トビイ ルツのTraveling Mind

<   2010年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧




室内の肖像

仕事仲間であるNY在住の写真家Dean Kaufmanディーン・カウフマン氏から、今週からミラノで始まった個展『Portraitsポートレイト』のお知らせがきてました。(残念ながら、すぐに行ける距離ではありませんが...)

インテリアの高級ブランドB&B ITALIAとのコラボとのことですが、Anish Kapoorカプーアの作品とZaha Hadidザハ・ハディドのデザインしたインテリアの佇まいが何とも美しいポートレイト。未来的なデザインでおなじみのハディドのこのカウチとオットマンは、Moon Systemと名付けられているそうです。うーん、座ってみたい♪
個展はこの後、NY、パリと巡回するそうですが、日本には来ないのかな。
d0069964_23425618.jpg

最近、個人で活動しているクリエイターの仕事仲間や友人たちが、自分たちの活動状況をメールのメルマガ形式や、郵送でお知らせしてくれる機会が増えてきました。今日も他にも彫刻家、音楽家といった方たちからメールが届きましたが、彼らの活動自体もさることながら、積極的な姿勢は見習わないとなあ。



by rutsu_tobii | 2010-03-13 23:55 | アート&デザイン | Comments(0)

映画『NINE』

発売中の雑誌ELLEに、近日日本で公開されるミュージカル映画『NINE』のプロモ用スペシャルDVDがついていたので見てみたのですが、歌と踊りで気分がかなりアガりそうな映画。
なんといっても出演者が豪華。『Valentine's Day』も出演者が全員主役級でお得な気分になりましたが、NINEの主役もアカデミー男優のダニエル・デイ・ルイスをはじめ、オスカー女優のペネロペ、ニコール、ジュディ・リンチやソフィアローレンまで歌って踊って、いったいギャラがいくらかかったんでしょう(笑)という景気のよさ!舞台のミュージカルを観るのは苦手なのですが、なぜかミュージカル映画は好きなので楽しみ。

フェリーニのイタリア映画『8 1/2』にインスパイアされた映画だそうですが、やっぱり観ておいた方がいいかしら。そういえばダニエル・デイ・ルイスは一時期、イタリアで靴職人やってましたね。イタリアーノっぷりは今回の演技にも生かされたのでしょうか。

テーマを歌うケイト・ハドソンちゃんの威勢のよさ。カッコいいです♪



by rutsu_tobii | 2010-03-12 23:58 | 映画 | Comments(0)

イイダ傘店&KIYATA

東京は三寒四温の日々ですが、晴れると日差しの強さが増しているのがわかりますね。紫外線の量もすっかり多くなっているはず!来月くらいからは日傘が手放せなくなりそう。
そう思っていたら、恵比寿のギャラリーショップlimArtで、イイダ傘店と、以前、木彫りのペンについてご紹介したクラフト作家のKIYATAさんがコラボした日傘の受注会を行っているとのニュース。

KIYATAさんが作るカワイイ動物さんの手元がついたオリジナル傘、ぜったい素敵なはず♪どんな動物たちが登場しているのでしょう?

ちなみにKIYATA(妻)さんは、『しまうまのしごとさがし』の絵本の中のスパイの黒ひょうさんのファンと言ってましたが、黒ひょうさんもいつかラインナップにいれてほしいですね^^



by rutsu_tobii | 2010-03-11 23:55 | アート&デザイン | Comments(0)

ホントはアコギ好き

昨晩はみぞれが降る寒い中、最近、活躍目覚ましい友人のピアノ弾き「鍵盤うさぎ」を囲んで、彼のサポーター「チャーリーズエンジェルズ」こと私を含めた旅行ライター仲間の女子3人と、ひさびさに恵比寿のオステリアに集結しました。
鍵盤うさぎさんも残りのチャリエン2人も、みんな3月がお誕生日月。さらに私以外のみなさんは、今月、国内外のどこかに仕事やプライベートで旅行に行くとのことで、うらやましい限りです。

だからと言って、いじけて告白する訳ではないのですが、実は私は楽器の中で一番好きな音色はピアノではなく「アコースティックギター」なのです!

ジャンルはクラシック、ジャズ、ネオアコ問わず、アコギの音色で奏でられる音楽は何でも好き。軽やかでありながらどこか物悲しい音色といい、何よりギターのモバイル可能なスタイルは、やはり旅人に似つかわしい楽器ではありませんか。旅人スナフキンも流れ者のジプシーも、奏でる楽器はギターですよ。

最近のお気に入りでよく聴いているアコギ音楽は、オランダの女性ジャズシンガー、トレインチャTraintje(traincha)がオランダ人ギタリストと共にマイケル・ジャクソンをカバーしたアルバム『NEVER CAN SAY GOODBYE』。女性の歌声とアコギの音色に癒されます。
d0069964_21411521.jpg

オランダは小さい国ながらも世界的に活躍しているジャズアーティストが多いですね。自由なスタイルのジャズとオランダのおおらかなフリーマインドの土壌があってるのかな。



by rutsu_tobii | 2010-03-10 21:55 | エンタテイメント | Comments(0)

ガールズ☆パワー

女性の日にふさわしい話題をひとつ。

絵本『しまうまのしごとさがし』がきっかけでお友達になったブログ「Japanese LOHAS」のブロガーのチーコさん。ご実家がある広島の田舎の家を、自然と共生する日本的な暮らしを体感できる「自然体験型旅館」にするという夢の実現のために、ついに東京から広島に拠点を移すことになりました。

先月からは「3人娘の世渡り上手レシピ」という、暮らし役立つメルマガを送ってきてくれているのですが、執筆陣は82歳のチーコさんのおばあさま、60歳の茶道家のお母様、そして医療関係の仕事をしながら、東京で自分で抹茶を点てるカフェイベントを主宰してきた26歳になったばかりのチーコさんの「ガールズ」。

