トビイ ルツのTraveling Mind

<   2007年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧




開運!ラグジュアリーホテル

今年は「2007年ホテル戦争」といわれた高級外資系ホテルの進出ラッシュが一段落。その他の多くのホテルもリニューアルが進み、ホテル業界が話題に湧いた年でした。
それぞれのホテルがデザインやサービスに趣向を凝らし、今やよりどりみどり(→ひさしぶりに使った言葉だな〜^^)。ミシュランも東京のホテルをひそかに覆面調査したそーですが、評価基準は何だったんでしょうね。

立地やインテリア、サービスなど、ホテル選びで重視する点はいろいろと思いますが、「運気」で選んでみるのはいかがでしょう?
本日発売の雑誌『Numero』2月号にて、スピリチュアリストで象徴研究家の暁玲華先生に、都内で人気のラグジュアリーホテルを、またもやイコノロジーの知識と感性を使っておもしろく解説していただきました。新しい、高級、というだけですでに運気が高いそうですが、ホテルの自慢の景色やインテリアや装飾品など、いろんな運気UPのパワーが秘められているようです。
一部、内容をご紹介すると、ザ・ペニンシュラ東京は、元々、ここ20年間くらい風水的に最高の立地だそーなのですが、その他にも、職人芸のアート作品やインテリアが、かなり賑やかな「福」をよんでいるとか。個人的には、先生が「禅寺のよう」と評したマンダリンオリエンタル東京の解説が興味深かったですね。世界初6つ星のラグジュアリーホテルが、なぜに禅寺?!とびっくりしたのですが、その真相は、ぜひ本誌にてお確かめください。お正月休みに奮発して、ラグジュアリーホテルを利用される方のユニークなガイドになるに違いありません。
ミシュラン東京にも、今後の格付けの参考にしてほしい...かも?



by rutsu_tobii | 2007-12-28 10:00 | 文章の仕事 | Comments(0)

マインドマップ

今年も残すところあと10日。個人的には年内の仕事が一段落したので、そろそろ来年以降のことについて思いを巡らせたいところです。この年末に自分なりの「マインドマップ」を作って、来年のビジョンづくりに活用したいなと思っています。
「マインドマップ」とは、元々、イギリス人ジャーナリストによって考案された仕事術のひとつ。毎月イラストの掲載誌として届く雑誌『ASCII』で毎回紹介されているので、知りました。作り方は、専用ソフトや手描きで発想に従ってどんどん頭の中にあることを描きだしていくことで、思考が整理されていくというものです。
個人的なおすすめは手描きなのですが、描き方の基本は、大きな紙の真ん中にテーマとなる事柄を描き込み、そこから放射状(枝状)に思いつく事柄(ワード)を色やイラストを使いながら描いていきます。見た目は、脳内シナプスか、木の根のようなマップが出来上がります。
こうすることで、ひとつのテーマに関するインスピレーションがどんどん湧いてくるため、マインドマップは企画の立案やスケジュールづくりなど何でも活用できます。頭の中にある混沌としてことを整理することにも役立つし、人によっては自己分析や人間関係を分析するセラピーにも役立つかもしれません。イラストや色を使用すること、手で描くことで脳内の新陳代謝や、思考を吐き出すデトックス的な効果もあると思います。
私はイラストレーターとして色や、手を作って描くことのある種「セラピー効果」を日頃から実感しているので、マインドマップは仕事術だけでなく、癒しや精神のコントロールにもかなり有効と思います。
いろんな方面で活用できるマインドマップですが、すでにサイトや書籍などでも豊富に紹介されているようです。興味のある方は参考にしながら、年末年始にいろんなマインドマップを描いてみてはいかがでしょうか。

年末年始は、ブログの更新は不定期になります。
みなさま、よい年末年始をお過ごしください。



by rutsu_tobii | 2007-12-22 10:00 | Comments(0)

