかったペニンシュラ東京の、最上階レストランのフランス人料理長さんも「1年目の目標はまず星をとること」と言っていましたから、やはり星の評価は多くの料理人の励みにもなるのでしょう。

コンラッドは、合計7つの星をもつ料理長プロデュースで話題になったフレンチが一つも星をとらず、中国料理店が星をとっていましたね...。星評価とは、せちがらいものです☆



by rutsu_tobii | 2007-11-20 10:00 | | Comments(0)

来年のスケジュール帳

今年も残りが2か月を切り、いろんなタイプのスケジュール帳がでまわていますね。私は本当は4月はじまりが好きなのですが、昨年、間違えて1月始まりを買ってしまい、今年も今の時期に買い換え、すでに来年度分のスケジュール帳を使いはじめています。
気分を変えるために、毎年、使い切りできる、携帯に便利な小型サイズのソフトカバーを購入し、色も前年とがらりと変えて選んでいます。2007年度のピンクに替わり、2008年は上品なゴールドのツートンカラーにしました☆ 5か国語辞書や、国内外の主要都市の地下鉄地図、世界地図なんかも入ってます。
こういった能率手帳みたいにお役立ち情報が入ったタイプで、デザイン的に満足できるものは今までなかなか見つけられなかったのですが、有名な装丁デザイナーの坂川栄治氏の良デザインで、2千円以下というお値打ち品。関心したのは、巻末の罫線の入ったメモページに、よーく見ると3等分された切り取り線が入っていて、ちょっとしたメモが切り取れるようになっていること。スケジュールのメモページは、いろんな時期のメモ書きが後々まで残っているのが嫌で、結局あまり使わずに、年の終わりまで真っ白のことが多かったのですが、これは便利です。輸入モノは格好はいいけど、かゆいところに手が届く工夫はやはり日本製がいちばんですね。
色のゴールドも、ここ数年のラッキーカラーだとか!(by Dr.コパ)即買い、即使用しているのでした♪



by rutsu_tobii | 2007-11-19 10:00 | Comments(0)

アスティエさんの食器

ここ最近、しょっちゅうおじゃましている 表参道のH.P.DECO。人気の陶器ブランドASTIER de VILLATTEアスティエ・ド・ヴィラットのデザイナーを招いたレセプションパーティがありました。
青白い肌と、温かみのある表情でおなじみの作品は、パリの工房でひとつひとつ手作りされるそうです。
d0069964_1015305.jpg

フィンガーフードのサービスに、実際、このように使われました。素敵ですね♪
一緒におじゃました帽子デザイナーの内山グリさん夫妻は、毎朝、アスティエさんの食器で朝ごはんを食べてるとか。素敵な陶器ほど、ダメージを恐れて使うのをためらってしまいますが、本当は逆。使わないと作品の本当のよさも味わえないし、生活が楽しくならないですよね。見習わなくては!
今回は画家のナタリー・レテさんとコラボした新作が登場。
d0069964_1047178.jpg




by rutsu_tobii | 2007-11-17 10:00 | アート&デザイン | Comments(0)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59

フォロー中のブログ