トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:別府 ( 65 ) タグの人気記事




Beppu Tシャツ

【トビラボおみやげプロジェクト】

Tシャツ第2弾は「別府のご当地Tシャツ」。

別府の湯けむりのイメージ、町の名前のポップな発音を考えながら

手を動かしているうちにできた、タイポグラフィTシャツです。

d0069964_16021151.jpg

色は黒、グレー、白の3色。サイズは男女兼用のS、M、Lサイズ。

プリントはシルクスクリーンです。


旅の楽しみのひとつ「おみやげ」。

おみやげは、それを買った時の「お買いもの体験」も含めた品物。

特別なものになるように、時間が許す限りお客さまといろんなお話しをしながら、

直接、手渡しさせていただいています。
d0069964_16014119.jpg
トビラボは、8月は毎週金土日、祭日、10時から17時オープンしています。






by rutsu_tobii | 2019-08-02 23:59 | トビラボ

トビラボ8月のオープン日

トビラボは、8月は毎週金土日と12日((月))の祭日にオープンします。

オープン時間は10時から17時

8月は『しまうまのたんけん』の原画の一部と、過去の銅版画など時々、作品を入れ替えて展示予定です。

九州は猛暑が続いていますが、こんな時こそ温泉でリフレッシュはいかがでしょうか?

トビラボのお隣にある「鉄輪蒸し湯」の薬草入り蒸し風呂は、通常のサウナの8倍も汗をかくそうです。

トビラボコースに心身のデトックスも入れてみてくださいね。
d0069964_14051418.jpg





by rutsu_tobii | 2019-08-01 23:59 | トビラボ

こおにちゃんシリーズ

「トビラボおみやげプロジェクト」の第2弾商品が出来上がりました。

トビラボ限定販売の「こおにちゃんTシャツ」

d0069964_11562048.jpg
d0069964_12153854.jpg
オニは昔から別府で「地獄」と呼ばれる温泉を利用した景勝地のアイコンキャラクター。チビっこのおにちゃんが温泉ざんまいしております。鉄輪ならではの「地獄蒸し」(温泉の蒸気の蒸し料理)や足湯を楽しみはしゃぐこおにちゃん他、13パターンの温泉天国図!

d0069964_11552281.jpg
昨年、私が個人的にプレゼントに使いたいということで「手ぬぐい」を制作した際に誕生したキャラクター「こおにちゃん」。同じくトビラボにて販売中の「こおにちゃん手ぬぐい」とお揃いで楽しんでいただければ温泉気分も倍増です。

トビラボは、8月は毎週金土日と祭日、11時〜17時オープンしております。






by rutsu_tobii | 2019-07-31 23:59 | アート&デザイン

あなたの「しあわせ」を教えてください

別府の伝統ある温泉地区・鉄輪にある「トビラボ」。お隣にある湯治宿『ひろみや』には、日本国内のみならず海外のさまざまな国から来日したお客さまが宿泊しています。
そんな環境を利用して、新しいアートプロジェクトを始めました。

「しまうまシリーズ」の最新刊『しまうまのたんけん』では、しあわせをテーマにしているのですが、『ひろみや』にお泊まりのお客さんにご協力をお願いして「あなたのしあわせは何ですか?」という質問に答えていただいています。

プロジェクトを始めてまもなく2ヶ月になりますが、宿に置かれたノートに答えを書いてくださったお客様は、フランスの6歳児の男の子から70代の日本女性までと幅広く、そして答えはもちろんいろいろです。

d0069964_16080752.jpg

アートプロジェクトの結果は、今年の秋に開催される『ベップ・アート・マンス』内のイベントで、私の作品と共にシェアしたいと思っています。




by rutsu_tobii | 2019-07-24 23:59 | トビラボ

『しまうまのたんけん』原画展

先月発売になった「しまうまシリーズ」の最新刊、『しまうまのたんけん』の原画展を、別府・鉄輪かんなわの「トビラボ」にて行います。

●6月15日(土)〜6月30日(日) *月曜日休み
●11時〜17時
●場所:トビラボ tobilabo
●別府市井田4組 (鉄輪「むし湯」すぐ側、筋湯通り沿い、湯治宿「ひろみや」隣)

d0069964_14252781.jpg
印刷では表現しきれない質感や色など、ありのままの原画を見ていただく機会をなるべく設けたいと思い、今回アトリエにて作品の一部を公開致します。お近くの方、たまたま別府をご旅行中という方、ぜひお立ち寄りください。

