トビイ ルツのTraveling Mind

<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧




暑中お見舞い申し上げます

d0069964_8193145.jpg




by rutsu_tobii | 2009-07-28 08:30 | Comments(0)

ラグジュアリーな怪談イベント

以前にも「浴衣でトクする情報」について少しご紹介しましたが、日本橋のマンダリンオリエンタル東京で、日本の夏にふさわしく、浴衣姿で怪談を楽しめるイベントが行われます。

マンダリン オリエンタル 東京で愉しむ 日本橋納涼怪談2009

「立体怪談」という、ホテルの最新 のサラウンド音響&映像システムを使った迫力の特殊効果の演出つきで、日本の伝統的な怪談を聴くイベント。語るは、人間国宝の講談師の一龍斎貞水師匠と、かなり贅沢です。
このラグジュアリーな立体怪談、入場料は講談だけだと5500円ですが、浴衣姿で行くと1000円OFF! ホテルらしく食事付きのコースも用意されているとか。

開催日は、ちょうどお盆休みあたりの8/16(日)と、怪談を聞くのにふさわしい納涼の時期。日本橋のマンダリンオリエンタルホテルは、日本の布を多用した美的空間なので、かなり風流な体験ができそう。何よりサラウンド音響で怪談を聴くなんて、相当迫力あってコワそうです。怖い話は好きじゃないけど、体験してみたいなー



enjoy listening to Kaidan/ghost story is a japanese cultural tradition in summer season. Mandarine oriental hotel tokyo at nihonbashi offers an unique kaidan event this summer with twisted and modern approach.

Tisui Ichiryusai, a professional story teller/ master will be invited for guests and talked japanese traditional ghost stories using special technology of audio and visual effects at a luxurious hotel hall.
The master Ichiryusai is the first class story teller given a title as intangible asset by japanese governmental authority.

the event is apparently organized by a club which promote to revive kimono culture in modern japan wherefore there's an unique service added. if you visit the event in Yukata/summer kimono style, you'll get a 1000yen discount from the 5500yen of entrance fee. (reservation required in advance) Hotel also offers a course includes dinner.the event will take place on sunday August 16.



by rutsu_tobii | 2009-07-24 14:30 | エンタテイメント | Comments(0)

個性派ジュエリーのセール

7月も終わりに近づき、春夏物のセールもほとんど終盤。東京は戻り梅雨のお天気で気温が低めなせいか、早くも一部のデパートが抜け駆けでやっている昨シーズンの秋冬物のセールが好調とか。
自然界だけでなく、業界の季節感もなんだかヘンですねえ...

白銀台にあるジュエリー/アクセサリーのギャラリー兼ショップギャラリー ドゥ ポワソンさんでは、今日から8/9までスペシャルサマーセールを行なうとのこと。海外の個性派ジュエリーブランドや個人作家の作品の春夏コレクション、シーズンレスの1点ものなど、ほとんどが50%OFFとな。個性的な1点を探している人にはいい機会かも。
作家・園部悦子さんの新作展も日曜日まで開催中だそうです。

gallery deux poisson, a show room/shop collects jewels crafted by artists mainly from japan and europe, will start its summer sale from today - august 9. most of the items will be discounted up to 50%. they're also exhibiting the new collection by a japanese jewel artist Etsuko Sonobe till this sunday, july 26.



by rutsu_tobii | 2009-07-24 09:00 | アート&デザイン | Comments(0)

日食の夕食

日食を見ることはできましたか?東京の都心部ではくもりのビミョーな天気だったので、私は早々にあきらめて、室内でTVのライブ中継を観ていたのですが、後で都内のあちこちで観察できたと知りショック。雲が逆に幸いして、肉眼でも観れたみたいですね。部分日食の「写メ」撮影に成功していた人も多々いるじゃありませんか!...ハンター根性、ぜんぜん足りなかったっす...

