トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:オランダ ( 19 ) タグの人気記事




異国情緒の平戸

d0069964_2254613.jpg

友人の私用について長崎の平戸を初訪問してきました。平戸といえば、出島よりも前に日本初の海外貿易港として栄えた場所。オランダやイギリスの商館が置かれ、南蛮文化がここから渡来したのです。個人的に、ベルギーのオランダ語圏に住んでいたり、取材が多かった関係こともあり、オランダ語圏文化には自然と親近感が湧きます。
d0069964_191028100.jpg

海に面した場所に建つオランダ商館。ここだけ見ると日本じゃないみたい。17世紀の建物の復元で中は博物館。当時の交易品や船の備品、航海図などが展示されています。度々思うことですが、危険を伴う当時の船旅ではるばる日本まで商売しにきたオランダ人の商魂はたくましい…近辺にはオランダ塀やオランダ井戸など、西洋から来た石造りの文化が周囲のあちこちに残っています。

d0069964_19103856.jpg
交易で栄えた城下町辺りは、きれいに整備された木造建築の商店街になってました。世界史の教科書にでてきた三浦按針(ウィリアム・アダムス)の屋敷跡やイギリス商館跡に混じって、平戸名物を売る土産物屋が並んでいます。ビールやペンキ、西洋医学、タバコ、パンなどは、全部、平戸から日本に初めて持ち込まれたそうなのですが、当時もここに並んでいたのかな。
d0069964_2123145.jpg

気になる木は、樹齢380年の巨大なソテツ。南国風のエキゾチックな木はどこからやってきたんでしょう。
d0069964_19514611.jpg


九州の最西端の街、平戸。短い時間の滞在でしたが、世界に開いていた港の海風は気持ちよかったです。



by rutsu_tobii | 2015-01-10 23:59 | 国内の旅 | Trackback | Comments(0)

オランダ・ベルギー特集

ちょうど今から1年前に訪れたオランダーとベルギーの取材の特集記事が、最近ようやく出版になりました。ダイナースのカード雑誌『Signatureシグネチャー7月号』です。
オランダとベルギーのフランダース地方は、共にオランダ語を公用語とし、かつては同じ国であった血のつながりならぬ、「地」のつながりがある土地。近年はそれぞれデザインやマンガ、ファッションといった独特のビジュアル表現で世界的に注目されている地域です。アムステルダム、ユトレヒト、ブルージュ、ブリュッセルの4都市と、そこに代表される「目にも楽しい」生活に身近なデザインを通じて、街と人々の様子を紹介しています。

どの街の取材も印象深かったですが、特に自転車を特集したアムステルダムは、それまでに何度も訪れていた街とはいえ、改めてその自転車の数とライダーたちのパワフルさに圧倒されてしましました。
アムステルダムはヨーロッパで最も人口密度が高い街の上、自転車の保有台数は1人1台以上と、世界一の自転車大国。取材時は6月のジューンブライドのシーズンとあって、街で出くわした、荷台に花嫁と赤ちゃんをのせた新郎が運転する、3人乗りのハネムーンカーならぬ「ハネムーン自転車」がとても印象に残っています。

一般には出回っていない雑誌ですが、ダイナースカードのホルダーの方は機会あれば、ぜひ読んでみてくださいね。
d0069964_531083.jpg




by rutsu_tobii | 2011-06-27 22:23 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)

アムステルダム経由でウィーンへ

エキストラバゲージが心配だったので、ここぞとばかりに今まで貯めたマイレージを使って、ビジネスクラスでウィーンへと飛びました。航空会社はKLMオランダ航空。かつてベルギーに暮らしていた頃から、プライベートや出張で最もお世話になった馴染みのあるエアラインです。

さすがデザイン大国のオランダの航空会社とあって、なんとアメニティキットのデザインがヴィクター&ロルフ。
d0069964_312516.jpg
当然、とってもおしゃれ!中にはラベンダー色のアイカバー、フェイスクリーム、歯ブラシと歯磨き粉、リップバーム、そして芸が細かいことに、足裏にすべりどめが付いた靴下が入ってました。
d0069964_312253.jpg