そのチーコさんと茶道家のお母様が、定期的に行ってきた1日限定カフェ「atelier 茶房 四季彩」が3/14(日)に広尾のCafe Calvaで行われます。詳細はこちら

「ガールズ」が点てるお茶を飲んだらめちゃくちゃ元気になりそう〜。日本の将来を元気にする鍵は、やはり「女子力」といったところでしょうか?
d0069964_23521618.jpg

「日本の暮らし学び宿」として再生する家



by rutsu_tobii | 2010-03-08 23:59 | 仕事仲間・友人 | Comments(0)

3月8日は女性の日

白金台の花屋さんでミモザの花が売られてるのを見かけました。3/8は女性の日ですが、海外では女性に感謝の気持ちを込めてミモザのを贈る習慣があるので、きっと外国人居住者が多い地域では珍しいミモザを揃えているのですね。
d0069964_19361923.jpg

ヨーロッパ諸国や中国でも、女性の日には男性が女性の変わりに食事を作ってあげたりするようですが、日本ではまだ浸透していない習慣ですね。とはいえ、私のまわりにはそんな習慣に関係なく、誉め讃えたくなるようながんばっている女性がたくさんいます。

長年通っているヘアサロンで14年間もお世話になっていた担当の女性ヘアスタイリストHさんもそのひとり。独立して、この週末にめでたく自らのヘアサロンBeccoを開いたので、お披露目に訪れました。

地下鉄の北参道駅近くのレトロなビルの中にある、隠れ家のようなロケーションで、自分のお店をもつことのこだわりと夢が感じられた素敵な空間でした。職人仕事がすばらしい家具類をはじめ、小物に至るまでとても彼女らしい。可愛らしいお店のロゴや印刷物は、彼女の長年の友人でもあるグラフィックデザイナーのセキユリヲさんだそうです。居心地がよすぎて、長居してしまいました。(笑)

先日出会った、70歳を超えて現役美容師の女主人と、彼女を慕って長年お店に通う近所のお年寄りのお客さんたちのことが思いだされます。Hさんのお店も私を含めたお客さんも、きっといい感じにレトロになっていくのかな?(笑)と今からとても楽しみです。
d0069964_1933275.jpg

Beccoの本棚に並べられた本のタイトルにも、Hさんの世界観がうかがえます。



by rutsu_tobii | 2010-03-07 19:39 | 健康&美容 | Comments(0)

BEPPU PROJECT 2010

昨年my故郷の九州の別府で行われた現代アートフェスティバル「混浴温泉世界」から1年も経過しないうちに、次なるアートイベントが今週末から別府市内で行われます。

『BEPPU PROJECT 2010 アート・ダンス・建築・まち』
3/6(土)〜3/22(日)会場:別府市中心市街地各所
詳細はコチラ

昨年夏の混浴温泉世界の報告会の際に総合プロデューサーの山出氏が「やる!」と宣言して、その時の周囲は疑心暗鬼だったようですが(笑)本当に実現したのですね。
4本立てのテーマの中うち建築は、なんと建築家集団「みかんぐみ」が市内のストリップ劇場のリノベーションを担当することになったそうで、そのプランが展示されるそうです。
ストリップ劇場と界隈は、レトロな温泉場の妖しい雰囲気にぴったりで、現代アート的にはおもしろい素材となりそう。リノベ後は市民劇場や展示スペースとして生まれ変わるそうです。
d0069964_2233873.jpg




by rutsu_tobii | 2010-03-04 22:40 | アート&デザイン | Comments(2)

再会の月

前回、3月は毎日のように親しい人の誕生日があると書きましたが、昔のご縁が戻ってくる不思議な月でもあります。
一昨日はバンクーバーオリンピックの閉会式の最中に、カナダ人の写真家の友人からHP経由で7年ぶりに連絡が来ました。昨日はたぶんそれと同じくらいの年数はごぶさたしているデザイナーさんから連絡があり、今日はおそらく10年は会っていなかった女性編集者さんと、仕事で再会しました。

この分だと明日は誰からひさしぶりに連絡があるのか、非常に楽しみ。(笑)いずれにせよ年数がたっても忘れないでいてくれるのは、うれしいことです。HPやブログ、ネットのコミュニケーション手段が再会を手助けしてくれているのは、言うまでもありません。相手が見つけてくれやすいですからね。

奇しくも今月は、私からもごぶさたしている方に連絡をとる機会が多くなりそう。このブログ、見てくれているかな?
d0069964_23361025.jpg

編集者Kさんと再会した青山『糖朝』にて、甘いしょうが湯に入った黒ごま餡入り白玉を食す。身体が温まりました。



by rutsu_tobii | 2010-03-03 23:11 | 仕事仲間・友人 | Comments(0)

happy birthday

3月は仲良しの友人や仕事仲間の誕生日が一番多い月。毎日のように誰かしらにお祝いのメッセージを送っています。

誕生日といえば、3月1日はショパンの生誕200周年の日でしたね。
以前、パリのペールラシェーズ墓地にあるショパンのお墓を訪れたことがあります。お墓を守る子孫は残さなかったものの、200年たってもいつもファンからのお花が絶えることがないのは、世界中の人々から愛される作品を作ったおかげなのだと思った記憶があります。

ショパンの音楽に匹敵する、末永く愛されて有名な曲は他にあったかしら、と考えましたが、ひとつありました。『バースデーソング』はもしかするとショパンの曲以上、かもしれませんね。
d0069964_23102174.jpg




by rutsu_tobii | 2010-03-03 02:30 | Comments(0)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59