トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:ホテル ( 26 ) タグの人気記事




ホテルの美術館

六本木の大倉集庫館にて行なわれている、インドネシアの伝統的な布バティックを集めた展覧会を観てきました。
d0069964_12195939.jpg

ホテルオークラ本館の正面に建つ美術館は、オークラの創業者である大倉喜八郎氏が設立した日本最初の私立美術館なのだとか。2階建ての中国風の建築物はそう大きくはない建物ですが、手入れの行き届いた庭に囲まれて雰囲気がよく、2階部分にはテラスもあってここからホテルの全景が見渡せます。
d0069964_12242396.jpg


展覧会は日本とインドネシアの国交50周年を記念した催しだそうで、3000点の中から厳選したバティックとよばれるインドネシアの伝統的なろうけつ染めの布が集められています。
インドネシアは1300もの島から成っている国とあって、地理やその土地の文化、宗教、さらに時代の影響によって布の柄の模様が異なるのがコレクションからわかります。代表的な柄は魚や花、鳥、ガルーダ(インドネシアの伝説上の神聖な鳥)などで、草木から染められる色は概して赤や紺の渋い色が多いのですが、植民地として統治を受けていた時代になると、ヨーロッパ風のカラフルな柄や日本や中国、イスラムの影響も受けたオリエンタルな模様とバリエーションがあります。グリム童話みたいなドレス姿の人々がダンスしているバティック柄や、日本の着物風の花柄のバティックはさすがに初めて目にしました。展覧会『インドネシアの更紗のすべて』は、12/21までです。

今回、初めて知ったのですが、ホテルオークラでは展覧会と茶菓やランチをセットにした鑑賞チケットを販売していて、これが結構おトク感がありました。ホテル内のバーやレストランの場所も選べる上、お菓子やランチ内容も選択できます。
d0069964_12574671.jpg

レストランの「テラスガーデン」にて、ホテル内のブーランジェリでも販売されているケーキからパプアニューギニア産のチョコを使った期間限定のガトーショコラをチョイス。かなり濃厚でおいしかったです。本物のバラのつぼみ付き♪これにおかわりが自由にいただけるおいしいコーヒーがつきます。ちなみに茶菓とチケットのセット券は1600円。チケットは通常大人1000円、ケーキは700円ほどで販売でされていたので計算上はお得です。

老舗ホテルのオークラ。さすがに内観や料飲店の雰囲気は、近年できた新しい外資系ホテルには負けてしまいますが、美術館やお茶でまったりできるこんなサービスは、きっと昔からの年配の常連客にも喜ばれているのではないでしょうか。

古くても和のエッセンスのある建築は、若い層や外国客のファンも多いことで有名ですが、ロビーにはクリスマスツリーが静かに光っておりました。



by rutsu_tobii | 2008-12-10 13:20 | アート&デザイン | Comments(0)

新緑の那須高原

男性誌の取材で、那須に行ってきました。ここ数日、都内も気温が低かったですが、那須の方も数日前まで零下の場所もあったとか。山の方には雪が残っていたくらいです。那須高原の方はちょうど新緑の季節のピーク。辺りは一面、若々しい緑に覆われていました。

宿泊は二期倶楽部だったのですが、豊かなありのままの自然に囲まれていて、本当にいい所でした。敷地内に流れている川には魚が泳ぎ回っていて、よくジャンプしています。川面を飛んでいる小さな虫を食べているそうです。
『ハイジ』の物語にでてくるような、栗の木の枝からぶら下がったブランコがあったのですが、誰も見てないのをいいことに、童心に戻ってブンブンこぎまくってしまいました。

宿の方はスタッフの気配りが行き届いた、落ち着いた大人度の高い素敵な宿。避暑地なのでこれから混雑する時期のようですが、豊かな自然に加え、ロケーションも部屋も隔離されたような「囲まれ感」もあるので、たとえ短期間でもかなりリフレッシュできそうな場所です。

今回こちらで行われたイベントの取材がメインだったのですが、掲載時にご報告します。

d0069964_1055072.jpg
d0069964_106446.jpg
d0069964_10644100.jpg
d0069964_107655.jpg