そして食事の際の食器やカトラリー類のデザインが、これまたオランダが誇るスター・デザイナーのマルセル・ワンダースだったのです。デルフトブルーをイメージさせるパターンを施したBOXの中には、バターやドレッシングなどが入っています。砂時計のようなソルト&ペッパーケースには、思わずうなってしまいました。
d0069964_319459.jpg

ワールド・ビジネスクラスのデザインリニューアルは、ちょうどこの3月に行われたそうで、ポーチは半年ごとに色を変えて提供するのだとか。食器類についてはこちらでも詳しく紹介されてました。

ヘッドホンはノイズキャンセリングだし、まるでロボットのムーブメントのように、細かいパーツに分かれて動くゆったりシートに横たわって、連日の荷造り作業で疲れきった体も癒されました。



by rutsu_tobii | 2011-06-05 20:51 | 海外の旅 | Trackback | Comments(0)

写真誌FOAM日本版

先週のことですが、アムステルダム発の国際的写真誌FOAMの日本語版のローンチを記念するレセプションにおじゃましました。場所は芝公園の瀟酒な洋館のオランダ大使館。
大使館というのは、日本の中にあるといえども治外法権になっている、いわばその国の領土であり、国の代表機関。ロケーションや建築にお国柄が表われたものも少なくありません。旧芝給水所側にあると聞いて、運河や水路に縁が深いオランダにぴったりと思ったのですが、ただの偶然でしょうか。

肝心の雑誌FOAMは、オランダで2001年から年4回発行され、世界中で配本されている季刊の写真誌。アムステルダムの街の中心には、雑誌と連動した写真美術館を運営しているそうです。
今回、10周年を迎えた雑誌はパイロット版として日本語の翻訳をつけたものを発行。最新号には日本の石内都さんの作品が紹介されています。
毎年、才能ある新人発掘のために作品を公募し、すでに何人もの若手写真家がこの雑誌からブレイクスルーしているとか。日本版の発行を機に、日本からも世界に向けてデビューする若手が登場するかもしれませんね。

出版をとりまく環境は世界的に激変中ですが、紙や印刷技術がキモのビジュアル誌。FOAMは印刷会社から紙の提供を受けるなど、私企業の協賛を受けているそうでした。日本の企業も現代のカルチャーと共同して、世界で共に育っていくところがでてきてもよさそうなのですが。日本版の発行元は、現在、探しているところだそうです。
d0069964_2315765.jpg




by rutsu_tobii | 2011-02-26 23:19 | アート&デザイン | Trackback | Comments(0)

ベルギーの蚤の市

先日、丸の内にオープンしたばかりのローズベーカリーでレモンタルトをテイクアウトしました。春らしいレモンイエローに心惹かれたのですが、以前ベルギーの蚤の市で買ってきたお皿をひさしぶりに使って食べたらますます楽しい気持ちに♪アントワープでは40、50年代のグラフィカルな商品の掘り出し物が多かったのです。昨年の出張の際にも、ブリュッセルのアンティーク市場に立ち寄る機会があったのですが、ローカルの生活感が垣間みれる市場は楽しいものですね。

その出張の際に一緒だった旅行ライター&編集者のユニットaukオークさんが、この5月にオランダとベルギーの蚤の市をめぐるツアーを日通旅行と企画、参加者を募集中です。『オランダトラベルブック』の著者でもある可愛いものハンターのaukさん選りすぐりの雑貨店&蚤の市を8日間、巡るというもの。私もお薦めしたいブリュッセルのJeu de Balジュドバル市場も、もちろんコースに入っています。

ベルギー国内の蚤の市はいくつかまわりましたが、ワロン地区のLiegeリエージュや、ベルギー最大の蚤の市Tongerenトングレンの市場もテーマーパークみたいで楽しいです。お約束の値引き交渉も醍醐味ではありますが、コツは「迷ったら買うべし」。これを書いているうちにも、アンティークバックの銀の金具や、オステンドの風景を描いた油絵など、買わずに後悔した品々が思い出されてきました〜。いつかリベンジしたいです。
d0069964_104182.jpg

