トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:ペット ( 4 ) タグの人気記事




犬で社会貢献

巷で元気なアラフォーですが、出版界でも不況の逆風に負けじと扶桑社から『amarenaアマレーナ』という30代〜40代の働く女性をターゲットにした雑誌が新創刊されました。その中の「amarenaの一歩踏み出す社会貢献」というコーナーで、大変まじめな取材記事を担当しています。テーマは「犬で社会貢献」。
ペットとしての癒しだけでなく、特殊分野で働く犬として人間の生活を助けている犬が世界中にはたくさんいます。そんな働く犬たちの紹介をはじめ、今回は「セラピードッグ」という医療現場で働く犬を育てている人たちを取材しました。(拙著『どうぶつびょういん』でも動物が病院で働いてますよーん^^)

捨て犬からりっぱなセラピードックとして育ち、その感動的な活躍が映画や本にもなっている(さらに銅像にも!@銀座)名犬『チロリ』を育てた国際セラピードッグ協会の会長の大木トオル氏と、忙しく働きながらも、ペットである自分の愛犬をセラピードックにするための訓練を続けている女性にお話をきいています。

セラピードッグは、捨て犬であろうが飼い犬であろうが、犬種に関係なく適性があれば訓練次第でどんな犬でもなれる可能性があるそうです。セラピードッグを目指さなくても「マナーのいい犬に躾けることこそ、犬の地位を向上できる社会貢献の第一歩」というお話には、激しく同意。

記事を読んでさらに興味をもった方は、今回の取材に協力してくださった方々のサイトやブログもチェックしてみてくださいね。

国際セラピードッグ協会 
DOG ROAD 〜セラピードッグへの道 



by rutsu_tobii | 2008-09-08 11:00 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)

愛犬用の自動販売機

週末に女性誌の取材で、セラピー犬を育てている方々にお話を聞きました。セラピー犬は日本でも最近、認知が広がってきたようですが、欧米ではすでに半世紀以上に渡って、医学治療の現場で患者さんの病状回復の助けとなったり、高齢者や学校教育の現場で活躍する存在として知られています。
今回聞いたお話は、犬を飼っている方のみならず、特にペットと一緒に暮らしている方にはぜひ知っておいてもらいたい大事な内容が満載だったので、掲載の折に詳細をお話したいと思います。

それにしても、日本で犬をはじめペットの人々への貢献が増すとともに、人間のペット向けのサービスの向上にも目をみはるものがあります。今回、愛犬用の自動販売機があることを初めて知りました。ミネラルウォーターや、手作りクッキーやおかき、ささみジャーキーを売っているとか!その名も『ポチみや』という自販機。以前このブログで紹介したペットOK神社といい、このポチみやといい、犬の「詣でる」場所が増えているのですね^^。ポチみやは、ドッグランなどに置いてあるそうです。



by rutsu_tobii | 2008-07-14 11:00 | カルチャー | Trackback | Comments(0)

めだかの筋トレ

気温がだいぶ高くなってはきましたが、トビイ家のめだかのドミンゴの動きはあいかわらず緩慢です。物音でびっくりした時など、瞬間的に跳ねたり、高速で泳いだりはしますが、見ていると、ほとんどの時間は同じ場所に浮いているだけです。

えさをあげる時も、先代のジダンなどは食い意地がはっていたので、ソワソワしだしたり口をパクパクとさせてアピールしてましたが、ドミンゴの場合、潜水艦のようにじっとしていた場所から、ファーっと垂直に水面に浮かんでくるだけ。えさを控えているので、慢性的にお腹がすいているはずなのですが、じたばたせずにエネルギーを温存しているのでしょーか。

仲間もいないので退屈でしょうし、生存競争もないため闘争心も萎えているはず。これはいけません...ウツになってしまいます。(笑)
水槽の中では、自然の川の中のような流れでさえないのです。必死で泳ぐ必要もないので、ドミンゴは体も鍛えられず、すっかり軟弱になってるはずです。

以前、水槽に水を注いだ時に、めだかが「滝登り」のよーに流れに乗って楽しそうに(あくまで想像)していたので、暇があれば水槽をかきまぜて、筋トレさせてあげることにしました。(迷惑がられているかも)
実は、ソーメン流しのような仕組みの水槽が、めだかの健康にはいいのかもしれませんね。



by rutsu_tobii | 2008-05-19 11:00 | めだか | Trackback | Comments(0)

「ペットOK」神社

近年のスピリチュアル志向の潮流か、今ほど神社仏閣が幅広い世代に親しまれている時代はなかったのではないでしょーか。
渋谷にいる女子高生も、とげぬき地蔵を闊歩するご老人たちも、等しくご利益神社には集っていますからねえ。

日本の神社は、ついにペットにまで門戸を開いたようです。市ヶ谷の亀岡八幡宮はペットの初詣、厄よけ祈願もOKな神社とか。ペット専用のおまもりまであります。ベルギービール広報センターのSさんが教えてくれました。

Sさん宅では、少し前からトイプードル「龍馬くん」を飼い始めたのですが、昨年末、室内で遊んでいるところ、着地失敗で前足を骨折。あえなく入院治療となり、そろそろギプズがはずれる頃...という時に、何とギプス自体が折れていてちゃんと骨が接がれてなかったことが発覚し、再手術となったんだとか。
可愛いわが子を次々と襲う悲劇に、思わずネットで見つけた「ペットOK」の亀岡八幡宮に駆け込み、持ち帰ったお札を龍馬くんのベッド脇に貼っているそうです。

亀岡八幡宮は、太田道灌がつくった江戸城の守護神社とのことですが、どんな経緯でペットOKになったんでしょうね。きっと増え続けるペットと共に、参拝者も増すのではないでしょうか。
ペットは、飼い主の身代わりになってくれることがあると、聞いたことがあります。もし本当だとしたらやっぱりペット神社は必要かも。
うちのめだかのジダンも、お参りに行っておけば、もう少し長生きしたかもなあ☆



by rutsu_tobii | 2008-01-23 11:00 | カルチャー | Trackback | Comments(2)
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新の記事

長崎の旅を紹介
at 2018-04-07 12:00
別府の桜スポット
at 2018-04-05 23:00
春を告げる野焼き
at 2018-04-02 23:00
今年は犬!すじ湯の竹札
at 2018-02-25 17:00
11月に個展をします
at 2017-10-03 23:00

最新のコメント