美女採集♡

渋谷のパルコパート1の6階ギャラリーにて、刺繍作家の清川あさみさんの展覧会が行なわれています。雑誌『流行通信』の人気対談連載「清川あさみの美女採集」で、清川さんが数々の美人女優のためにつくった衣裳が展示。
美女採集というだけあって、美女を写した写真の極小サイズのポジフィルム(1cm角くらい?)を顕微鏡でみたり、ルーペやフラスコといった科学実験ツールと共にプレゼンテーションしているコーナーは、なんだかレクター博士的なフェチズムが感じられます♡

関係者だけのレセプションとはいえ、来場者はなんだか圧倒的に男性が多い気が。その中のおひとりが「清川さんて、ご自分も美人ですねえ♡」とほれぼれつぶやいていたのですが、確かにご自身も美形でスタイル抜群。以前、インタビューさせていただいたことがあるのですが、モノづくりに対しては真摯な印象かつ、アートディレクターをしているだけあって冷静な視線の持ち主という印象でした。ほんとうに天は二物も三物も与えているものです。

会場では連載をまとめた新しい作品集や、人気の刺繍絵本、アート作品なども購入できるようです。作品は普段につかえる小物も多いので女性のクリスマスプレゼントにもいいかも。展覧会は1/7まで。



by rutsu_tobii | 2007-12-21 10:00 | アート&デザイン | Comments(0)

2008年の雑誌は?

2008年を目前に刷新のシーズン。かつての人気雑誌のいくつかが休刊になると聞きました。その中のひとつは、出版社の社長がお抱え占い師の助言で休刊を決めたという話も。真偽のほどは定かではありませんが...。
休刊の一方で、あいかわらずラグジュアリー雑誌も増えるようです。またもや乱立のアラフォー読者どり合戦。どうなることやら。

ひさしぶりに山の手線に乗ると、つり革広告で、開運の指南本や特集雑誌の広告が目につきます。最近、うちのブログの検索ワードも「2008年のラッキーカラー」が急増中。新年を目前とすることもありますが、出版界のラグジュアリー(物質)VSとスピリチュアル(精神)の2大傾向は今後も続くでしょーか。
いいとこどりで、ラグジュアリー雑誌は、当分のラッキーカラーといわれるゴールドづくめかな?



by rutsu_tobii | 2007-12-20 10:00 | Comments(0)

総武線のパイレーツ

昨日、新宿駅の総武線ホームで、電車を待っていたある人に目が釘付けになりまして...「ジャック・スパロウ」が立ってたんですね。『パイレーツ・オブ・カリビアン』の。海賊帽子にドレッドヘアの頭から、皮をつぎはぎしたパンツとブーツの足先まで全身、完璧ないでたち。おそるおそる横顔を拝見したら、目の下にあの独特なアイライナーも入れてメイクもばっちり。
なりきりジョニデ、ホームですんごい視線を集めてました。

船長はおひとりらしく、高尾行きの電車に乗っておられましたが、車両口の側に立って、流れる車窓の風景をじっと見つめていました。この次の航海はどこなんでしょーね...

追記:他にも船長を目撃した方を発見。



by rutsu_tobii | 2007-12-19 10:00 | Comments(0)

ライフハック

今週で実質、仕事納めを迎えるとあって、大掃除と締め切り、やるべきことをドタバタ平行してかたづけています。仕事にしろ掃除にしろ、何かいい「整理術」はないかと、毎年この時期強く思う次第。いわゆる、最近「ライフハック」とかっちょいい名前でよばれる効率的な「仕事術」を模索し続けています。

「超整理法」の作者で有名な経済学者の野口悠紀雄氏も「やるべきことをメモしておく方法は、リストに書いてあるから大丈夫だろうとと安心してしまって、かえって危ない」と言ったことを雑誌のインタビューで話しておられましたが、まさにそのとおり。私の場合、メモに書いても「覚えているからいいや」と結局見なかったり、メモの置き場所がわからなくなったりするんで、意味がありません 笑
やるべき仕事のモチベーションと効率の両方を高める、自分にあった仕事術、整理術を来年こそは見いだしたいものです。



by rutsu_tobii | 2007-12-18 10:00 | Comments(0)