レモンタルトはずっしり2人分くらいの重量感♪かなり酸味が効いてます。



by rutsu_tobii | 2011-02-13 11:20 | 仕事仲間・友人 | Trackback | Comments(0)

ロイドホテルの東京版

毎年、秋の恒例のデザインイベント、デザインタイド。その関連イベントでオランダのアムステルダムの東港湾地区にある人気のデザインホテル「ロイドホテルLloyd Hotel」が、東京の代官山駅から徒歩1分のロケーションに、「LLOVE」として10/22(金)から11/23(木)の1か月間だけオープン!とのお知らせがきました。

アムステルダムのロイドホテルは、歴史的な建築物を改装し、オランダの人気建築家MVRDVらやデザイナーたち50名が参加した、部屋ごとに違ったデザインや間取りを楽しめるユニークなホテル。代官山のホテルは、本国のホテルでも参加しているリチャード・ハッテンやヨープ・ファン・リースハウトらオランダ勢と、中山秀征氏、中村竜治氏ら日本の若手の人気建築家やデザイナーらが多数参加予定だそうです。

昼間の間は一般に無料公開される「展示作品」で、それに実際に宿泊できるなんて楽しい!しかも朝食つきでシングルが1万円からとのこと。

アムステルダムのロイドホテルは、ちょうど今年の6月に出張で再訪問したばかり。ロビー部分にあるおしゃれな学食ってな感じのフレンドリーなカフェレストランが、個人的には最も好きな空間なのですが、東京版のカフェも期待したいですね。

予約はすでに本日9/8から始まっています。詳細はLLOVEにて。

追記:ツイッターの方が最新情報がアップされているようです。



by rutsu_tobii | 2010-09-08 11:50 | アート&デザイン | Trackback | Comments(0)

ようこそ、アムステルダム国立美術館へ

サッカーW杯で見事、日本はオランダと共に決勝トーナメントに進出しましたね。先日まで出張で訪れていた関係で、オランダには親しみを感じていたゆえ仲良く一緒に勝ち進められて何よりでした。

最近、W杯関連でそのオランダがメディアでよく紹介されていましたが、ゴッホやレンブラントなど至宝的美術品を多く収蔵するアムステルダム国立美術館が、もうずいぶんと長い間改修工事のために閉鎖されているのをご存知だったでしょうか?本館は2003年末から閉鎖。リニューアルオープンの予定は2012年末というから、なんと工事に10年近くもかかる予定なのですね。

もちろん、長い改修期間には理由がある訳で、その改装工事の模様をおさめたドキュメンタリー映画、『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』の試写を観てきました。

館長をはじめとするアートを愛する学芸員たち、コンペを勝ち抜いて大改修のプロジェクトをものにしたものの、相次ぐ計画変更に翻弄されるスペイン人建築家、改修案にさまざまな異議申し立てを行う地元住民など、すべて実在の人物と起こっている出来事を撮影した映画。にもかかわらず、どの人物もまるで台詞をあてがわれた映画スターのようにキャラクターがある人ばかりで、大変楽しめました。

展示美術品の選択や、修復作業の模様、美術館という公共施設の建築プロジェクトの難しさなど、美術館の舞台裏が、半ばコミカルなまでにわかりやすくフィルムにおさめられたドキュメンタリー。これを観ると、2012年のリニューアルオープン後の美術館訪問がいっそう楽しみになってきました。というか、本当にリニューアルオープンできるのでしょうか!?
映画の公開は8/21から。



by rutsu_tobii | 2010-06-25 23:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)

サッカーワールドカップ

オランダ、ベルギーへの出張から戻りました。滞在中はほとんどブログやツイッターが更新できなかったので、後追い報告することにします。

サッカーのワールドカップを控えた強豪国オランダではシンボルカラーのオレンジ色の旗やアイテムで道やお店が埋め尽くされて盛り上がってました。中央駅の前にはサッカーボールと世界の国旗を見事に飾りつけたビルが出現。(デジカメの調子が悪くて写真が撮れずに残念)

6/19には対日本戦ですが主催国の南アフリカはオランダがかつて宗主国だったこともあって、今もお互いに交流が深いし、サポーターが多くつめかけることでしょう。日本にはますますアウェイな感じ?

