トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:桜島 ( 3 ) タグの人気記事




大正大噴火から100年

今日1月12日は桜島が大噴火を起こした『大正大噴火』からちょうど100年にあたるそうです。1年前に取材した時に、桜島ビジターセンターの方にその時の様子をいろいろと聞いていたのですが、前兆は3日前からあったそうで、島のあちこちの井戸が沸騰し、海岸には死んだ魚が大量に浮き、地震が頻発したとか。逆に言うと、このくらいはっきりした前兆があるので、避難の時間の余裕があるとお話していました。
d0069964_1173078.jpg

桜島の腹五社神社の鳥居。高さ3mの鳥居が大正大噴火の灰でこれほどまでに、埋まってしまったのだとか。

地震を始め、自然災害の脅威は年々大きくなっていますが、過去の歴史に学び、自然からのお知らせに耳をすませて備えておきたいものです。



by rutsu_tobii | 2014-01-12 10:00 | 国内の旅 | Trackback | Comments(0)

仙巌園の風水

パワースポットは、大抵が高い山や美しい水を讃えた川や湖といった大自然の場所。確かに自然の中に身を置くだけでも、気分がスッキリと調子が上がるものですが、人の手によって作られた庭園が、風水によってパワースポット化しているのが「仙巌園」。NHKの大河ドラマ『篤姫』でおなじみの薩摩の名家、島津藩の邸宅と庭園です。
d0069964_22502298.jpg

目の前に錦江湾に浮かぶ桜島のダイナミックな絶景。こんな景色を毎日眺めていると、「天下とったるぞー」という、殿様級のパワーがもらえても不思議はありませんね!
d0069964_2342731.jpg
風水が使われているらしいというのが、日本庭園にある八角形の池。中国の縁起物の八角形の鏡を模しているのだとか。(右側の池)
d0069964_2345439.jpg

他にも鶴や亀を模した巨大な庭石、広大な敷地内にはお地蔵様や神社もお祀りしています。中でもユニークなのが、「猫神神社」。由来は、戦で猫の目の瞳孔の開き具合から時間を計るために、はるばる朝鮮まで連れて行った猫たち。共に海を渡った7匹のうち、無事に連れ帰った2匹をお祀りしているそうです。全国の猫ファンが手をあわさずにはいられない猫神さま!

中国との文化交流で知識を取り入れた、薩摩の進取の気質。と同時に自然や動物を敬い、感謝を捧げる日本古来の宗教観が感じられるスポットで、気持ちよく過ごせました。



by rutsu_tobii | 2013-11-11 23:15 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)

桜島グッズ

2014年1月は、桜島が大噴火した『大正噴火』からちょうど100年にあたるのだとか。
桜島のことが何でもわかる『桜島ビジターセンター』のスタッフの方に「住んでいて、怖くありませんか?」とお尋ねしたところ、「大噴火を起こすような時は、1か月くらい前から井戸の水の温度が急激に上がって沸騰したり、地面から冬眠していた蛇やカエルがでてきたり、著しく異常なサインがでてくるので、充分に避難に備える時間はありますよ」とのお答え。「怖いっていっても、火山の側に5000人近く住んでますからねぇ...」と笑う姿を見て、パワースポットに住む人たちにこそ、パワーを感じました。

そのビジターセンターには、ここだけしか買えないユニークな桜島グッズがあります。
d0069964_189353.jpg

このオリジナル手ぬぐいも、なかなかモダンで素敵なデザイン。ビジターセンターの側にある足湯を楽しむ時によさそうです。ここからすぐ近くの砂浜も、ちょっと掘れば温泉が出るのだとか。砂遊びをしていて暖かいお湯がでてきても、桜島ではごく普通のことのようですのでご安心を!(笑)
d0069964_18511634.jpg

限定商品のジオラマ3Dポストカード。こんなカードが桜島から届いたらうれしいはず!120円でちゃんと郵送できます♪



by rutsu_tobii | 2013-11-07 23:59 | アート&デザイン | Trackback | Comments(0)
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新の記事

長崎の旅を紹介
at 2018-04-07 12:00
別府の桜スポット
at 2018-04-05 23:00
春を告げる野焼き
at 2018-04-02 23:00
今年は犬!すじ湯の竹札
at 2018-02-25 17:00
11月に個展をします
at 2017-10-03 23:00

最新のコメント