トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:恵比寿 ( 20 ) タグの人気記事




恵比寿の新スポット

友人であるC.A.G.の帽子デザイナーの内山グリさんが、ARTAMの村上真夏さんと共同で、恵比寿に新スペースを昨日、オープンしました!グリさんの帽子コレクションと共に、世界中からセレクトしたセラミックやジュエリー、写真集などのアート作品が見つかるお店だそうで、その名も『I FIND EVERYTHING』♪お店の設計は山口誠氏です。

恵比寿って、最近ますます魅力的になってますね。アート好きには写真美術館をはじめ、リムアートlimArtやNadiffナディフといったスポットのアートクルーズも楽しめるし、個性的なファッションやアンティーク店も多く、散策の楽しみにことかかないエリア。食事のシーンも三ツ星フレンチのようなハイエンドなスポットもあれば、進化を遂げている焼き鳥屋の横町もあったり、いい感じにエッジーさとローカル感がミックスしておもしろい。早足では歩きにくいちょっと坂になっている地形や、何よりおめでたい名前がいい街ですね(笑)。

そういえば、limArt annexではヤブノケンセイ氏の展覧会も6/6まで行われています。ヤブノ氏がコラボしている友人のデザイナーのAVM Design Roomの作品も展示販売されているようなので、こちらもぜひ立ち寄ってみてくださいね。



by rutsu_tobii | 2010-05-27 08:44 | アート&デザイン | Comments(0)

イイダ傘店&KIYATA

東京は三寒四温の日々ですが、晴れると日差しの強さが増しているのがわかりますね。紫外線の量もすっかり多くなっているはず!来月くらいからは日傘が手放せなくなりそう。
そう思っていたら、恵比寿のギャラリーショップlimArtで、イイダ傘店と、以前、木彫りのペンについてご紹介したクラフト作家のKIYATAさんがコラボした日傘の受注会を行っているとのニュース。

KIYATAさんが作るカワイイ動物さんの手元がついたオリジナル傘、ぜったい素敵なはず♪どんな動物たちが登場しているのでしょう?

ちなみにKIYATA(妻)さんは、『しまうまのしごとさがし』の絵本の中のスパイの黒ひょうさんのファンと言ってましたが、黒ひょうさんもいつかラインナップにいれてほしいですね^^



by rutsu_tobii | 2010-03-11 23:55 | アート&デザイン | Comments(0)

写真展『a View for Grey』

写真家の柴田 敏雄氏の個展『a View for Grey』が、恵比寿のNADiff Galleryで開催中です。

昨年、東京都写真美術館で展示された壮大なランドスケープ写真もまだ記憶に新しい...と思ったら、もうあれから1年経つんですね。今回は、カラー写真のコンタクトプリントと、昨年に出版された写真集の特装版のオリジナルプリントの展示があるそうです。

私は工事現場とかダム偏愛者ではないと思いますが、写真集の作品、相当カッコいいです。

会期は2月28日(日)まで。
詳細はコチラ NADiff a/p/a/r/t
d0069964_22481237.jpg
(C)Toshio Shibata



by rutsu_tobii | 2010-01-22 22:00 | アート&デザイン | Comments(0)

セバスチャン・サルガド アフリカ展

現在、恵比寿の東京写真美術館にて、スペインの報道写真家セバスチャン・サルガドのアフリカ写真展が開催中です。

以前に見た映画『ブラッド・ダイヤモンド』や、紛争難民のアフリカ人女性が書いた自伝本『生かされて』、日頃のニュースの報道などを通じて、同じ時代に生きながら、過酷な毎日を送っている人たちがたくさんいるアフリカの現状には、いつも直視できないショッキングさを感じるのですが、サルガドは、その「見捨てられた大陸」とよぶ地に生きる人々と、大いなる自然の風景の姿に正面から向き合って、私達にリアルに伝えています。

今回は「GENESIS(ジェネシス/起源)」をテーマにしたプロジェクトの最新作を含めた100点という大規模展。全作品、デジタルカメラによる撮影だそうですが、デジ特有の荒い粒子の白黒写真の映像が、アフリカの乾いたほこりっぽい空気感を想像させた、力作揃いでした。

展覧会は12/13(日)まで。



by rutsu_tobii | 2009-11-25 22:15 | アート&デザイン | Comments(0)

