トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:ロシア ( 6 ) タグの人気記事




ウィーンの心の旅

先日、国立オペラ座で観光でウィーンに来ていた若いロシア人女性と、偶然、知り合いになりました。ホワイエで「シャッターを押してくれませんか?」と頼まれたことをきっかけに、話をしたのですが、なんと彼女は某日本テレビ局のモスクワ支局のスタッフと判明。流暢な日本語を話し、知的なロシア美人の彼女とすっかり話がはずみ、その後2日間に渡って街を案内するまでに仲良くなりました。

実は、私はその日、演目を間違えてチケットを買ってしまい、苦手なオペラを観ることになってどんよりしていたのですが、おかげでまだ行ったことのないモスクワの住宅事情から、ロシア女性の恋愛事情まで、多岐に渡りいろいろとお話を聞くことができたのです。

飛び込みの観光客も多い、立ち見席でよくあることなのですが、隣あわせになった見知らぬ人と思いがけず話をすることがあります。ヨーロッパ中のオペラ座を巡っているイスラエル人の音大生、出張でウィーンに来ていたバングラディシュ系イギリス人の女性など、印象に残った出会いも多く、ひとときでも一緒に笑っていろんな話をシェアする機会がある度に、大きな喜びを感じます。

一方で、先日訪れたある博物館でたまたま話をしたガードマンの方は、アフガニスタンからの移民でした。本国では長年、政治雑誌の編集長をしていたジャーナリストだったのに、政治犯として10年間も投獄された後、ウィーンに移り住んだそうでした。

ウィーンでは、世界から集まる人々の話を聞いて、いろんな場所に思いを馳せることができます。つかの間の心の旅ですが、かなりマイレージがたまったかもなあ。
d0069964_23375670.jpg

追記:ロシア人の彼女には、シェーンブルン宮殿と「私の庭」とよぶ(笑)動物園にも案内したのですが、動物たちは連日の暑さでどのコもぐったり。パンダさんもお腹を床にくっつけて、すごい格好でお昼寝中でした。



by rutsu_tobii | 2015-06-12 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)

乳酸菌パワー

実家の兄からホワイトーデーの同僚の女性たちへのお返しについて相談されました。でも最初から決めていたらしく、取引先で扱っている化粧品のサンプルセットにしたとか。女性にはおなじみの、ポーチにミニボトルサイズの基礎化粧品などが入っているヤツですね。乳酸菌由来のヘルシー化粧品らしい。
たまたま今朝の情報番組で、ロシアではケフィア(最近、やずやの宣伝でおなじみの乳酸菌食物。ロシアでは毎日誰もが飲むものとか)を肌に塗ってつかうこともあるといっていたので、きっと菌が美容にもいいのでしょうね。ヨーグルトパックなどきいたことがあるし、保湿効果はありそう。

そういえば、先日、仕事先のデザイナーさんが、30年来の花粉症がヤクルトを毎日飲むことでなおりつつあると言ってました。ここにも乳酸菌パワーが!
兄の会社の女性陣との円滑な人間関係に、乳酸菌が効果を発揮することを祈ります。



by rutsu_tobii | 2008-03-13 11:00 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)

NHKロシア語講座

9月も終わりに近づいてきました。10月は4月と並んで、学校や教育講座の新学期の時期でもあります。
『NHKのロシア語講座』の10月号分から、テキストとして使用されているロシアの文学小説の挿絵を担当しています。作品はゴーゴリの『鼻』。ストーリーは、超要約すると、ある朝、床屋が食べようとしたパンの中から鼻がでてきます。それは客の将校の鼻だったのですが、その鼻が勝手にひとり歩きし、物語を繰り広げるといった話。プロットはホラーな感じですが、アイロニカルかつユーモラスな作品で、芥川龍之介の『鼻』の元ネタにもなっているらしーです。
すでに連載2回目の作成を終えたところで、19世紀当時のロシア人の服装とか、登場する小物とか毎回、指示をいただくので、いろいろと勉強になります。
「鼻がひとり歩き」というと、「目玉おやじ」みたいなものを想像しますが、当時の小説の挿絵を見ると、人間ほどの背丈の大きな鼻が、りっぱな羽つき帽子を被って軍服を着てます。ホラーだ。(笑)
ちなみに、Youtubeでこの作品のアニメが流れていて、コワおもしろいノワールな感じがとてもよくでていてお薦めです。コチラ

ちなみにNHKのロシア語講座は、「NHK定番語学講座初の放送打ち切りが常にささやかれている講座でもある」とウィキペディアで説明されているんですが(^^;)、『カラマーゾフの兄弟』のヒットでロシア文学も見直されていることですし、「原書で読むぜ」ぐらいの気持ちで、10月からロシア語もがんばって勉強する人が増えることを願っております。



by rutsu_tobii | 2007-09-26 10:00 | イラストの仕事 | Trackback | Comments(0)

