トビイ ルツのTraveling Mind

<   2018年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧




長崎の旅を紹介

全日空機内誌国際版WINGSPAN4月号に、長崎旅行のイラストエッセイの記事が5ページにわたって掲載されています。
d0069964_11462421.jpg

長崎市は鎖国時代も日本の窓として、海外との文化・経済交流の長い歴史をもつ場所。日本、中国、南蛮文化が溶け合った「和華蘭(わからん)」とよばれるスタイルのブレンドが、建築や食など至るところで感じられるエキゾチックな町です。

今回は、世界遺産にもなっているグラバー園、丸山の老舗料亭「花月」での卓袱料理、復元中の出島で体験した「ベストブレンド」をご紹介しています。

グラバー園では人気のレトロドレスのレンタルと撮影を体験。最近、多くの観光地で人気のコスチュームレンタルですが、実際に体験してみると旅ならではの「非日常感」が倍増します。
d0069964_11511692.jpg

史跡料亭「花月」では、堂々とした店構え、お料理はもちろんのこと、卓袱料理にまつわるさまざまなお話を丁寧に解説してくださった仲居さんのおもてなしに、日本のよさを感じる場所でした。
d0069964_12032939.jpg

そして一度は姿を消してしまったものの、復元で次第に当時の姿を取り戻しつつある出島。ここでも着物のレンタルが大人気で、和装姿の外国人旅行客や日本人の修学旅行生たちが交流し、観覧を楽しむ姿は当時の様子を再現するようで印象的でした。

旅行も「コト(体験)消費」が人気といわれますが、旅先という舞台の世界感に浸り、人々と混じり合う体験は楽しいもの。新しい発見のあった旅でした。




by rutsu_tobii | 2018-04-07 12:00 | 文章の仕事 | Comments(0)

別府の桜スポット

今年も桜の時期がやってきました。

いつもながら、花が咲くことで桜の木の存在に気がつきます。しかも遠くからでもわかる、華やかな姿。
特に今年はいっせいに満開になったおかげで、別府の町にいかに桜が多いか、改めて気がつきました。

まれにみるお天気続きの春。1年に一度のこととあって市内のあちこちの桜の様子が気になり、桜ハンティングしてきました。

d0069964_15085448.jpg
境川周辺。
別府の町の真ん中あたりを東西に流れる川沿いは、桜の名所。一足先にこいのぼりが泳ぐ様子は、桜の時期の風物詩になっています。
d0069964_15134930.jpg
別府駅からのアクセスもよい別府公園。
桜以外にもチューリップやクロッカス、パンジー、ツツジなどいろんな花がいっせいに咲き乱れ、すごいことになっていました。
広々としている園内は、別府在住の外国人居住者や観光客にも人気の桜スポット。音楽を奏でたり、バトミントンをしたり、いろんなスタイルで桜を楽しむ人たちが見られます。
d0069964_15202273.jpg
観海寺温泉に近い南立石公園。
鶴見山が間近に見える公園は、静かで個人的にも好きな場所。
ここには、みごとな梅の木もたくさんあり、今年は桜と一緒に見れました。
山を切り開いて作った場所と聞きましたが、山桜や野生の木々の花も楽しめる素朴さが残っています。
d0069964_15280060.jpg
実相寺の山の周辺。
ふもとにあるサッカー場内の桜を遠くから眺めるのもいいですし、山の斜面に植えられた八重桜は見応えがあります。
頂上にある仏舎利塔の上からは、遠くの高崎山と別府の町と一緒に桜の眺めが楽しめます。

他にも鉄輪付近の大観山周辺など、桜スポットはたくさん。
住宅地や並木道のあちこちに桜があふれています。
別府の日常に溶け込んだ桜の姿、ぜひ来年のお花見の参考にしてください。





by rutsu_tobii | 2018-04-05 23:00 | 国内の旅 | Comments(0)

春を告げる野焼き


毎年春に行われる「別府八湯温泉祭り」。祭りにあわせて温泉神社の神事として行われる大平山(通称・扇山)の火祭りを、今年初めてじっくり見学しました。

扇山とは、鶴見山と並んで別府市内からよく見える、きれいな扇型をした山。標高は815mほどしかありません。
標高も低いし、まるでスキー場のようになだらかな斜面に見えるので、一見登りやすそうに見えるのですが、とある登山者の方によると「ずっと同じ風景なので、なかなか辿りつかない感覚があって結構キツい」のだとか。

3月の一番最後の日の野焼き当日は、風もなく穏やかな絶好のお天気。
実相寺という市内にある小高い丘の上から、眺めることにしました。
鶴見山を正面に、山と海に挟まれた別府の町が見渡せる眺めのよい場所です。
d0069964_11334473.jpg
日没の18時半頃から始まった野焼き。
最初は山の頂上から下に向かって両方の底辺へと火がゆっくりと下って行きます。
この間1時間ほど。底辺のラインを少しづつ火が描いていくところまで見学しました。
d0069964_11344063.jpg
d0069964_11353816.jpeg
京都の大文字焼きのような派手さはないのですが、遠くからみてもなかなか迫力があります。

火は一晩かけて冬の山の枯れ草を焼きつくしました。冬の終わりの厄払い、断捨離といった感じでしょうか? 翌日4月1日には、扇山は真っ黒な姿に変身。
これからまたゆっくりと、新緑に変化する様子が見られることでしょう。





by rutsu_tobii | 2018-04-02 23:00 | 国内の旅 | Comments(0)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59