AVM展示会『リアル』

今年も、ジュエリーアーティスト・古川広道さんのブランド AVM DESIGN ROOM(アーム・デザイン・ルーム)の展示会に行ってきました。

数週間前に届いた案内状は、いつもと雰囲気が違い、カラフルかつ、ねじれを施した修飾文字で「リアル」と一言。今回のテーマで、展示会を始めて10年目の節目の今、実感している気持ちだそうです。文字デザインは、BECKやクルーエルレコード(なつかし〜)のアルバムなどのアートワークも担当している、アーティストのKENSEI YABUNOさんによる手描き。仲良しのお友達だそうです。
d0069964_20494183.jpg

今回は、テーマに沿った新作と、過去10回の展示会の各回から1点づつ、彼が気に入っている作品を新たにリメイクして発表。
「リアル」テーマの新作は、星をモチーフにした繊細なネックレスやピアス、大きさ違いのフープが重なったリングや、おなじみの絵がいっぱい刻み込まれた「指輪物語」風リングなどが、限りなく「リアルに見える」フェイクファーの上に、のっかっています。

古川氏によると、「リアル」とは、ファンタジーと現実、どっちが本当かわからなくなっている今の時代の雰囲気、すなわちエヴァンゲリオンみたいな、不思議な世界観を実感しているところからきているのだとか。

彼の作品からは、いつもスピリチュアルなファンタジーは感じていましたが、今回の星のモチーフや、箱に描かれている数字が、ユダヤの数秘術のカバラみたい。聞けば、やはり現代の錬金術師として10年経過し、ついに魔法がかかったような作品を、現実に創っちゃったみたいです。笑

素敵な作品ばかりですが、「古川さんのジュエリーは、どうしても自分で買いたくない!」と言うと、大声で笑われました。夢とファンタジーがある作品はプレゼントに最適。ウェディングみたいな「リアル(現実的)」な儀式にもぴったりですよ♪

展示会は11/8(日)まで、恵比寿のリムアート マルチプルスペースで行われています。



by rutsu_tobii | 2009-11-05 21:00 | アート&デザイン | Comments(0)

バカラのX'mas イルミネーション

早くもX'mas のイルミネーションが街のあちこちに出没し始めましたね。
恵比寿ガーデンプレイスで、毎年恒例のバカラのシャンデリアのイルミネーションの点灯式にちょうど出くわしました。
d0069964_20203290.jpg


250燈もついているそうです。バカラ1燈分だけでも相当、高価だと思うので、すんごい贅沢に思えますが、夢があるイルミネーションには違いありません。



by rutsu_tobii | 2009-11-04 20:30 | その他 | Comments(0)

ジャガー ドライブ&ステイ

先日は女性向けのホテルプランをご紹介しましたが、男性向けにユニークな宿泊プランの情報が届いてました。

恵比寿のウェスティン東京が行っている日本初の宿泊プランでは、ジャガー最新鋭車「XF Portfolio」(エックスエフ ポートフォリオ)を販売店以外で試乗できる、宿泊とセットのプランを10/1から12/30まで行っているとか。
エグゼクティブスイートに宿泊すると、「ジャガーディナー」と称するコースディナーがついてくるらしいのですが、どこかジャガーっぽい内容なのかしらん。

ホテルも高級車も、景気の影響をモロに受けている時期と思いますが、このコラボ、果たして功を奏するのでしょーか。

今の世相なら、飼ってみたい犬や猫のペットと、一晩試しに過ごしてみる「お試しペット宿泊プラン」とかの方が受けそうな気がします^^

Westin Tokyo in Ebisu offers an unique package collaborated with Jaguar, the luxurious car brand till December 30. Guests can enjoy staying at the hotel and try a test drive of the latest model Jaguar XF Portfolio at the same time.
I wonder how the collaboration of those luxury brand will work under the current difficult economic situation. I would suggest hotels to collaborate with the expanding pet business, guests stay with a dog or cat which they wish to have as a try. Maybe some want to try a real jaguar.



by rutsu_tobii | 2009-10-05 21:00 | 国内の旅 | Comments(0)

混浴温泉世界の報告会

今春、九州の別府で行われたアートイベント『混浴温泉世界』の報告会に行ってきました。場所は恵比寿のアートコンプレックスNADiff 内のバーMagical Art room。テラスもあるペントハウスの隠れ家風バーです。

総合ディレクターの芹沢氏、総合プロデューサーの山出さんらからスライド映像を見ながら、イベントの成果や期間中のエピソードなどが披露されたのですが、実際に混浴風呂をフューチャーした旅館がでてきたり、アートイベントに参加した若いアーティストでそのまま別府に移り住む人が現れたり、ボランティアで参加した若い学生たちが、現在、新潟で開催中の越後妻有のトリエンナーレで活躍したりと、さまざまなダイナミズムを起こした模様。今後も引き続き、BEPPU PROJECTを中心にさまざまなアートイベントが予定され、アートのランナーズハイが続くようです。多くの方々にアート&温泉の異色のコラボ地、別府にまたリピートしてもらいたいな。報告会は福岡、京都または大阪でも予定されているとのこと。

