トビイ ルツのTraveling Mind

<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧




DESIGN TIDE2010

毎年恒例のデザインウィークがキックオフ。六本木ミッドタウンで今日から開催のDESIGN TIDE デザインタイド展の印象は、中村竜治氏の設営デザインからして、軽やかな風が吹き抜ける林か森のような雰囲気。
出展作品も、木や透ける布、アルミといったライトな素材感と、デザイン面でも華奢で繊細な印象があったのですが、今回のセレクションがそうだったのか、時代の雰囲気なのか、台所事情なのか...。ライト感、モバイル感、自由度みたいな、ともかく昨年までの流れと違って転換期を感じました。
d0069964_23473182.jpg

異業種、異国籍、新旧といった「対局コラボレーション」の流れでおもしろかったのは、九谷焼とスペインのリヤドロ焼きのデザインで有名なデザイナー、ハイメ・アジョンと組んで作った和食器。
d0069964_2348376.jpg
話題を集めていた醤油さし。とっくりやお皿なんかも全部可愛かった。もちろん全部、九谷焼の製法にのっとってひとつづつ手で絵つけ。
d0069964_23482133.jpg

長崎の共立陶器がシアタープロダクツと組んだロマンチックなシリーズ「ポーセリンウェア」も意外な組み合わせ。共立陶器は先日紹介した「HASAMI」と同じ波佐美焼きの街の老舗メーカーとのこと。どことなく懐かしくキッチュです。
ローカルの伝統職人芸を継承するために、変化を続ける果敢な試みが続けられているのですね。

デザインタイドは11月3日まで。



by rutsu_tobii | 2010-10-30 00:21 | アート&デザイン | Comments(0)

インテリア合同展『場と間』

青山のスパイラルホールで開催されているインテリアの合同展覧会『場と間』。日本の地方と海外のエスニックのクラフトワークが混在していて、いろいろ発見がありました。

個人的に気になったのは、長崎の老舗陶器メーカーとモードクリエイターたちがコラボしたpottargeポタージュ。Writtenafterwardsリトゥンアフターワーズ、Eatable of many ordersエタブル・オブ・メニーオーダーズ、ohtaオータが洋服の表現とはまた違った世界観を陶器で行っています。

リトゥンさんは、昨年のコレクションに登場していた神様や、微妙なしぐさが可愛い動物たちの寝る姿のオブジェ。エタブルさんは、デザイナーご自身に小さな赤ちゃんがいるとあってか、ベビー用品一式セット。ファンタジーのあるイラストの描かれた陶器製のおまるなんていう、ユーモラスなアイテムも作ってました。
d0069964_23281149.jpg
d0069964_23273466.jpg

陶器デザイナーがデザインする場合とは違って、陶器の性質やマーケティングなんてのも考えない自由な発想なので、斬新なアイデアが生まれてくるのですね。老舗メーカーと、異業種の若いクリエイターたちとの今後のコラボも楽しみです。

400年の歴史があるにもかかわらず、ご近所の有田焼の影に隠れて今までメジャーにならなかった「波佐見(はさみ)焼き」という長崎の焼き物も今回、発見でした。『HASAMI』というブランド名で、窯元の3代目という20代の若者が、若い感性でカラフルで実用的な食器をデザインしています。ちょっと質実剛健なドイツの食器っぽかったな。
d0069964_2327554.jpg

今回は彼の他に、人形作家のmelさんのように地方を拠点にマイペースにクリエイティブな活動をしている若い人たちと話ができて楽しかったです。

他にもフードクリエイションの諏訪さんと、レディガガの御用達ブランドとしても有名なYoshiko Creation のプレゼンテーションする刺激的なアート作品も必見。一般の方も500円の入場料が必要ですが自由に閲覧できます。会期は明日29日(金)まで。



by rutsu_tobii | 2010-10-28 22:44 | アート&デザイン | Comments(0)

大人のサークル

d0069964_18332123.jpg

発売中の雑誌GQ JAPAN12月号の「大人のサークル」特集で一部、取材と記事を担当しました。今回、リサーチの段階から多くの方にいろんな情報をいただいたのですが、ご協力いただいた方々、ありがとうございました!

