トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:温泉 ( 5 ) タグの人気記事




初めての砂湯体験

遠方よりやってきた友人を案内して、別府のユニークな温泉をいくつか巡ってきました。

今回は、私自身も未体験だった砂湯を訪問。別府では竹瓦温泉や鉄輪のいくつかの温泉施設内にも砂湯があります。今回訪れたのは上人の海に面した「別府海浜砂場」という公営の砂湯。海の側で景色を見ながら楽しめる屋外の砂湯です。

秋晴れの爽やかな日。土曜日ということもあり、午前中から大勢のお客さんがすでに順番待ちの列に並んでいます。順番待ちの間は、外にある足湯で海をみながらくつろぐこともできます。
d0069964_22242432.jpeg

自分の番号が呼ばれ、窓口で渡された浴衣に着替えると、砂場へ向かいます。
ちなみに砂湯体験中に、砂をかけてくれる女性スタッフが写真を撮ってくれるとのことで、タオルとスマホも持参です。

熱すぎるのは苦手なので、スタッフの女性にお伝えすると、加減が可能なようで承知してくれました。子供の時の海遊び以来の「生き埋め体験」(?)に、ワクワクしながら直立姿勢で横になります。

足元から上半身に向かって温泉で湿った砂をかけてくれるのですが、くすぐったい感覚に終始声をあげていた私。頭の後ろにも砂で枕を作ってくれて、寝心地は大変快適です。顔以外はすっぽり砂に覆われます。
d0069964_22253415.jpeg

体を包む砂の重みは大変心地よく、寝ている間は目の前の青い空と雲、そして波の音に癒されます。砂に埋まっている時間は15分ほどでしたが、ぬる湯といった感じの温度で十分温まりました。時間が来ると屋内のお風呂場に移動。浴衣を脱いで体についた砂を落とし、一連の海辺のセラピー体験は終了です。

大変ユニークな体験で楽しかったのですが、気づいた点をひとつ。
施設が古く、脱衣場もお風呂もかなりせまいです。貴重品などの荷物はお風呂場前にあるロッカーに預けることをおすすめします。脱衣場内にもロッカーはありますが、数が少なく混雑時は空いているロッカーが足りなくなる可能性があります。
d0069964_22261835.jpeg

ユニークなスタイルの温泉とあって、多くの外国人客も楽しんでいました。施設のリニューアルを期待したいなあ。








by rutsu_tobii | 2018-10-13 23:59 | 健康&美容 | Comments(0)

春を告げる野焼き


毎年春に行われる「別府八湯温泉祭り」。祭りにあわせて温泉神社の神事として行われる大平山(通称・扇山)の火祭りを、今年初めてじっくり見学しました。

扇山とは、鶴見山と並んで別府市内からよく見える、きれいな扇型をした山。標高は815mほどしかありません。
標高も低いし、まるでスキー場のようになだらかな斜面に見えるので、一見登りやすそうに見えるのですが、とある登山者の方によると「ずっと同じ風景なので、なかなか辿りつかない感覚があって結構キツい」のだとか。

3月の一番最後の日の野焼き当日は、風もなく穏やかな絶好のお天気。
実相寺という市内にある小高い丘の上から、眺めることにしました。
鶴見山を正面に、山と海に挟まれた別府の町が見渡せる眺めのよい場所です。
d0069964_11334473.jpg
日没の18時半頃から始まった野焼き。
最初は山の頂上から下に向かって両方の底辺へと火がゆっくりと下って行きます。
この間1時間ほど。底辺のラインを少しづつ火が描いていくところまで見学しました。
d0069964_11344063.jpg
d0069964_11353816.jpeg
京都の大文字焼きのような派手さはないのですが、遠くからみてもなかなか迫力があります。

火は一晩かけて冬の山の枯れ草を焼きつくしました。冬の終わりの厄払い、断捨離といった感じでしょうか? 翌日4月1日には、扇山は真っ黒な姿に変身。
これからまたゆっくりと、新緑に変化する様子が見られることでしょう。





by rutsu_tobii | 2018-04-02 23:00 | 国内の旅 | Comments(0)

すじ湯my温泉会員募集

別府の湯治文化の中心地である鉄輪地区。旅行者や一般の方々も入湯することができる公衆浴場がたくさんある地域ですが、ここに昭和の初期から親しまれてきた湯治専用のお湯「すじ湯」温泉があります。水道がなく源泉100%のかけ流し。石けんやシャンプーの使用禁止。「すじ湯」は名前のとおり筋に効く、筋肉痛などで傷んだからだをほぐしてくれる「効き湯」として、全国から足を運ぶファンも多い温泉でした。

2015年にお世話をする組合員の減少で存続が難しくなり、閉鎖を余儀なくされたのですが、昨年、サポーターたちの努力で復活。そして今後もすじ湯を存続できるように、個人組合員で支える「MY温泉」の制度が始まりました。年間2000円(1200円+会員証800円)で何度でも入湯できるシステム。地域の垣根を超えて、全国のファンで支える新しい組合湯のモデルケースを目指しています。

このほど、会員証にあたる竹札のイラストを描かせていただきました。2014,2015年に個展会場としてお世話になった鉄輪・冨士屋さんを通じてのご縁です。
d0069964_11320776.jpg
モチーフは毎年、干支にちなんで変わります。今年は酉。復活したすじ湯、そしてお湯に浸かった方々が元気に蘇りますようにと願いをこめて不死鳥です。トリさんが元気におっす、と挨拶をしています。男性用がブルー、女性用がピンク。キャラクター名は「すーじー」と命名されました。
d0069964_11561336.jpg
d0069964_11562808.jpg