追悼★メイ牛山

ハリウッド化粧品の創立者のメイ牛山さんが96歳でお亡くなりになったとか。長年、母親がハリウッド化粧品の愛用者なので、子供の頃からミョーに親近感があります。家にあったメイさんが書いた美容本をすでに中学生くらいの時に読んだりして、参考にしてました。
内容は美容というより健康本に近く、「風邪の時には絶食するのがいい」とか書かれていて、へえーと思ったのを覚えています。今考えると、自己治癒力を高めるということだったみたいですが、オルタナ健康法のさきがけですね。
ほかにも「エビカニ類の甲殻類は頭をよくする」とあり、受験の頃にはよく食べたし(おかげで今も甲殻類好き)、抹茶レモンドリンクも試しましたねぇ^^今でこそたくさんいる美容界セレブの、さらに先駆けだった方だと思います。



by rutsu_tobii | 2007-12-17 10:00 | Comments(0)

銅夢版画展

銀座アートスペースにて、同夢版画工房の主催する版画展覧会が16日まで開催中です。長年の友人の角取明子さんが出品しています。角取さんは私が最もかっこよかったと記憶している時期の雑誌Switchの元副編集長さんでした。私が音楽関係の仕事をしていた時からの知り合いで、奇しくも同時期にベルギーに暮らし(彼女はフランス語圏のリエージュ)そこで、銅版画を学んだ方。帰国後も熱心に活動をされてベルギーや日本で作品を発表しています。Switchでは執筆も続けられていたので名前を記憶されている方も多いのでは?

工房の多くの方が参加されたグループ展のようですが、彼女いわくエロい作品が多いとか。笑 よく意味がわかりませんが、数寄屋橋交差点のすぐそばの場所なので、近くに行かれた際はぜひおたちよりください。



by rutsu_tobii | 2007-12-15 10:10 | アート&デザイン | Comments(0)

女性誌のボキャブラリー

イラストの仕事の際は、たいてい雑誌や担当する記事が資料として送られてくるのですが、毎回、それぞれの雑誌の編集者やライターさんの「造語ボキャブラリー」にはいつも関心させられます。「お手頃価格」のことを「プチカワプライス」、受けのよさそーなファッションのことを「ちょいモテXX」など女性誌発の造語として知られているもの。「ちょいワル」とかも、確か元はメジャー女性誌Mがつかっていたこの「ちょい〜」からきた表現ですしね。
最初はどこかの女性誌のいち編集者さんが頭を悩ませてつくったものと思われる造語が、やがてテレビCMや世間にも浸透して、結構すごい影響力と思うのです。

ちょうどある女性誌用のイラストを制作中ですが、「流行ものの靴はワンシーズンではきつぶし、高価な靴はちゃんと手入れして長年履く人」のことを「靴XX」と表現してました。この「XX」の部分、すごく言いたいんですが、まだ守秘義務期間かなあと思って書かないでおきます。頭の体操と思って想像してみてください。(雑誌が出たら、ぜひ使ってみたい)。
編集者さんの努力の賜物と思われるセンスあふれるキャッチコピーの数々、頭が下がります。ある意味、同業者なんですが、イラストの仕事の方がやっぱり楽でいいですね。 笑



by rutsu_tobii | 2007-12-14 10:00 | カルチャー | Comments(0)

北海道ワイン

今月に入ってこのブログの検索キーワードのほとんどがレストラン・食関係。クリスマスや忘年会で食事の機会が多いからかな?その中でダントツが札幌の『ミヤヴィ』さんです。(行ったことないのになー^^;>)夏にオープンしたばかりですが、順調に人気を集めているのでしょう。広報をしている元都内高級ホテルのホテリアーだったTさんがはるばる情報を送ってくれます。なんでも北海道産のワインにはまっているとか。「おたる初しぼり」という道産銘柄の試飲以来、北海道のワイナリーを熱心に巡ったりしているそうです。小規模でも優秀なワイナリーが増えているそうで、やはり温暖化でワイン産地が北上しているのでしょうか。
南北に細長い日本。この分だと数十年後は北海道はワインの一大産地に、九州ではラムやテキーラの名酒が生まれたりして?



by rutsu_tobii | 2007-12-13 10:00 | | Comments(0)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59