気になるロシア文学

最近のニュースで、ロシアの文豪、ドストエフスキーの名著『カラマーゾフの兄弟』の新訳本が古典文学としては異例のベストセラーとなっている、というのがありましたが、私もロシア文学が気になってます。
ちょっと前に、テレビで同じくドストエフスキーの『罪と罰』のストーリーを紹介していて、興味をもったんですが、(レベルが低い知識ですみません^^;)ちょうどイラストの仕事で、同じくロシアの文豪ゴーゴリの作品の挿絵を描くことになり、(奇妙なユーモアに溢れた作品です)ますますロシア文学に惹かれております。

経済的には勢いを増しているロシアですが、文化も豊かな国とあって、こちらの方でも注目をあびるのでしょーか。登場人物の名前がいちいち長くて、それだけで難解な印象もありますが(笑)、読んでみてはいかがでしょーか。



by rutsu_tobii | 2007-08-24 10:00 | Trackback | Comments(0)

バリからの便り

6月に取材したバリ島の取材記事が、ライフカードの会員雑誌『tomorrow』9月号にて掲載中です。書店で買えなくて残念ですが、オダギリジョーのファンの方は、この機会にぜひ会員になって読んでくださいませ☆ 
バリ島の有名な手工芸である伝統的な布地「グリンシン」、「アタバスケット」「銀製品」の紹介の他、ウブドにある女性だけの作品を集めたギャラリー『セニワティギャラリー』と、現代アートの作品を集めた『コマネカギャラリー』を訪問、作家のひとりをアトリエにてインタビューしています。
バリ島は、宗教への信仰が生活の中心になっている場所。現代アートも無関係ではなく、視覚的には欧米の現代アートと変わらない作品も、コンセプトのほとんどは、宗教上のお祭りや儀式、輪廻といったものがインスピレーションになっています。「現代アート」といっても、現代がもう何百年も続いている日常だという事実が、感慨深かったです。

ところで。バリ島取材でお世話になった、「バリの宮迫さん」ことガイドのサマダナさんからのメイルが、今回、写真を担当した石井真弓さんを経由して送られてきました。(タグの「バリ島」参照のこと)石井さんは、最近ではエキサイトの「ブルネイ」特集を担当されています。
メイルには、最近は日本人の観光客が少なく、(きっとテロの影響ですね)、ロシア語の勉強をはじめたとありました。経済状況のいいロシアの観光客は、最近はどこの国でもよく見かけますが、バリ島にもよく来るみたいです。「ロシア語は難しくてびっくり」だとか。
ほんとはカメラマンになりたかったサマダナさん、掲載誌を読んでいたく感動&勉強になったみたいです。バリ島では、本格的なカメラや器具が買える場所がないそうで、プロとして仕事するのは難しいみたいでしたが、いつか夢は叶うのでしょーか。
バリアンに未来のアドバイスを受けたその後、どう過ごしているのか、ぜひ聞いてみたいと思っています。



by rutsu_tobii | 2006-09-03 23:17 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)

イタリア&ロシア

お盆の最中ですが、私のまわりはみなさん働きものです。
今日はNHKラジオのイタリア語講座の打ち合わせがありました。10月号から3ヶ月間、テキスト内のイラストを担当します。中級編ということで、イタリア語の歴史や家庭料理のレシピなど、ついでながら毎回、イタリアのいろんな知識が得られるようなので、楽しみです。旅好きな私としては、これを皮切りにNHK語学講座の全てのテキストのイラストを担当して、プチ世界旅行をしてみたいものですね。笑

編集担当のKさんは、おもしろいことにイタリアよりもロシアがご専門。昨年までウラジオストックに留学されていたそーでした。ロシア語はかなり難しいようで、発音はそうでもないようですが、文法はともかく覚えるしかないくらいルールが多いらしいです。
モスクワまで電車で旅行されたとのことですが、ウラジオストックからは丸1週間の旅だとか。ロシアの電車旅行は私もいつかしてみたい旅。電車の中でジャム入りの「ロシアティー」など飲みながら、窓の外のさびしーい草原風景を眺めてみたいです。もっとも、最近は景気がよいと評判のロシア。さびしいどころか、特にモスクワをはじめバブルでにぎやからしーです。かつてのコワモテのイメージばかりのロシアではないんですね。

イタリアの話をするつもりが、ロシアの話になってしまいました。ぜんぜん違う国にみえますが、考えてみれば、どちらもマフィアが有名ですね。ちょっとした発見?!
ともあれ、このイタリアの仕事の間、ロシアの知識もちょっと増えるかも。



by rutsu_tobii | 2006-08-14 22:33 | イラストの仕事 | Trackback | Comments(0)
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新の記事

長崎の旅を紹介
at 2018-04-07 12:00
別府の桜スポット
at 2018-04-05 23:00
春を告げる野焼き
at 2018-04-02 23:00
今年は犬!すじ湯の竹札
at 2018-02-25 17:00
11月に個展をします
at 2017-10-03 23:00

最新のコメント