多忙なビジネスマンの社会人サークルとあって、趣味や息抜き程度に考える方が多いかと思いきや、むしろ逆。忙しい中でわざわざ時間をつくってまで活動に参加する分、本気度が高いんですね。
学生時代のサークルや部活動は、学校の枠の中だけにどうしても自主性や自由度が低く、ともすると「やらされてる」感があるのに対し、大人のサークルは自分の興味が大前提。コンセプトや会則も自由があってモチベーションも高いのです。その分、自分達だけのポリシーやルールがあるマニアック度も高かったのは、男性ならではの傾向でしょうか。
いつでもやめようと思えばやめられる、より個人的で自由な趣味や習い事の教室に通うのとは違って、グループの結束力や友情にも好ましいものを感じました。

記事ではご紹介できませんでしたが、リサーチしてみると囲碁や茶道、読書会や瞑想会、車や眼鏡の収集といろんなサークルがあるのですね。個人的にも、今回の取材を通じて大人のサークル活動ならではのおもしろさに開眼。最近は漢字学者の白川静氏の勉強会に参加してきました。
d0069964_18344696.jpg

思えば、私も昨年、急にバトミントンがやりたくなって、会をつくろう!とまで考えていたのを思い出しました。新宿のコンランショップで売られていたとっても素敵なバトミントンセットを見て、どーしても欲しくなり、急に思い立ったことではあるのですが(笑)。結局、場所とりが大変そうだったので、実現には至ってません。(笑)

きっかけは何であれ、純粋な興味とやる気をモチベーションにした私的な活動は、仕事にもプラスになるはず。実際、今回取材した方々は、みなさん私的なサークル活動を自分の仕事の活力や人間関係にうまくフィードバックしている方ばかりでした。

「趣味なら、本気で」、って渡辺謙さんがカメラのCMで言ってますが、社会人になった今だからこそ、楽しめる趣味や活動がたくさんあるはず。仕事が忙しい、趣味は老後で、などと言わずに、興味があることは今、何でもやってしまいましょうー!



by rutsu_tobii | 2010-10-26 11:05 | 文章の仕事 | Comments(0)

大分の食@座来 その2

その1よりの続き。
最初のお皿「富貴よせ」は感動的でした。
d0069964_8435933.jpg

というのも、鰯の焼き物に金丸さんのお宅でお祖母さまの代から104年間もの間、毎日かかさずかき回されてきたという糠が使われていたのです。「糠床を手でかき混ぜながら、毎日ご先祖様と日々のことを話をしてますよ」とは金丸さんの言葉。金丸家の一部始終を知り尽くした糠です。(笑)あとで計算してみましたが、104年間は37960日なのですよ!
同席されていた娘さんは糠床を譲り受けるのに、ちょっとプレッシャーあるみたいでしたが無理もありません(笑)。
d0069964_844992.jpg

緑色のものは、宇佐の銀杏餅。揚げた銀杏を練り合わせるとお餅のような触感になるのです。ほろ苦い秋の味。
「柿の七徳和え」に使われたみとり豆は、宇佐の名産の豆。ささげの一種で、宇佐では仏事の時にこの豆をつかった紫飯を炊くそうです。
d0069964_8445698.jpg

「温鉢」安心院(あじむ)のすっぽんを使った茶碗蒸し。飴状になった焼き米が蓋がわりの温かい一品。安心院はワインづくりでも有名なグルメタウンです。
d0069964_846426.jpg