ちょうど周辺は6月末まで「かんなわ蒸し通りずむ(蒸しツーリズム)」なるイベントを開催中。

この機会に鉄輪の奥の深い湯治文化も一緒に堪能していってくださいね!




by rutsu_tobii | 2019-06-10 22:00 | 著作本

トビラボをオープン

生まれ故郷の大分県別府市は、世界的にも有名な温泉の観光地。別府に8つある温泉郷の中でも、湯治場として長い歴史をもつ鉄輪(かんなわ)地区に、この春、小さなアトリエをオープンしました。

2014年に初めて鉄輪のギャラリーにて個展を開催して以来、別府に滞在している間、度々訪れるようになった鉄輪。道路や歩道から常にモクモクと湯煙が立ちのぼる、のんびりした風情がすっかり気に入っていたのですが、ひょうんなことから素敵な場所と人たちとの出会いがあり、仕事場とギャラリーを兼ねたスペースをこの地にもつことにしたのです。

アトリエの名前は「トビラボ」。いうなれば「トビイ研究所・実験室」です。
さまざまなスタイルの作品や創作物に挑戦してみたくて、この名前になりました。

いつも一般にオープンしている場所ではありませんが、今後、定期的に作品の発表や販売、イベントなど行っていく予定です。

トビラボのインスタグラムで随時、告知していきます。
ぜひ実験スペースの様子をチェックしてみてくださいね。

トビラボ instagram

d0069964_13544347.jpg




by rutsu_tobii | 2019-06-01 00:00 | トビラボ

初めての砂湯体験

遠方よりやってきた友人を案内して、別府のユニークな温泉をいくつか巡ってきました。

今回は、私自身も未体験だった砂湯を訪問。別府では竹瓦温泉や鉄輪のいくつかの温泉施設内にも砂湯があります。今回訪れたのは上人の海に面した「別府海浜砂場」という公営の砂湯。海の側で景色を見ながら楽しめる屋外の砂湯です。

秋晴れの爽やかな日。土曜日ということもあり、午前中から大勢のお客さんがすでに順番待ちの列に並んでいます。順番待ちの間は、外にある足湯で海をみながらくつろぐこともできます。
d0069964_22242432.jpeg

自分の番号が呼ばれ、窓口で渡された浴衣に着替えると、砂場へ向かいます。
ちなみに砂湯体験中に、砂をかけてくれる女性スタッフが写真を撮ってくれるとのことで、タオルとスマホも持参です。

熱すぎるのは苦手なので、スタッフの女性にお伝えすると、加減が可能なようで承知してくれました。子供の時の海遊び以来の「生き埋め体験」(?)に、ワクワクしながら直立姿勢で横になります。

足元から上半身に向かって温泉で湿った砂をかけてくれるのですが、くすぐったい感覚に終始声をあげていた私。頭の後ろにも砂で枕を作ってくれて、寝心地は大変快適です。顔以外はすっぽり砂に覆われます。
d0069964_22253415.jpeg

体を包む砂の重みは大変心地よく、寝ている間は目の前の青い空と雲、そして波の音に癒されます。砂に埋まっている時間は15分ほどでしたが、ぬる湯といった感じの温度で十分温まりました。時間が来ると屋内のお風呂場に移動。浴衣を脱いで体についた砂を落とし、一連の海辺のセラピー体験は終了です。

大変ユニークな体験で楽しかったのですが、気づいた点をひとつ。
施設が古く、脱衣場もお風呂もかなりせまいです。貴重品などの荷物はお風呂場前にあるロッカーに預けることをおすすめします。脱衣場内にもロッカーはありますが、数が少なく混雑時は空いているロッカーが足りなくなる可能性があります。
d0069964_22261835.jpeg

ユニークなスタイルの温泉とあって、多くの外国人客も楽しんでいました。施設のリニューアルを期待したいなあ。








by rutsu_tobii | 2018-10-13 23:59 | 健康&美容

アニッシュ カプーア IN 別府

いよいよ10月6日から大分で始まった「第33回国民文化祭・おおいた2018」。県内各地でいろんなイベントが予定され、楽しみな限りなのですが、よく晴れた秋空を見ていても立ってもいられず、別府公園に駆けつけました。

d0069964_21244673.jpeg

Anish Kapoor アニッシュ・カプーア「Sky Mirror」

まるで地上に青い地球が浮かんでいるよう。宇宙を感じます。

朝焼けや夕焼けの中で見たら「火星」が見つかるのかな?