ひさしぶりの訪問で感じたのは、オランダの人は本当にオープンで、親切に道を教えてくれたり、撮影をしているとフレーム内に入ってきてポーズをとったり、ともかく明るいし自由。飛行機やバスの中でも突然歌いだしたり、拍手しはじめたりもするのでした。試合に限らずプレッシャーを吹き飛ばすにはこの明るさ、少しは学ぶべき?(笑)



by rutsu_tobii | 2010-06-14 19:46 | 海外の旅 | Trackback | Comments(0)

ホントはアコギ好き

昨晩はみぞれが降る寒い中、最近、活躍目覚ましい友人のピアノ弾き「鍵盤うさぎ」を囲んで、彼のサポーター「チャーリーズエンジェルズ」こと私を含めた旅行ライター仲間の女子3人と、ひさびさに恵比寿のオステリアに集結しました。
鍵盤うさぎさんも残りのチャリエン2人も、みんな3月がお誕生日月。さらに私以外のみなさんは、今月、国内外のどこかに仕事やプライベートで旅行に行くとのことで、うらやましい限りです。

だからと言って、いじけて告白する訳ではないのですが、実は私は楽器の中で一番好きな音色はピアノではなく「アコースティックギター」なのです!

ジャンルはクラシック、ジャズ、ネオアコ問わず、アコギの音色で奏でられる音楽は何でも好き。軽やかでありながらどこか物悲しい音色といい、何よりギターのモバイル可能なスタイルは、やはり旅人に似つかわしい楽器ではありませんか。旅人スナフキンも流れ者のジプシーも、奏でる楽器はギターですよ。

最近のお気に入りでよく聴いているアコギ音楽は、オランダの女性ジャズシンガー、トレインチャTraintje(traincha)がオランダ人ギタリストと共にマイケル・ジャクソンをカバーしたアルバム『NEVER CAN SAY GOODBYE』。女性の歌声とアコギの音色に癒されます。
d0069964_21411521.jpg

オランダは小さい国ながらも世界的に活躍しているジャズアーティストが多いですね。自由なスタイルのジャズとオランダのおおらかなフリーマインドの土壌があってるのかな。



by rutsu_tobii | 2010-03-10 21:55 | エンタテイメント | Trackback | Comments(0)

オランダのアート&デザインのインフラ

春の観光シーズンを前に、ヨーロッパの観光局から新着情報が続々。その中にオランダのアムステルダムでリニューアル中の、市立近代美術館の新しいビジュアルクリエイションに関する話題がありました。
ロゴや印刷物に使用されるオリジナルのタイポグラフィのデザインは、国際コンペでフランスのデザイン会社が選ばれたとのこと。市立美術館のビジュアルなのに国際コンペとは気合いが入ってるう。
オランダの政府の公共の建築物から道路から、国の隅々に渡るデザインを重視したインフラ、相変わらず徹底してます。レゴでつくったリアルな街みたいだもんなあ。

オランダは国の面積あたりの美術館の数が世界一多く、1000にものぼるとか!今年から来年にかけては『オランダ・アート&シティーズ2009-2010』という、主な10の美術館を中心にいろんなイベントが予定されているそうです。あちこち美術館をホッピングしながら、デザインされた街を歩くのは楽しそう。



by rutsu_tobii | 2009-02-23 23:32 | アート&デザイン | Trackback | Comments(0)
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新の記事

長崎の旅を紹介
at 2018-04-07 12:00
別府の桜スポット
at 2018-04-05 23:00
春を告げる野焼き
at 2018-04-02 23:00
今年は犬!すじ湯の竹札
at 2018-02-25 17:00
11月に個展をします
at 2017-10-03 23:00

最新のコメント