写真にはありませんが、松林に囲まれた清楚なテニスコートがとても気に入りました。



by rutsu_tobii | 2008-05-16 11:00 | 国内の旅 | Comments(0)

開運!ラグジュアリーホテル

今年は「2007年ホテル戦争」といわれた高級外資系ホテルの進出ラッシュが一段落。その他の多くのホテルもリニューアルが進み、ホテル業界が話題に湧いた年でした。
それぞれのホテルがデザインやサービスに趣向を凝らし、今やよりどりみどり(→ひさしぶりに使った言葉だな〜^^)。ミシュランも東京のホテルをひそかに覆面調査したそーですが、評価基準は何だったんでしょうね。

立地やインテリア、サービスなど、ホテル選びで重視する点はいろいろと思いますが、「運気」で選んでみるのはいかがでしょう?
本日発売の雑誌『Numero』2月号にて、スピリチュアリストで象徴研究家の暁玲華先生に、都内で人気のラグジュアリーホテルを、またもやイコノロジーの知識と感性を使っておもしろく解説していただきました。新しい、高級、というだけですでに運気が高いそうですが、ホテルの自慢の景色やインテリアや装飾品など、いろんな運気UPのパワーが秘められているようです。
一部、内容をご紹介すると、ザ・ペニンシュラ東京は、元々、ここ20年間くらい風水的に最高の立地だそーなのですが、その他にも、職人芸のアート作品やインテリアが、かなり賑やかな「福」をよんでいるとか。個人的には、先生が「禅寺のよう」と評したマンダリンオリエンタル東京の解説が興味深かったですね。世界初6つ星のラグジュアリーホテルが、なぜに禅寺?!とびっくりしたのですが、その真相は、ぜひ本誌にてお確かめください。お正月休みに奮発して、ラグジュアリーホテルを利用される方のユニークなガイドになるに違いありません。
ミシュラン東京にも、今後の格付けの参考にしてほしい...かも?



by rutsu_tobii | 2007-12-28 10:00 | 文章の仕事 | Comments(0)

ミシュラン東京版

ミシュラン東京版の結果がついにつまびらかにされましたね。昨夜から記者発表の様子や星をとった店がニュースで紹介されるなど、ちょっとしたお祭り的な盛り上がり。これから毎年、今頃の時期の日本は、ボージョレーヌーボーの到着の浮かれ騒ぎに加え、更新されるミシュラン星の店の話題で、グルメ界は賑わうことでしょう。

結構な数の店が星をとっていましたが、有名ホテルの中のレストランもいくつかありましたね。小さな規模の個人店と違って、ホテルのレストランは席数も多く、仕込みやオペレーションも大変と聞きますが、星の評価はホテルにとっても多いにプラスになるはず。開業したばかりで、今回のミシュラン評価に間に合わなかったペニンシュラ東京の、最上階レストランのフランス人料理長さんも「1年目の目標はまず星をとること」と言っていましたから、やはり星の評価は多くの料理人の励みにもなるのでしょう。

コンラッドは、合計7つの星をもつ料理長プロデュースで話題になったフレンチが一つも星をとらず、中国料理店が星をとっていましたね...。星評価とは、せちがらいものです☆



by rutsu_tobii | 2007-11-20 10:00 | | Comments(0)

ホテルで読む雑誌

有楽町の『ザ・ペニンシュラ東京』のオープンからもうすぐ1か月ですが、開業前にホテルの現場で働くスタッフの方にインタビューさせていただいた記事が、発売中の 『エスクァイア』日本版11月号に掲載中です。話題になっている世界で2台しかないロールス・ロイスのビンテージ車を運転するドライバーの方や、ペニンシュラのユニークな研修制度である海外研修を経験した新人スタッフの方たちにもお話を聞きました。
文字数の関係で、ほんのちょっとしか聞いたお話を紹介できなかったのが残念ですが、経験や職歴にかかわらず、みなさん自分の仕事に誇りをもった方々で、新人の方も堂々と自分の言葉で話をしていたのが印象的でした。ホテルのひとつのお部屋に泊まるにも、いろんな人にお世話していただいているのねーと、今さらながら気づかされたのでした。