少々がっかりな気分を抱えつつ、夜は友人と北参道のお気に入りのフレンチビストロBistro D'artemisビストロ・ダルテミスでお食事。偶然にもお店の名前が「月の女神」の名前なのに気がつきました。

太陽が月に隠れたこの日にふさわしいエピソードと、この発見に満足。おいしい食事と楽しい会話にも、なぐさめられたのでした。
d0069964_97076.jpg

月のない新月の夜に食べた、ブータンノワール(黒ソーセージ)

i watched a solar eclipse in live on TV after all.i thought the sun was not likely to come up and shine as it had been raining hard then cloudy since the morning. it was misjudge. the evening news reported people watching a solar eclipse occurring from numerous spots inside of tokyo. some were succeeded to see it without devices thru gaps of many clouds, even take pictures by their mobile phone cameras.i regretted not having gone out and checked the sun in the sky outside. i wasn't good hunter at all.

in the evening i dined out with a friend at my favorite place, Bistro D'artemis at Kita sando. later realized the bistro had a name of the goddess of moon, as well as hunting. although i wasn't able to catch the divine moment the moon covering the sun, i had a good time with nice food and talk at the kitchen of the goddess.
photo:boudin noir, suitable dish for the moonless dark night.



by rutsu_tobii | 2009-07-23 09:00 | | Comments(0)

皆既日食2

そういえば、昨日たまたま入った一番町にあるカフェ&バーのドリンクメニューに「陽出ずる国の皆既日食焼酎」というのがありました。おそらくコレではないかと。

奄美大島の町田酒造の黒糖焼酎 『皆既日食/黒の曙』

便乗商法〜。でも説明読むと結構、おいしそう。

追記:
...と思ったら、朝日酒造から、陽出ずる国の皆既日食というそのまんまの名前の限定焼酎がでていたようです。

いろんなところが便乗してたのね...

i happened to find a Shochu (japanese liquor) named "Hiizuru kuni no kaiki nissyoku(solar eclipse in rising sun country)" on a menu list at a cafe/bar in ichiban-cho where i dropped in yesterday. actually it wasn't only one shochu targeting people who're interested in a solar eclipse. why shochu? because it is one of the main local products of the southern islands where a total solar eclipse is visible for a longest time in japan and now getting attention the most ever. a big business chance in 46 years!



by rutsu_tobii | 2009-07-21 13:30 | | Comments(0)

皆既日食2

明日は日本で観察できる46年ぶりの大規模な皆既日食。部分日食が観察できる東京の明日の天気は、あいにく曇りのようですが、ちらと太陽がのぞくかもということで、一応、観察用の筒をつくりました。キッチンペーパーの芯とガムテープで作ったちと貧乏くさいものですが、制作コストはゼロ、5分でできました。気分は小学生♪
作り方はこちらを参考。
d0069964_948132.jpg

テレビのライブ中継もあるみたいで、やっぱりこっちで観た方が日焼けもせず、暑くもなくてラクかしら...

a total solar eclipse will occur tomorrow wednesday. it will be visible inside of japan for the first time in 46 years. here in tokyo we'll be able to observe partial solar eclipse if the weather conditions is ok. i'm ready to view it with my handmade viewing device but, i may choose more comfortable way: sitting in front of a tv /computer screen in an air conditioned room, view a program showing a solar eclipse on live.



by rutsu_tobii | 2009-07-21 10:00 | その他 | Comments(0)

Cuban Crossroads 展

会期も残り少なくなってしまいましたが、東京在住のアメリカ人の写真家、スコット・リン・ライリーさんの写真展が半蔵門のJCIIクラブ25で7/20(月)まで開催されています。今年春にキューバを訪れて撮影した30点の写真だそうです。
ちょうど鳥インフルエンザが蔓延中のメキシコを経由しての旅だったそうで、キューバに思いのほか長居したとかしなかったとか?どんな写真が撮れたのかな?

Scott Lynn Riley, the American photographer based in tokyo traveled in Cuba this spring, now showing 30 of his works at the JCII Club25 in Hanzoumon. In his journey he had to take a route via Mexico when the dangerous flu was sweeping in the country. Maybe he stayed longer in cuba and took more pictures than he had planned? did it work well?



by rutsu_tobii | 2009-07-18 23:00 | アート&デザイン | Comments(0)

Art Lover's 合コン


活況を呈している婚活ビジネスですが、ついにアート界にまで進出?
7/25(金)に白銀台の現代アートギャラリー山本現代で、アート好きやアートに興味のある男女を対象にした合コンが行われるそうです。定員男女各30名のところ、すでに女性の方は定員に達しているとか。
ここらへんも、肉食女子、草食男子といわれる日本の巷の事情そのまんまなのでしょーか。