青空に飛行機雲が通ったら、どんな風に見えるのかな?
夜空の星もここで見えるのかしら?

巨大な円盤状の鏡は、まさに空の万華鏡。
「一期一会」の空に出会えます。

会期は11/25まで。詳細は↓↓






by rutsu_tobii | 2018-10-08 23:59 | アート&デザイン

別府の桜スポット

今年も桜の時期がやってきました。

いつもながら、花が咲くことで桜の木の存在に気がつきます。しかも遠くからでもわかる、華やかな姿。
特に今年はいっせいに満開になったおかげで、別府の町にいかに桜が多いか、改めて気がつきました。

まれにみるお天気続きの春。1年に一度のこととあって市内のあちこちの桜の様子が気になり、桜ハンティングしてきました。

d0069964_15085448.jpg
境川周辺。
別府の町の真ん中あたりを東西に流れる川沿いは、桜の名所。一足先にこいのぼりが泳ぐ様子は、桜の時期の風物詩になっています。
d0069964_15134930.jpg
別府駅からのアクセスもよい別府公園。
桜以外にもチューリップやクロッカス、パンジー、ツツジなどいろんな花がいっせいに咲き乱れ、すごいことになっていました。
広々としている園内は、別府在住の外国人居住者や観光客にも人気の桜スポット。音楽を奏でたり、バトミントンをしたり、いろんなスタイルで桜を楽しむ人たちが見られます。
d0069964_15202273.jpg
観海寺温泉に近い南立石公園。
鶴見山が間近に見える公園は、静かで個人的にも好きな場所。
ここには、みごとな梅の木もたくさんあり、今年は桜と一緒に見れました。
山を切り開いて作った場所と聞きましたが、山桜や野生の木々の花も楽しめる素朴さが残っています。
d0069964_15280060.jpg
実相寺の山の周辺。
ふもとにあるサッカー場内の桜を遠くから眺めるのもいいですし、山の斜面に植えられた八重桜は見応えがあります。
頂上にある仏舎利塔の上からは、遠くの高崎山と別府の町と一緒に桜の眺めが楽しめます。

他にも鉄輪付近の大観山周辺など、桜スポットはたくさん。
住宅地や並木道のあちこちに桜があふれています。
別府の日常に溶け込んだ桜の姿、ぜひ来年のお花見の参考にしてください。





by rutsu_tobii | 2018-04-05 23:00 | 国内の旅

春を告げる野焼き


毎年春に行われる「別府八湯温泉祭り」。祭りにあわせて温泉神社の神事として行われる大平山(通称・扇山)の火祭りを、今年初めてじっくり見学しました。

扇山とは、鶴見山と並んで別府市内からよく見える、きれいな扇型をした山。標高は815mほどしかありません。
標高も低いし、まるでスキー場のようになだらかな斜面に見えるので、一見登りやすそうに見えるのですが、とある登山者の方によると「ずっと同じ風景なので、なかなか辿りつかない感覚があって結構キツい」のだとか。

3月の一番最後の日の野焼き当日は、風もなく穏やかな絶好のお天気。
実相寺という市内にある小高い丘の上から、眺めることにしました。
鶴見山を正面に、山と海に挟まれた別府の町が見渡せる眺めのよい場所です。
d0069964_11334473.jpg
日没の18時半頃から始まった野焼き。
最初は山の頂上から下に向かって両方の底辺へと火がゆっくりと下って行きます。
この間1時間ほど。底辺のラインを少しづつ火が描いていくところまで見学しました。
d0069964_11344063.jpg
d0069964_11353816.jpeg
京都の大文字焼きのような派手さはないのですが、遠くからみてもなかなか迫力があります。

火は一晩かけて冬の山の枯れ草を焼きつくしました。冬の終わりの厄払い、断捨離といった感じでしょうか? 翌日4月1日には、扇山は真っ黒な姿に変身。
これからまたゆっくりと、新緑に変化する様子が見られることでしょう。





by rutsu_tobii | 2018-04-02 23:00 | 国内の旅

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事