トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:モロッコ ( 6 ) タグの人気記事




小泉佳春さんへ

5年前、モロッコ、マラケシュへの取材旅行。西アフリカの刺すような熱い日差しの中、写真家の小泉佳春さんは、カメラを片手に、エキゾチックなスパイスの香りが入り交じるスークの中を駆け回っていました。いつのまにか、革靴屋のお兄さんと仲良くなって、事務所用にと素敵なバブーシュを1ダース、格安でオーダーしていましたね。いいお買い物をしたな、とすごくうらやましかったです。

モロッコ料理店のAl Fassiaは、オーナーをはじめ、スタッフ全員、陽気で美人な女性ばかりでしたが、小泉さんはとても人気者になってしまい、よく笑うちょっと太めの女性スタッフにずっとハグされていたのを、覚えていますよ。

3年前の小豆島への取材旅行。連日35度を超える蒸し暑い日差しの中、今度は湯船山の棚田のあぜ道を駆け回っていましたね。その時も、野良仕事のおばあちゃんや、散歩中のおじいちゃんと仲良くなって、島の苦労話など聞きながら、汗だくでシャッターを切っていたのを覚えています。

取材先の小豆島のオリーブ石けん屋のオーナー女子は、とてもオープンな性格で帽子の似合う可愛いコでした。プライベートなうちあけ話に、「男性からプロポーズされる方法」を伝授していましたが、その後、すぐに彼女が島の人と巡り会って結婚できたのは、単なる偶然でしょうか?(笑)

2年前の夏。最初の闘病の後、中国の雑誌の掲載用に、私の初のポートレート写真を撮っていただき、ありがとうございました。一流の写真家に撮っていただいたのに、「仕事仲間にはそうしているから」とお代は受け取らず、大変恐縮でした。そのかわり、仕事をとってくる約束をしたのに、果たせなくてすみません。

今年の夏。私がウィーンに来たからには、きっとまたお仕事をご一緒できるはず、と楽しみにいました。それなのに、肝心の小泉さんがいなくなってしまったではありませんか。約束が果たせなくて、本当に残念です。

いろいろと暴露話をしてしまって、すみません。ただ、小泉さんがどんなにいい方で、お仕事に一生懸命で、心のこもった写真を撮っていたのか、お話ししたかっただけです。

おつかれさまでした。どうぞゆっくり休んでください。



by rutsu_tobii | 2011-08-09 22:30 | 仕事仲間・友人 | Comments(0)

キャンドルナイト

6月21日は夏至。今日6/20〜7/7夏にかけて毎年恒例の『100万人のキャンドルナイト』のイベントが全国各地で行われています。わが家でも家じゅうのキャンドルを集めて、キャンドルナイトを決行。
d0069964_2175631.jpg

こちらはdaikanyamamariaさん主催の昨年末の紅茶倶楽部の会でおみやげにいただいたキャンドル。特殊な仕掛けで火を灯すと赤、紫、青、赤と色がどんどん変わっていくロマンチックなロウソク。
d0069964_2184738.jpg

モロッコに旅行した時にローカルのスーパーで売られていたキャンドル。女性たちが身体におしゃれとして描くヘナのタトゥーが描かれています。
d0069964_2120184.jpg

フランス人のアーティスト、アンテ・ヴォジュノヴィックの電球キャンドルはウィットにとんでますね。

ロウソクのデザインに関係なく、炎の光には癒されます♪



by rutsu_tobii | 2010-06-20 21:35 | 社会 | Comments(0)

モロッコのガイドブック

旅行博で知り合いになった旅行ライターのたかせ藍沙さんが、モロッコのガイドブック『魅惑のモロッコ』を出版しました。地球の歩き方のビジュアルブックシリーズで、カラフルな写真と情報が満載の充実の内容です。

雑貨をはじめ美容や食など、女性好きする要素も多いモロッコのお役だち情報がいっぱい。公共のハマム(蒸し風呂)の入り方や、素焼きの鍋タジンを使った、モロッコ料理の作り方なども写真入りできちんと解説しているのも親切です。色遣いの独特なかわいいモロッコ雑貨や、素敵なリヤド(旅籠)やレストランの紹介も充実してます。

ライターのたかせさんは、取材のアレンジからタイアップにはじまり、1年余の間に4回もモロッコに通って、広いモロッコを自ら撮影、執筆したのだとか!イスラム圏でうら若き女性ひとりが奮闘してこれだけのものを作ったとは、ただただ感服です。

モロッコは個人的には大好きな旅先ではあるのですが、人によっては1回いけばお腹いっぱいという感じの個性の強い国(笑)。快適な旅行のためにも、これから行くという方にお薦めの本です。



by rutsu_tobii | 2008-09-22 11:00 | 仕事仲間・友人 | Comments(0)

万能なバラ効果

ここ数日、東京では乾燥した日が続いていますね。一昨日は湿度が10%と1年で最も低かったとか。食べかけの夏みかんの薄皮が、半日ほどで貝殻のようにパリパリに固くなってしまい、なんとそれで手を切ってしまいました〜 キャー☆お肌にもよくありませんね。

乾燥対策に手作りの化粧水を使っています。以前モロッコに行った時に買った、バラの濃縮エッセンスに蒸留水と化粧水ベースを混ぜただけなのですが、香りが素晴らしくいい上にしっとり保湿効果が♪
暑くて乾燥しているモロッコでは、名産のバラの化粧水がどこにいっても売られていました。保湿効果や殺菌効果があるそーで、男女かかわらず髪から顔、体中に使われます。うがいなんかもするとか。香りもリラックスしますしね。