昨日2/12(日)に、会員募集イベントがすじ湯で行われ、粉雪が舞う中、遠くは東京から個人会員の方々が続々とエントリーしてくださいました!会員証の竹札には先着順で会員番号がついているのですが、男性の1番の方は別府八湯温泉道組合の会員さん。別府の温泉に詳しい温泉道のメンバーの方々も「すじ湯」を絶賛、復活を喜んでいました。

水道がなく、源泉を冷まして入るすじ湯は、以前は熱い!と言われていましたが、昨年夏に組合長お手製の竹ぼうきの冷却装置ができ、快適温度に保たれています。まだまだ寒い時期が続きますが、すーじーの竹札片手にぜひすじ湯に浸かりに来てくださいね。
d0069964_11571014.jpg


会員は引き続き、事務局(TEL0977-66-3251 冨士屋)にて募集しています!

こちらにもmy温泉の会員制度について詳しい紹介があります。



















by rutsu_tobii | 2017-02-13 12:00 | 社会 | Comments(0)

お正月は共同温泉へ

今年の元旦は初詣よりも先に温泉にでかけてしまいました。人気の鉄輪(かんなわ)地区の旅館のお風呂は案の定、観光客でいっぱい。同じエリアにあるスケールアップした「ひょうたん温泉」(2008年のミシュラン3つ星獲得温泉)も、さすがに車の列が。という訳で、行き先を変えて市街地に近い北浜地区にある「北浜テルマス」へ行ってきました。

別府には100以上の共同温泉があるそうなのですが、中でも古い木造建築が情緒ある竹瓦温泉や、い草の香りの蒸し湯が楽しめる「鉄輪むし湯」など、市営温泉もユニークなものがたくさんあります。
北浜テルマスはその中で、比較的新しい市営の共同温泉。市街地から近く、いろんな種類のお風呂もある上、湾岸の高崎山や別府タワーの眺めもよい、楽しみが多い温泉。特典が多いわりに、市営とあって料金も大人1人500円と格安です。水着で入る野外の温泉などもあるので、家族連れの観光客にもぴったりと思うのですが、もったいないことに、ここはあまり宣伝されていないのか、いつも混雑していません。元日の夕方も案の定、比較的空いていました。別府では年末から正月3が日にかけて、無料開放になる市営温泉もあるので、市民の方もそちらに行ってしまったのかもしれません。おかげで、ゆっくりといろんなお風呂を堪能できました。
d0069964_2304443.jpg

お湯が豊富な別府の市営温泉は源泉かけ流しですが、次々と湯船に注がれては流れていくお湯に浸かっていると、自然と感謝の気持ちがわき上がってきました。地球や自然、家族や友人、仕事仲間、すぐ側で縁あってお湯を共有している見知らぬ他人、こうして平和に気持ちよくお湯に浸かれる自らの境遇...と、どんどんその気持ちがふくらんで行きます。だんだん自分が禊がれて、「善い人」になってくるのです。(笑)
お正月に温泉に浸かるのは、神仏に祈りをささげる初詣に匹敵する、案外、尊い行為なのかもしれませんねえ。無神論者の方もお正月は、日本各地にあるできれば天然温泉の共同浴場へ行ってみてはいかがでしょうか。



by rutsu_tobii | 2013-01-05 23:00 | 国内の旅 | Comments(0)

絵はがきの別府

昨年から年賀状を失礼させていただいているのですが、旅先から葉書を出すのは好きです。昨年も京都と鹿児島で、海外の友人に送るために観光ハガキを探したのですが、美しい風景やユニークなデザインのものを見つけるとうれしくなります。海外の人から観て興味をひくものかどうか、日本人の視点から離れて吟味してみるのも楽しいものです。

昨年の秋に、別府の昔の観光ハガキを集めた展覧会を拝見しました。セピア色の古い葉書には、瀟洒な木造の温泉旅館や、海辺で砂に埋もれて砂湯風呂を楽しむ外国人観光客、地名は同じままでも、現在の別府の街並とは全く違うかつての姿が印刷されていて、思わず見入ってしまいました。

国際的な温泉町として観光発展を遂げてきた別府の様子がわかる、それらの観光ハガキを集めたのは、大分荻原郵便局の局長を務められた古城俊秀さんという方。大分に関するものをはじめ、なんとコレクションの総数は6万枚にものぼるそうです。そのうち、展覧会でも紹介されていた、貴重な600枚の別府の観光ハガキと共に、別府の歴史を紹介したのが『絵はがきの別府』という、昨年出版された本です。

まだ読んでいる途中ですが、別府の温泉の源となっている鶴見山の神話の話にはじまり、『千と千尋の神隠し』にでてくるようなりっぱな木造の温泉旅館といい、どこかアジアの別の国の街のおとぎ話を読んでいるような不思議な気分で、おもしろく読んでいます。別府を知らない方はなおさら、ギッシリ掲載された葉書のビジュアルを見るだけでも楽しいし、歴史や観光に興味のある方には特におすすめです。

現在、東京では天然温泉を擁した、伝統的な景観をリクリエイトした新たな街づくりに関心がでているようですが、将来の日本のためにも貴重な資料となる本だと思います。
『絵はがきの別府』
d0069964_11243735.jpg




by rutsu_tobii | 2013-01-04 16:30 | 国内の旅 | Comments(0)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59