トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:ギリシャ ( 3 ) タグの人気記事




古代ギリシャの医療施設

年末の大掃除シーズンというのもありますが、お部屋も気持ちもスッキリすべく、断捨離生活目指していろんなものを廃棄処分中。その最中に、ユネスコの広報誌のバックナンバーの記事で面白いものを見つけました。

世界遺産となっているエピダウロスは、古代ギリシャの医療施設。とはいえ、あるのは病院ではなく競技場や闘技場、宿泊や浴場などの遺跡。というのも古代ギリシャ時代の医療は、運動や入浴、演劇や競技を観ることで治療されていたのだとか。
d0069964_2255042.jpg

すり鉢場の形の円形劇場の舞台の部分は「オルケストラ」といい、現在のオーケストラの語源でもあるそうです。

スポーツ観戦や舞台観劇が病気治療とは、古代から精神の状態が体の健康に及ぼす影響は考えられていたのですね。ある意味、現代のアスリートやアーティストたちもお医者さんかな。体の調子がいまいちという方、スポーツ観戦やコンサートにでかけてみるのもいいかも。気分転換以上の効果があるかもしれませんよ。



by rutsu_tobii | 2010-11-29 08:17 | エンタテイメント

ギリシャの薬局コスメ

気分転換に毎日、いろんな国のヘアケアやスパコスメをとっかえひっかえ使ってますが、タイの『パンプリ』以来、ひさびさに納得のアイテムに遭遇。
ギリシャの薬局ブランドで、ハーブ由来の自然成分を使った『コレスKorres』は使用感CPともにかなりいいです。なんでも薬局を経営しているご夫婦がやってるブランドで、奥様が化学者とか。サイエンスの技術を駆使してか、植物エキスは直接、植物細胞から抽出した高品質なものだそーです。
d0069964_9585575.jpg

石油由来の化学成分をはじめ肌に有害とされる物質もフリーも大事なところですが、シャンプーやシャワージェルも泡立ちがよく、香りもやや強めですが自然です。オーガニック製品ではないけど、オーガニック系は泡立ちや洗った後の使用感がいまいちなものが多かったし、すぐに使用しないと劣化が心配なのも難点だったので、これで満足。パッケージはいまいち高級感にはかけますが、輸入ブランドにしては、コレスはかなりリーズナブルなお値段。メンズラインもあります。

購入したコンランショップのおねーさんによると、2年くらい前に日本に上陸してたブランドとか。さらに、おねーさんに聞いた新事実。頭皮は人間の他の部分の皮膚にくらべて約4倍もの吸収力があるのだとか。だから妊婦さんは体に有害なヘアケア用品をつかっていると、胎児にまで悪影響を与える心配があるんだそーです。キャー(><)知らなかった!
育毛や美容の点で頭皮ケアが盛んにいわれている昨今ですが、体の健康のためにも使うものも考えた方がよさそうですね。



by rutsu_tobii | 2008-08-20 11:00 | 健康&美容

ノーブルな1日

松濤の観世能楽堂にて、お能の舞台を拝見しました。演目は『道成寺』。今回はきちんとあらすじを予習していったことと、お能の舞台としては、かなりスペクタクルな仕掛けとや演出があったおかげで、最後まで楽しく拝見することができました。
あらすじは、女人禁制の道成寺に女が入り込み、鐘の中に姿を消してしまいます。実はその昔、ある山伏を慕っていた娘が、道成寺の鐘の中に隠れてしまった山伏を追って、蛇に姿を変えて寺に入りこみ、鐘に巻き付いたところ、鐘が溶けて山伏が死んでしまったという過去が。その娘の怨念が再び鐘に入りこんだのを、僧侶が祈祷で退治するーといったもの。

まず、舞台の最初に、男性4人がかりでお寺にあるような大きな鐘が運ばれてきたのにびっくり。さらに天井に綱をひっかけて、鐘を吊すのです。舞台のハイライトでは、その釣鐘を娘役がすっぽり入るように、天井から落とすのですが、「ドスン!」と床が抜けそうなすごい衝撃で、その迫力に目が覚めました。何千キロとありそうな釣鐘ですので、万一の事故に供え、この鐘を落とす役目は、娘役を演じている舞い手の親族がやることになっているとか。再び、鐘が上がった時には、娘は蛇の般若と姿を変えているのですが、ここらへんは歌舞伎みたいです。
本来は、このお能を、取材のために 外国人セレブの方をお連れしてみるはずでした。が、話が流れてしまったため、私とスタッフだけで観ることになったのですが、海外の方や初心者の方が観ても、十分楽しめる演目だったと思います。ほとんどの観客は、お能を観慣れた品のよい年配客が多かったよーでございますが。

当の外国人セレブ、ギリシャの王女のオルガ・ ドゥ・グレースさんにはインタビュー取材のみ行いました。映像アーティストでもあり、現在、森美術館で行っているスペインのブランド『ロエベ』の160周年記念展覧会でも作品を発表しています。
超プリティな王女さまは、見た目はベラスケス絵画ばりの美女ですが、かなりの行動派。建築を学んだ後、蝶の研究に興味を持ち、ジャングルで自ら網を振り回して蝶を採集するとか。一方、撮影やムービーで短編映画を撮るなど、美術のセンスもお持ち。加えて、ユーモアのセンスもたっぷりで、「地位、才能、美貌、ユーモア...こんなに全部揃うのはありえない〜というーくらい、「セレブ界のロイヤルストレートフラッシュや!」(彦麻呂風)な方でした。
滞在中も、あちこち飛び回っていたみたいで、『ローマの休日』みたい★お能もぜひとも、お連れしたかったものです。

ロエベの160周年記念展覧会「Take me with you」は、9/19まで、森美術館で行われています。


まさにギリシャ神話の女神の微笑み(*^^*)

d0069964_1361144.jpg



by rutsu_tobii | 2006-09-16 23:55 | 文章の仕事
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

長崎の旅を紹介
at 2018-04-07 12:00
別府の桜スポット
at 2018-04-05 23:00
春を告げる野焼き
at 2018-04-02 23:00
今年は犬!すじ湯の竹札
at 2018-02-25 17:00
11月に個展をします
at 2017-10-03 23:00