トビイ ルツのTraveling Mind

私のコロナ対策(情報編)

全国的に行動自粛が解かれる様子の今週。「新しい生活様式」に沿った行動をと言われますが、このウィルス騒動が始まってから、もとより健康コンシャスだった私の健康対策&実践事項が増えて、超忙しい生活になりました。そもそも遡ること10年前。2009年の新型インフルエンザが流行った際に、健康への関心が一気に増したのですが、今回の事態で熱量は大幅増量です。

個人的なコロナ対策はありすぎて一度に書ききれないのですが(笑)、まずは防衛のための「情報」でしょうか。私の場合、NYにいる医師の友人が早くから現地の医療関係者の情報や、アメリカの有名な医療研究・教育機関のジョンズ・ホプキンズJohns Hopkins大学の出している情報を送ってくれていました。
ジョンズ・ホプキンズ大学のウェブサイトでは、新型コロナウィルスの世界の感染情報や対策に関して毎日のように情報を更新していて、日本の報道機関も参考にしているようですが、データや難しい内容ばかりではなく、一般の人々の日頃の生活で役に立つ感染を防ぐ情報も出しています。

例えば、口の中のウィルスを減らす点で、有効とされる濃度65%以上のアルコールを含む『リステリン』のうがいも、情報で新たに対策に加えたひとつ。ただし私はもっぱら歯磨きは長年オーガニック派(殺菌効果のあるプロポリス&マヌカハニー入り)なので、使用は外出先から帰った後や、朝食前と就寝前だけにしています。菌が残りやすい舌も、舌ブラシで掃除するのも有効だそうですが、忙しい時はうがいが簡単です。

手洗いやうがいは、せっけんや洗浄液を使えなくても、感染量の菌を減らす点では水だけでも有効なので、できればウィルスの脂肪膜を溶かす25度以上の水でとにかくこまめに洗ったり、拭いたりするのがよいそうです。これを知っただけで、手荒れがするほど手洗いしたり、神経質になりすぎずに過ごすことができるようになりました。ともかく、まずは口や鼻から入ったウィルスを、体の中に入れない・入る量を減らすことが必要です。

5/22付ジョンズ・ホプキンズ大学のサイトのNEW&INFORMATIONに、安全に過ごすための生活様式について情報更新されています。基本的には手洗いやマスク着用、人と距離をとった行動と今までと同じですが、それぞれについて詳しい解説がされているので、ご興味のある方には参考になる知識があるかもしれません。翻訳ソフトDeepLを使えば、結構かなり正確に読み取れます。

一方で、情報を入れないことも心身の健康を保つ秘訣のひとつ。私は2009年の新型インフルエンザが流行した頃、ワイドショーの報道を聞いていてなぜか突然、具合が悪くなってしまったので、以来、禁忌にしています(笑)。

体質ははみんな違っていて、効果のある健康方法も人によって異なります。そして、医療情報も状況も次々刻々と更新されていきます。

世界中みんな揃って新しい生活様式が求められる中、「自分だけの健康方法」を見つけなければならない時なのだと思います。







# by rutsu_tobii | 2020-05-25 15:00 | 健康&美容

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30