こちらはボトルラベルのデザインも秀逸な米焼酎「余谷物語」。院内の余谷(あまりたに)のブランド焼酎です。湧き水を使った棚田に生息するサンショウウオが有名だそうです。焼酎以外にも「あまり谷」ブランドとしていろいろ商品開発して作ってるとか。ウオちゃんも住んでる美しい棚田でできたお米をおみやげにいただきました。
d0069964_8451842.jpg
りゅうきゅう。南方文化を思わせる名前の料理。佐伯(大分県の南部の地域)のぶりを調味料や香味野菜であえたものですが(個人的に思うに、ハワイのポキみたいな料理です)、きっと魚を日持ちさせる南国の知恵が、その名前の由来なのではないでしょうか?お皿は大分の焼き物の小鹿田(おんだ)焼きです。
d0069964_8455482.jpg

主肴。耶馬渓(やばけい)の錦雲豚味一ネギしゃぶ。耶馬渓は青の洞門とよばれる美しい渓谷と紅葉の名所としても知られています。
d0069964_8461389.jpg

みとりおこわ、勝ちぶるまい、あみ飯の三種。宇佐は色とりどりの混ぜご飯が有名な郷土料理のひとつだとか。みとりおこわは、みとり豆を使ったおこわの紫飯。名前がユニークな勝ちぶるまいは、人参、ごぼう、甘く煮た白豆など豊富な食材を使った寿司飯。名前のとおり、地元では勝負事の際に振るまわれる習慣があるそうです。さすが戦いの神様の八幡様の町だけあります。(笑)あみ飯は小エビのアミを使った香ばしい海のご飯。
d0069964_846255.jpg

宇佐一帯の海に生息するのガザミ(ワタリガニ)のお吸い物には大分の名産のカボスが使われています。
d0069964_846542.jpg

院内の柚子を使ったプリン。豆の煮汁と柚子がカラメルに使われた不思議なお味でした。
最後は、家庭の郷土料理を洗練されたスタイルに作ってくださった、料理長の梅原さんにみな感謝の拍手を送ったのでした。

宇佐のブランド食材のバリエーションの豊富さと、金丸さんのお話にあまりに感動したので、克明にレポートしてしまいました。(笑)きっと大分にはまだまだ、私のまだ知らない素晴らしい食材と生産者の方たちがいるのでしょうね。今後の発見が楽しみです。そんな知られざる食材を紹介しているMIOclubをチェックしてみてくださいね!



by rutsu_tobii | 2010-10-19 01:00 | | Comments(0)

大分の食@座来 その1

銀座にある大分の郷土料理の店『座来』で行われた、大分産のブランド食材を使った食事会に参加してきました。大分の食についての口コミサイト、MIOclub主催のイベントです。

今回いただいたのは、県の北部にある宇佐市で生産されているブランド食材を中心とするコース。食事の前に、宇佐市長さんから宇佐についての簡単な説明がありました。

宇佐といえば、宇佐神宮。このブログでも以前にご紹介しましたが、全国に4万ある八幡宮の総本宮。パワースポットとしても人気です。

双葉山の出身地。前人未到の69連勝を果たした相撲力士ですが、この秋場所でもしかすると白鴎に破られてしまうかも...ということで、再び注目を浴びてますね。

話題のB級グルメ。大分県は鶏肉の消費量が全国一なのだとか。唐揚げが家庭料理として有名で、特に宇佐市内ではあちこちに唐揚げ屋さんが立ち並んでます。東京だと戸越銀座と十条に専門店があるそうですよ。

他にも人気の観光スポットなど魅力は盛りだくさんなのですが、何はともあれ、今回は宇佐の食についてのイベント。大分出身の私でも、口にしたことも聞いたこともないブランド食材と、独創的なレシピのメニューばかりでした。

というのも、瀬戸内海に面し、野山の自然にも恵まれた大分は、バリエーション豊かな食材が手に入るものの、採れる分量がさほど多くないので、もっぱら地元や県内で消費されるケースががほとんど。全国区に打って出る一大ブランドとなるようなものが少ないのだとか。逆にいうと、希少価値のある食材が多いのですね。
料理の仕方についても、江戸時代に小さな藩に分割された結果、郷土料理も細かい地域ごとにレシピが少しづつ違って、ローカル色がとても豊かなのだそうです。