飲むとバラの体臭のするサプリとか、口臭止めも人気だし(特に男の人が買っているよーです)、バラの香りが嫌いという人をあまり聞いたことはないので、つくづくお役だちの花です。
おりしもバラの季節ですが、「東京砂漠」にもたくさん咲くでしょーか。
d0069964_994185.jpg

バラの濃縮エキス&お口からバラの香りがするローズフィルム



by rutsu_tobii | 2008-05-08 11:00 | 健康&美容 | Comments(0)

旅と石鹸

今日から8月。やっと梅雨が終わり、夏休みシーズンも本格化といったところでしょーか。私のまわりでも実際、お休みに突入したり、旅行の計画をたてている人がチラホラ。今年は9月以降に休暇をとる人が多いようで、秋口の飛行機やツアーが混雑しているとか。ニュースでも、今年は遅めの夏休みをとる傾向があるといっていましたが、私も夏休みはとりあえず保留にして、時期をうかがうつもりです。
天気のいい夏にどこかに行きたい気もしますが、気分転換したいな、と思う時はお風呂に入ります。そして、ちょっとした旅気分を味わうのです。

旅行する度に、必ずといっていいほど持ち帰る石鹸。お店で買うものもあれば、ホテルのアメニティをもらって帰ることもありますが、お風呂場には、常に海外から持ち帰ったそれらの石鹸が数種類並んでおります。早い話が、気分によって使い分けて、旅気分を楽しむのです。
現在は、今年の春に行ったモロッコの「黒オリーブ石鹸」と「ガスール(泥石鹸)」、バリの「火山灰入りの石鹸」、マルセイユの「グリセリン石鹸」と、福島の英国村に宿泊した際のアメニティの『モルトンブラウン』の5種類の石鹸を使い分けてます。

ハーブや土など、その地方の自然からとれる素材や原料を生かしたユニークなものを見つけるのが、毎回、楽しみ。今は、モロッコの市場で買った手作りの『黒オリーブ石鹸』が一番のお気に入りです。一体、どーやって作ってるのかわかりませんが、飴色のクリーム状をしています。マラケシュのハンマム(蒸し風呂)でも、洗い場の女性に身体に塗られまくりましたが、肌の角質をやわらかくして、汚れを落としやすくする作用があるとか。そのせいか、洗い上がりはサッパリです。使う度に、ハンマムの洗い場に響いていた、女性達の陽気な歌声を思い出します。
旅先から持ち帰った石鹸を使っていると、自然とその旅のことが思い出されてくるんですね。バリの『火山灰入りの石鹸』は、成分に米が使われているとパッケージに書いてありましたが、使う度に、美しい棚田の風景が思い出されてきます。
ホテルのアメニティの石鹸なども、香りと滞在中の想い出がリンクしていることが多いです。いいホテルは、当然ながら石鹸の質も香りもいいですしね。

ちと安上がりではありますが、夏休みも引き続き、お風呂場で「マインドトリップ」を楽しむつもりです。



by rutsu_tobii | 2006-08-01 23:05 | 健康&美容 | Comments(0)

モロッコ・マラケシュの旅

JALの機内誌『SKYWARD』6月号にてモロッコ・マラケシュの特集記事を執筆しました。

モロッコは、ヨーロッパの人々にとっては距離も文化的にも近いこともあり、バカンスに頻繁に訪れたり、この国で生活している方がたくさんいます。彼らにとっては身近なモロッコも、日本ではまだまだ遠い国、限られたイメージでしか知られていないのを、常々、残念に思っていました。今回は、そんなモロッコの魅力よく知るヨーロッパの外国人の方々のお話と、街歩きの様子を通じてご紹介しています。

お話を聞いたフランス人のルドヴィック・プティさんとマルティーヌ・ゴロンさんのお二人は、マラケシュを拠点に活躍するアーティスト。それぞれがデザインする商品を『H.P.Deco』(TEL:03−3406−0313)他、人気のセレクトショップで手にとったことのある方もいることでしょう。それらのひとつひとつは、彼らのマラケシュのアトリエで、丹念に手作りされているのですヨ。

ルドヴィックさんのアトリエはマラケシュ郊外の1軒屋。アトラス山脈の美しい風景がすぐ側にあり、気持ちのいい風が吹いてくる空間にたくさんの職人さんたちが集まって、作業をしていました。一方、マルティーヌさんのアトリエは、メディナ(旧市街)の一角にある古い場所。車が入ってこれない狭い道なので、ロバの背中にフランスから持ってきた商品のリモージュ焼きのポットを積んでアトリエまで運び、作業をするのだとか。どちらもモロッコならではの、風情溢れたアトリエでした。

ルドヴィックさんは、モロッコに暮らし始める以前から、ブランド名『KIM&GARO/KIM et GARO 』の名前で活躍していますが、「『キムエガロ』(フランス語読み)にはモロッコの言葉で『たばこを吸う人』という意味もあるんだよ。それを知った時に“モロッコには縁がありそうだな”と強く感じたよ(笑)」と、ヘビースモーカーの彼は、半ば冗談、半ば本気で話すのでした。

6月中にJALの飛行機に乗る予定のある方、ぜひとも機内誌をお手にとって読んでみてくださいね。

購入はこちら:

http://www.jalbrand.co.jp/skyw/



by rutsu_tobii | 2006-06-01 23:53 | 文章の仕事 | Comments(0)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59

フォロー中のブログ