トビイ ルツのTraveling Mind

<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧




初めての砂湯体験

遠方よりやってきた友人を案内して、別府のユニークな温泉をいくつか巡ってきました。

今回は、私自身も未体験だった砂湯を訪問。別府では竹瓦温泉や鉄輪のいくつかの温泉施設内にも砂湯があります。今回訪れたのは上人の海に面した「別府海浜砂場」という公営の砂湯。海の側で景色を見ながら楽しめる屋外の砂湯です。

秋晴れの爽やかな日。土曜日ということもあり、午前中から大勢のお客さんがすでに順番待ちの列に並んでいます。順番待ちの間は、外にある足湯で海をみながらくつろぐこともできます。
d0069964_22242432.jpeg

自分の番号が呼ばれ、窓口で渡された浴衣に着替えると、砂場へ向かいます。
ちなみに砂湯体験中に、砂をかけてくれる女性スタッフが写真を撮ってくれるとのことで、タオルとスマホも持参です。

熱すぎるのは苦手なので、スタッフの女性にお伝えすると、加減が可能なようで承知してくれました。子供の時の海遊び以来の「生き埋め体験」(?)に、ワクワクしながら直立姿勢で横になります。

足元から上半身に向かって温泉で湿った砂をかけてくれるのですが、くすぐったい感覚に終始声をあげていた私。頭の後ろにも砂で枕を作ってくれて、寝心地は大変快適です。顔以外はすっぽり砂に覆われます。
d0069964_22253415.jpeg

体を包む砂の重みは大変心地よく、寝ている間は目の前の青い空と雲、そして波の音に癒されます。砂に埋まっている時間は15分ほどでしたが、ぬる湯といった感じの温度で十分温まりました。時間が来ると屋内のお風呂場に移動。浴衣を脱いで体についた砂を落とし、一連の海辺のセラピー体験は終了です。

大変ユニークな体験で楽しかったのですが、気づいた点をひとつ。
施設が古く、脱衣場もお風呂もかなりせまいです。貴重品などの荷物はお風呂場前にあるロッカーに預けることをおすすめします。脱衣場内にもロッカーはありますが、数が少なく混雑時は空いているロッカーが足りなくなる可能性があります。
d0069964_22261835.jpeg

ユニークなスタイルの温泉とあって、多くの外国人客も楽しんでいました。施設のリニューアルを期待したいなあ。








by rutsu_tobii | 2018-10-13 23:59 | 健康&美容 | Comments(0)

アニッシュ カプーア IN 別府

いよいよ10月6日から大分で始まった「第33回国民文化祭・おおいた2018」。県内各地でいろんなイベントが予定され、楽しみな限りなのですが、よく晴れた秋空を見ていても立ってもいられず、別府公園に駆けつけました。

d0069964_21244673.jpeg

Anish Kapoor アニッシュ・カプーア「Sky Mirror」

まるで地上に青い地球が浮かんでいるよう。宇宙を感じます。

朝焼けや夕焼けの中で見たら「火星」が見つかるのかな?

青空に飛行機雲が通ったら、どんな風に見えるのかな?
夜空の星もここで見えるのかしら?

巨大な円盤状の鏡は、まさに空の万華鏡。
「一期一会」の空に出会えます。

会期は11/25まで。詳細は↓↓






by rutsu_tobii | 2018-10-08 23:59 | アート&デザイン | Comments(0)

生き方を学ぶ

人生100年の時代、ぜひ長生きのお手本にしたいと思わせてくれるのが、近所に住むエルナおばあちゃん。92歳になる今もお達者で、ひとり暮らしする一軒家の庭の手入れを毎日かかさず、車も自分で運転して自立した生活を送っています。

彼女の自らの居住まいに気を配るだけでなく、他人に対する気遣いには度々、胸を打たれます。お家にお伺いするといつも、大切にしているアウガルテンやマイセンの素敵な食器を選んで、おいしいコーヒーとお菓子でもてなしてくれます。帰国の際は「飛行機の中で食べなさい」と、自分で焼いたApfelstrudelアプフェルストゥルーデル(リンゴのパイ)をもたせてくれたりして「まるで私の本当のおばあちゃんみたい」と感激することも度々。

この日も私の大好物のTopfengolatschenトプフェングーラーチェンを手作り。
d0069964_18104926.jpg
そして、帰る際に「遅い誕生日プレゼント」とくださったのが、庭で採れた木イチゴで作ったシロップと、自分で焼いた木の実とレーズンの焼き菓子でした。しかも美しくラッピングされ、ウィットに富んだ手書きのメッセージカードが添えられていたのです。私の書く文字よりずっときれいで丁寧(泣)。もう、号泣ものです。

d0069964_16131997.jpeg
エルナおばあちゃんの整理整頓された住まいにお訪ねし、温かい人柄に触れる度に、私が彼女と同じ歳になった時に同じことができるだろうか、と考えます。今よりずっと歳をとり肉体が衰えても、自分のために身の回りをきちんと整え、他人を思いやる気持ちを表現するために手間を惜しまない。

老いに甘えず、自分と他人にきちんと向きあい、丁寧に生きる。素敵なおばあちゃんになるために、今から心がけたいことを彼女から学んでいます。






by rutsu_tobii | 2018-10-03 23:59 | ライフスタイル | Comments(0)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59

フォロー中のブログ