会場では、別府出身でもあり、代官山を拠点に華麗なる日々を綴った超人気ブログ『代官山だより』のパワーブロガーdaikanyamamariaさん、アートの人気WEBマガTOKYO SOURCEの編集スタッフさんらと再会。『混浴〜』を全面応援してくれていたTOKYO SOURCEさんの編集で、来年2月にイベント公式本が出版予定だそうです。

I attended a get-together to follow up Mixed Bathing World, the art event held in Beppu, Oita this past april-june. the first international art event(possibly triennale) in the local hot spring city seems to cause some kind of dynamics with both of insiders and outsiders. Reportedly, not one or two artists became residents of Beppu after the art event and decided to go on their art activities as living locally. Some young volunteer staff continue to work at Echigo tsumari art triennale in Niigata using with know-how they learned in Beppu.
More upcoming art events organized by Beppu Project, the main organizer of Mixed bathing World are expected.

Chatting with many other attendants such as the power blogger of Daikanyama Dayori, editors of the established art web mag Tokyo Source was also fun. They are now working on an official art catalog of the Mixed Bathing World which to be out in next February.



by rutsu_tobii | 2009-08-25 09:00 | アート&デザイン | Comments(0)

Lyさんの個展

恵比寿のギャラリーPOINTに久しぶりに立ち寄って、新進のグラフティアーティストLyリィさんの展覧会「PILED UP」を見てきました。下描きなしの一発勝負で描く作品の数々は....
d0069964_2321295.jpg

Lyさんオリジナルのキャラクター「DIKディック」くん。(翻訳不可 笑)ギャラリーディレクターの古井さんによるとLyさんの夢の中にでてきた方達だそうですが(!)今回はシリコンの3D姿でもゾロゾロと登場。

グラフィックの方は、すべて思いつきの一発描きと思えないほど、画面の中の構成のバランスや、描かれている物語がきちんと出来上がっているのが、お見事です。

すべて白と黒で描かれた世界ですが、実際のLyさんご自身も常にギャルソンの白黒ファッションを身につけ、お部屋も白&黒のみで構成されているとか。
先日のオープニングパーティでも、飲み物もすべて白/黒という徹底ぶりだったそうです。(ギャラリーのブログで紹介)そのオブセッションの理由を聞いてみたいものだ...

Ly, a japanese upcoming female graffiti artist who performed a vivacious live painting at Laforet Harajyuku last year now presenting a show titled at Gallery Point, the contemporary art gallery in Ebisu.
what her work characterize are black & white painting and the "symbolic" character Dik- invented by Ly from the inspiration she had gotten in her night dream. in the show, large number of Dik appear in painting on paper, wall, also in 3D figure.

what she depicts is beautifully well composed and presented with a certain story. it's hard to believe she works on paper or wall directly without making any drafts in advance.

according to Mr. Furui, the director of the gallery Point, Ly is always shrouded in black & white clothe by Comme de Garcon, her private room is also filled with only these 2 colors.i'm interested in the reason of her obsession...



by rutsu_tobii | 2009-07-14 23:30 | アート&デザイン | Comments(0)

モードなキツネ

d0069964_1959212.jpg

恵比寿で開催中のファッション雑貨の見本市PLUG IN ACCESS にて、ラブリーなキツネさんを発見。革小物のデザインブランドCoquetteコケットのブースにいたキツネさんの正体は...
d0069964_21103545.jpg
「襟巻き」。私も首に巻かせていただきました。かわいそうな気がする反面、ペットを連れているような可愛さ!1匹肩にしょってるような感じ?大人の女性のラブリーはゴージャスで可愛くて残酷なのです。デザイナーの林さんはコレを巻いて銀座を闊歩したとか。

台東区のデザビレ出身のデザイナーさんだそうですが、今回は同期ご出身の帽子デザイナーのGrisグリさんも初出展。他に目をひいた作品のクリエイターさん達は、たまたま日暮里、御徒町、銀座エリアにアトリエが集中していたようですが、東京イーストエンドのクリエイティブシーンは盛り上がってますな。



by rutsu_tobii | 2009-03-25 21:20 | アート&デザイン | Comments(0)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59