エスクァイア日本版は、同じく外資系女性モード誌の日本版と共に、ホテルのお部屋で読めるようになっています。ホテルによってロビーやお部屋置きの雑誌というのはたいてい決まっているようで、ゲストの嗜好の傾向やブランド性をうかがい知るのに、ちょっとした参考になりますね。ホテルによっては、ちょい悪おやじが読む雑誌があるなーとか(笑)、ロビーにそれらしき人たちがいるかもしれませんよ。

プリンスホテル&リゾーツのお部屋置きの雑誌『myPRECIA』では、秋号でも引き続きエッセイイラストを担当してますので、お部屋に泊まったら見てくださいね。



by rutsu_tobii | 2007-09-27 10:00 | 文章の仕事 | Comments(0)

ザ・ペニンシュラ東京

都心に進出ラッシュだった高級外資系ホテルの真打ち、「ザ・ペニンシュラ東京」がついに本日開業です。開業前までは詳細を明かさないとのことでしたが、昨晩、ビジネスニュースでかなり詳しく内部やサービスを紹介していましたね。私も取材で拝見させていただきましたが、ロケーションや日本の職人芸の粋を集めた内装などハード面はもちろん、ユニークなスタッフの人材育成方針やサービス要素などソフト面に、既存のホテルにないかなりの気合いを感じました。開業後が大変楽しみです。

ニュースに紹介されていた、内部の開業セレモニーで「ブタさんのお頭の丸焼き」がお供えされていたのが印象的でした。やはり香港に本社をもつ中国系資本ということで、中国流のお祝いなのかな?そういえば、今年の干支は、中国の暦でおめでたい60年に1度の「金のいのしし(ブタ)」の年ですね。風水の本場、香港ベースの企業とあって、東京開業を今年にあわせたのも、そんな縁起も関係しているのでしょーか?

お供えとはいえ、ブタさんもおいしそうでしたが、ホテルに入っている中華料理店はやはり本格的なんでしょうね。バー&ラウンジも楽しそうだし、はやくチェックしてみたいです♪



by rutsu_tobii | 2007-09-01 10:00 | Comments(0)

東京タワー

京都から上京したいとこと一緒に東京タワーに行きました。以前、ananの英語特集の取材の仕事で、外国人が参加する「はとバスツアー」に潜入した際に、いろんなお国の方に混じって訪れたことがありますが(笑)それ以来。東京にいると、すすんで訪問することはあまりない場所です。

展望台の上からの眺めもいいですが、東京タワーは足元から見ると、迫力があっていいですね。フラワーアーティストの東信さんも、インタビューした際に、東京で一番好きな眺めに挙げていました。近辺の芝公園一帯は、桜の時期になると一段ときれいですしね。隣接するホテル「ザ・プリンスタワー」の上から見る東京タワーも、格別で超おすすめです。

ライトアップされた東京タワーの眺めも東京名物ですが、春夏は銀の光、秋冬は金の光に照らされていると聞いたことがあります。お気づきでしたでしょーか?
実は、いろんな楽しみ方がある東京タワーの眺めなのでした。


d0069964_10234842.jpg




by rutsu_tobii | 2007-08-20 10:00 | Comments(0)

山vs水辺のホテル

イラストの掲載誌『myPRECIA(マイプレシア)』の夏号が届きました。全国のプリンスホテルとリゾート関連施設を紹介する雑誌なのですが、その中で4月にリニューアルオープンした「ザ・プリンス箱根」が紹介されていました。ブランド分けされたプリンスホテルの4つのカテゴリーで、最上級にあたる「ザ・プリンス」のひとつで、箱根の芦ノ湖畔にあります。
私は九頭龍神社の参拝で、定期的に芦ノ湖行っていますが、参拝用の遊覧船の上からホテルのクラシックな外観を眺める度、一度泊まってみたいなーと思っていたホテル。なんといっても湖の側というロケーションが素敵です♪