お話をきいていて、とってもコースが楽しみになってきました♪
このお話をしてくださったのは、「生活工房とうがらし」の代表の金丸佐祐子さん。地元の宇佐を中心とする大分の郷土料理とし、ゆずこしょうなど、とうがらしをつかった食を紹介されています。

今回、会の最初に金丸さんの工房で紹介している、「院内ゆずごしょう」のレシピが紹介されました。大分は九州一のゆずの生産地で、ゆずごしょうの発祥の地だそうです。

樹齢50年の木から採れた宇佐市院内産の青ゆずと、天ヶ瀬産の青とうがらし、それにぴったりあう「なずなの塩」という佐伯(県の南部)の釜煎塩を、すり鉢であわせたものを、目の前で『座来』の料理長がつくってくれました。
レシピは生活工房とうがらしのHPで紹介されてますよ。
d0069964_23564566.jpg

できたてのフレッシュなゆずごしょうの香りで、いっそう食欲が増してきました。
d0069964_23572573.jpg


その2に続く



by rutsu_tobii | 2010-10-17 10:26 | | Comments(0)

ミナ ペルホネン展

ファッションの世界では、ちょうど来年の春夏コレクションの展示会の真っ最中ですが、青山のスパイラルホールで開催中のファションブランドミナ ペルホネン展を観てきました。とってもよかったです。

ブランドの最大の特徴は何といっても、デザイナーである皆川明氏の手で創りだすオリジナルのパターンを使った、テキスタイルや刺繍。

色や形で遊ぶといった行為は、子供の頃からやってるはずなのに、それらが人の目を楽しませたり、思いを表現した美しい模様にするという作業は、個人的な創作の経験からいっても、難しいものがあります。
それを可能にするのは、技術なのか、その人の生まれもってのセンスなのか、日常からの観察なのかも考えながら、観賞していました。

いずれにせよ、自分の中からでてくるエッセンスを、パターンという抽象的な色と形で私たちに楽しく伝えている様子を、作品や作業風景の画像を通じて感じることができ、こちらまで心が自由になった気がしました。

展示方法は工夫されていて、皆川氏の創作過程がわかるインスピレーションブックやスケッチ、今まで創作したテキスタイル作品や洋服、そして行程で欠かすことのできない、織物職人さんたちの織りの作業やランウェイ画像など、盛りだくさんで楽しい内容です。

この楽しくも大変な作業を、ファッションのクリエイターたちは毎シーズン繰り返しているんですね。自分もがんばらないとなーと、いい刺激にもなりました。

期間中に販売されているボタンや受注販売のバックなど、小物や雑貨はすでにsold outが続出の模様。展示は10/20(水)までなのでファンの方はお急ぎを。



by rutsu_tobii | 2010-10-16 08:40 | ファッション | Comments(0)

『しまうまのしごとさがし』が埼玉県の推奨図書に

児童絵本『しまうまのしごとさがし』を出版してから、この年末でもうすぐ1年。またまたうれしいお知らせが♪ 平成22年度の埼玉県の推奨図書に選定いただきました。

平成21年の1月以降に発売された本の中から選定された、小学校1、2年生を対象にした6冊のうちのひとつが、うちの息子(しまうま)!

うれしいのは、推奨候補となる優良な図書は、埼玉県民の皆さんから推薦されたものだそうで、本を心に留めていただいた、子供や大人の方からの後押しがあっての選定ということ。

本を推薦してくださった埼玉県のみなさん、ありがとうございました!これを機会に本を知ってくださった方は、ぜひ読んでみてくださいね。
d0069964_10552152.jpg




by rutsu_tobii | 2010-10-13 22:51 | 著作本 | Comments(0)

goldie H.P.FRANCEの10周年 レポート

2010年10月10日という100年に一度の10が並ぶという日。goldie H.P.FRANCEは10周年を迎えました。全国にあるお店は今度オープンする福岡店で10店舗目だそう。10づくしだったんですね。