詳細はこちら:Art Lover's合コン

growing match making business now looking for their clients in art galleries?
a blind date party limited for art-lovers will take place at Yamamoto Gendai, the edgy contemporary art gallery in Shiroganedai on next saturdayJuly 24. its quota for female participants is reportedly already full but, not for their counterparts. while hungry women showed their enthusiasm, men just wait to make it filled. is that the nowadays situation happening all over, so called carnivorous women vs herbivorous men phenomena?



by rutsu_tobii | 2009-07-17 10:00 | アート&デザイン | Comments(0)

ハリーポッター最新作

公開になったばかりの映画ハリーポッターのシリーズ最新作『ハリーポッターと謎のプリンス』を早速観てきました。原作は未読ですが、映画の方は第一作目から観ているので鑑賞がすっかり慣例化。さすがに6作目ともなると、登場人物の子供たちもすっかり大人っぽくなったなー。
今回はロマンスもお盛んです。派手な魔法の闘いのシーンは少なかったようですが、その分、登場人物たちが善悪や恋愛といった葛藤に悩む「心理的なバトル」が見物かも。
毎回、ハリーのイジリ役としてお約束のようにちょこっとだけ登場していたドラコ君も、今回はたくさん悩める姿で登場してます。

すでに原作では完結し、映画シリーズも物語の架橋。同じファンタジーシリーズ映画でも『指輪物語」の時は、上映時間の長さと気の遠くなる旅に「もお、早く指輪返してきて〜」という気持ちになりましたが、ハリポタの方は話の終わりが見えてきたのは、ちょっと寂しいな。

I saw the latest Harry Potter movie: Harry Potter and the half-blood prince yesterday, first day of the movie in the theater in Tokyo. Simply couldn't miss it since I 've seen all of the past series of the movie although never intended to read its original story by thick book.

The actors/ress who used to be little kids are all grown up, enough to perform romantic scenes. There seems less dramatic battles of magic power in the movie however, more psychological battles on love or destiny in one's heart are seen instead. Draco, for example the mean class mate of Harry, appears on the screen the most for the first time in the series, as a boy caught in the middle between good vs evil.



by rutsu_tobii | 2009-07-16 09:00 | 映画 | Comments(0)

Lyさんの個展

恵比寿のギャラリーPOINTに久しぶりに立ち寄って、新進のグラフティアーティストLyリィさんの展覧会「PILED UP」を見てきました。下描きなしの一発勝負で描く作品の数々は....
d0069964_2321295.jpg

Lyさんオリジナルのキャラクター「DIKディック」くん。(翻訳不可 笑)ギャラリーディレクターの古井さんによるとLyさんの夢の中にでてきた方達だそうですが(!)今回はシリコンの3D姿でもゾロゾロと登場。

グラフィックの方は、すべて思いつきの一発描きと思えないほど、画面の中の構成のバランスや、描かれている物語がきちんと出来上がっているのが、お見事です。

すべて白と黒で描かれた世界ですが、実際のLyさんご自身も常にギャルソンの白黒ファッションを身につけ、お部屋も白&黒のみで構成されているとか。
先日のオープニングパーティでも、飲み物もすべて白/黒という徹底ぶりだったそうです。(ギャラリーのブログで紹介)そのオブセッションの理由を聞いてみたいものだ...

Ly, a japanese upcoming female graffiti artist who performed a vivacious live painting at Laforet Harajyuku last year now presenting a show titled at Gallery Point, the contemporary art gallery in Ebisu.
what her work characterize are black & white painting and the "symbolic" character Dik- invented by Ly from the inspiration she had gotten in her night dream. in the show, large number of Dik appear in painting on paper, wall, also in 3D figure.

what she depicts is beautifully well composed and presented with a certain story. it's hard to believe she works on paper or wall directly without making any drafts in advance.

according to Mr. Furui, the director of the gallery Point, Ly is always shrouded in black & white clothe by Comme de Garcon, her private room is also filled with only these 2 colors.i'm interested in the reason of her obsession...



by rutsu_tobii | 2009-07-14 23:30 | アート&デザイン | Comments(0)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59