昨年、グループが大幅に変革されたプリンスホテルですが、ホテルリストをみるとさすがに山から海、湖など眺めのいい景勝地をおさえてますね。国内ブランドホテルは、最近、外資の猛攻におびやかされているものの、日本固有の自然を資産にしているプリンスホテルは、かなり強みのあるホテルかもしれません。最近の時流も取り入れて、アメニティやグッズもかなりセンスアップもしているようですし、日本のホテルの黄金時代を築いたグループだけに、再び期待したいですね。今週は軽井沢のプリンスホテルがリニューアルオープンとか、今後もあちこちで新装計画されているよーです。

myPRECIAは全国のプリンスホテルの客室に置かれているそうなので、お泊まりの機会があれば見てみてくださいね。



by rutsu_tobii | 2007-07-10 10:00 | イラストの仕事 | Comments(0)

日本のラブホ文化

6月も第2週目に入り、世間的にはボーナスウィークまっただ中でしょーか。貯金や投資、買い物などボーナスの使い道をあれこれ楽しみに考えている人も多いことでしょう。
フリーの私にはボーナスは全く関係ありませんが、かれこれ2週間前に自宅の郵便受けに入っていた「ラブ投」のチラシが捨てられません。複数でお金を出し合い、特定の事業に投資して、リターンをもらう投資ファンド。投資対象が「ラブホテル」というーのが「ラブ投」らしーです。
「ラブホ」といえば、今や日本の誇る一大カルチャー。テレビ番組でも、日本のテーマパークなみの豪華さと奇抜さで、個性豊かなラブホ(ブティックホテル)の数々がしばしば紹介されていましたが、世界をどこをみまわしても見つからない日本独自のホテル産業です。都築恭一氏は、いち早くラブホを文化としてとらえて作品集を出していましたが、今年の春先には、アメリカ人女性写真家もラブホの写真集を出して話題になってましたね。

そんなラブホの文化的な盛り上がりを意識してるのか、ラブ投のチラシは、日本漫画文化を代表するコミックヒーロー&ヒロイン(のコピー)に商品解説をさせているのが、なかなかうまくて関心してしまいました。
海外の友達に日本のおもしろ文化を説明するのによさそーと思って、チラシを大事にとっています。でも「日本に来たらラブホに泊まりたい」とか言われたら困るんですが...笑
d0069964_1014328.jpg




by rutsu_tobii | 2007-06-12 10:00 | アート&デザイン | Comments(2)

ホテルvs旅館

旅館を舞台にしたNHKの連ドラ「どんど晴れ」と、ホテルを舞台にした「ホテリアー」。どちらも韓流人気スターを出演させたにもかかわらず、視聴率は明暗を分けているよーです。
配役が絶妙などんど晴れに対し、ホテリアーはオリジナル作品はすごくおもしろいのに、日本版はイメージの違いにがっかり。韓流スターの登場の仕方も、「どんど晴れ」でリュ・シウォンが、萌えアイテムの「青いハンカチ」(しかも刺繍入り!)を持って出演していたのには思わずほくそえみましたが、「ホテリアー」もヨンさまに再びマフラーでも巻いていただかないと、制作者のおばさま視聴者の獲得の魂胆はまっとうできないのではないでしょーか。
代々の家族経営で日本的な伝統をおもんじる旅館の一方で、ホテリアーの方はホテル買収、家族の確執などイマドキなテーマと、ストーリーもコントラストがありますが、日本人受けするのは、やっぱり前者の方なのかも。

現実の世界でも、旅館とホテルの攻防がおもしろくなっている昨今。東京で外資系ホテルがあいついでオープンしているのに対し、旅館にも新しい動きが。インテリアなど空間づくりに若いクリエイターのセンスをとりいれた旅館が登場しています。伊豆にこの夏オープンする旅館アルカナはインテリアはグラフさんが担当。大阪の堂島ホテルに続いて、グラフが手がけるおもてなし空間が話題をよびそうです。
「どんど晴れ」の世界がどこまで本当かはわかりませんが、新しい価値観やセンスを受け入れつつ、日本が世界に誇るおもてなしの流儀と文化を、ぜひ受け継いでもらいたいものですね。



by rutsu_tobii | 2007-05-18 10:00 | 国内の旅 | Comments(0)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59