新宿の小田急百貨店にあるショップに行ってきました
イラストにあわせたお馬さんのディスプレイ。MDチームさん渾身の作。
d0069964_21392943.jpg

d0069964_21391786.jpg


初日の昨日は夜遅くまでお客さんが詰めかけ、アニバーサリー用に作られた商品で、すでに売りきれになったものもあるそうです。人気はスザンナ・ハンターのバック、SWEET PEA、スイート・ピー、 SERGE THORAVALセルジュ・トラバルのアクセサリーだとか。
d0069964_22142864.jpg
カタログと限定ノベルティのオリジナルノート。金の型押しで素敵に作ってもらえてうれしー。たくさん買い物してもらってくださいね!

カタログでは、クリエイターたちのブランドストーリーを読むことができて興味深い。モノづくりの舞台裏やこだわりが紹介されていて、どのアイテムも欲しくなります。

大阪の阪急百貨店では期間限定のポップアップショップがオープンするそうです。近郊の方は是非お出かけを♪



by rutsu_tobii | 2010-10-11 22:17 | イラストの仕事 | Comments(0)

おやすみなさい、ベティさん

ベティさんが思いがけず旅立ってしまってから、今日でちょうど2週間が経ちました。

あんまり悲しむとベティさんが天国に行けないから、もういい加減泣くのはやめなくてはいけません。

「悲しくて仕方の無いときも、心の奥をのぞきこんでごらんなさい。すると気づくに違いありません。かつては喜びであったことのために、今は泣いているのだ、と」

ああ、そうだなあ、と、しばらく前にツイッターで見つけた言葉に、またもやさめざめ涙をにじませていると、続けてこうツイートされていました。

「嬉しいときには、自分の心の奥をのぞきこんでごらんなさい。 すると見つけるに違いありません。
かつては悲しみの原因となっていたものが、 今は喜びの原因になっているのを」

(「預言者」 カリール・ジブラン)

短かったけど、一緒に過ごした楽しい想い出に、再び癒される時が来ることを願いつつ。

ベティさん、おやすみなさい。



by rutsu_tobii | 2010-10-10 23:55 | ベタ | Comments(0)

goldie H.P.FRANCEの10周年

2010年10月10日の10尽くしの日、ヨーロッパのインポートアクセサリーのセレクトショップ『goldie H.P.FRANCE ゴールディ アッシュ・ペー・フランス』が、10周年のアニバーサリーを迎えます。

この度、そのキャンペーンの統一アイコンのイラストを、担当させていただきました。この連休から、全国のgoldieの店頭にポスターやポップの展示、ノベルティなどの形で配布されるそうです。

イラストはお馬さんがgoldieからの贈り物を積んだ車を引いているというもので、小田急百貨店にある新宿店や渋谷店では、店頭にこのイラストをモチーフにしたオブジェが登場するそうです。楽しみだー♪

ヨーロッパのインテリアやファッションなど幅広く扱うH.P.FRANCEは、日頃、取材の仕事でお世話になったり、個人的に親しい方たちが勤めていたりして大好きなブランドだったのですが、今回、担当デザイナーさんがwebでたまたま私のイラストを見つけてくれてお話がきたという、うれしいご縁でできたお仕事でした。

日頃いただくイラストの仕事は、ほとんどおまかせ状態で、クライアントと顔をあわせることなく、アイディアから制作まで一人で粛々とやることがほとんど。今回はスタッフの方たちと一緒に、ラフを見せながらたくさん話しあって作り上げた作業で、とても楽しかったです。

10月10日からはwebのオンラインショップで、アニバーサリーの限定商品が販売開始。イラストのお馬さんも動き出します。画面や店頭で見てみてくださいね。

『goldie H.P.FRANCE ゴールディ アッシュ・ペー・フランス』



by rutsu_tobii | 2010-10-08 09:30 | イラストの仕事 | Comments(0)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59

フォロー中のブログ