トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:ビール ( 2 ) タグの人気記事




ベルギービールウィークエンド東京2010

日本に初上陸した「ベルギービールウィークエンド2010」が昨日からいよいよ始まりました。個性的なビールが揃うベルギーの10タイプ、全45種類のビールが楽しめる待望のイベント。

オープニング前のプレビューで、一足お先にめくるめくベルギービールの旅を体験させていただいたのですが、「パスポート」は、このイベント用に作られた専用ビールグラス。
d0069964_8584618.jpg

お客さんは会場内のブースを巡って、お目当てのビールを、この「My グラス」に注いでもらうのです。

そして、今回のイベントの秘密兵器(秘密じゃないけど)はこれ!
「グラスリンサー」
d0069964_993880.jpg
お客さんたちは、会場の各所に設置されたこの「グラス注ぎ器」で、飲み終わった自分のビールグラスを洗います。セルフサービスです。
d0069964_923282.jpg

グラスをぎゅっと押し付けると、下から水が噴水のようにでてきて、きれいにグラスの内側をすすぐことができるのです。ベルギーではビアカフェのバーの中に常設されているのだとか。バーテンダー気分が味わえます。
d0069964_98827.jpg

そして、きれいになったグラスで、またまた次のお目あてのビールを注いでもらいにいく♪というおかわりシステム。ビールグラスは入場場に500円で購入するのですが、お持ち帰りでき、帰宅後は日常使いや記念品として楽しめます。
d0069964_9194044.jpg

この赤いビールは「Liefmansリーフマン」のフルーツビール。チェリーをベースに、ストロベリーやラズベリー、ブルーベリーなどベリー類のフレッシュジュースをブレンドした、デュベル・モルトガット醸造所の2009年の新商品だそうです。かなり甘めのデザートビール風でしたが、夏の終わりの疲れをとってくれる感じ。他にも日頃、なかなか飲む機会がない種類のベルギービールがたくさん登場してます。

本国ベルギーでもビールイベントのシーズンが始まっているようですが、東京オリジナルのMyビールグラス&リンス体験ほか、奥の深いベルギービールの世界を楽しんでみてください。イベントは明日9/12(日)まで。



by rutsu_tobii | 2010-09-11 09:38 |

ベルギービール新スポット

昨日の東京は昼間は30度を超え、夜になっても暑さが残っている陽気でしたが、季節にぴったりのベルギービアカフェが2店舗新宿にオープンしました。

ひとつは新宿のサザンテラスにオープンした『リトル・デリリウム・カフェ』。デリリウム・トレメンス(禁断症状)というジョークのきいた名前のベルギーの人気ビールを主に扱うビア・カフェなのですが、このデリリウム・トレメンス、酔うとピンクの象が見えるといった表現にちなみ、瓶のエチケットのグラフィックや、グラスやコースターにモチーフのピンクの象が用いられていてとっても可愛らしいのです。ただアルコール度数も結構高いので、気をつけて飲まないと酔っぱらってしまいます。テラス席がたくさんあって、これからの季節にいいスポットです。

もう1店舗は6/13まで期間限定でオープンしている『THE SMALLEST BAR IN THE WORLD.COM』。その名前のとおり、広さが2畳ほどで4、5人入るといっぱいになる屋台のような建物がお店になっています。ほんとに世界で一番小さいバーなのかも?メニューは人気の白ビールのヴェデットの生とシャンパンの2種類しかありません。

ロケーションは新宿区役所に近い歌舞伎町の狭い路地を入った一角。歌舞伎町のゴールデン街あたりは、海外のハリウッドスターや文化人関係者もお忍びで訪れる、東京カルチャーが体験できるユニークなスポットとして海外の旅行者にも人気のエリア。店に訪れていた時にもたまたま、サンフランシスコからひとり旅をしてきたという若いアメリカ人女性客がふらりと立ち寄ったりして、おもしろいな、と思いました。
d0069964_1142574.jpg

バーテンダーは日本語が大変達者なベルギー人青年ヨナタン氏。小さな空間ならではのフレンドリーな会話と雰囲気も楽しんでくださいね。



by rutsu_tobii | 2010-05-22 01:20 |

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

フォロー中のブログ