トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:演劇 ( 3 ) タグの人気記事




いりくちでくち

何の前知識もなく参加したバスで巡る国東半島芸術祭のアートツアー『いりくちでくち』。2012年の時は、数百人のキャンセル待ちが出たそうですが、気負いなくインターネットで申し込んだチケットが手に入ったのは、本当に幸運でした。今も何度も思い出して、あの日の忘れがたい体験に思いを馳せています。

ミステリーツアーのように、国東半島のどこに行くのか全くわからないツアーは、姫島行きのフェリーの船着き場から始まりました。飴屋法水氏が水先案内人。そこから国東の高校生たちが自分たちのこと、国東のことを語りはじめます。
d0069964_19261838.jpg


自然が豊かな国東半島。すぐ沖に見える姫島はジオパークにもなっています。海を渡る神秘的な蝶の話が印象的でした。
d0069964_9475098.jpg

国東には14のトンネルがあるそうです。今は使われていない暗いトンネルの入り口で、私たちを待つ小さな少女。洞窟のように浸食ででごぼこした壁に群れになって張り付いて、こんこんと眠るアシガラコウモリを見ました。
d0069964_9481863.jpg

自然に帰るのを待つ、こんなにたくさんの木。かつては人の住まいをかたちづくっていたもの。堆肥として再利用されるそうです。ここで自分だけのお気に入りの木を選んで、その後一緒に旅をします。
d0069964_9483988.jpg

「今日の日は贈り物」と何度もつぶやいてしまうほど、穏やかでいいお天気の中に降り立った弥生の遺跡村。お昼ご飯は荷車に乗せて、橋を渡り、町の女性と地元の高校生たちが運んできてくれました。竹の皮で包まれた古代米のご飯と貝汁。川辺の草の上で食べたごちそうでした。
d0069964_949423.jpg

山道から自転車に乗った少年が現れて「自然の中には直線が存在しない」というお話をしました。ウィーンの芸術家、フンデルトワッサーによって有名になった話です。実は先週まで行っていた個展の中で、私自身、何度もゲストに話していたことなので、うれしくなりました。
d0069964_9484348.jpg

d0069964_1949113.jpg

「あなたは月曜日生まれ」。生年月日を伝えたら、即座にそう教えてくれた不思議な男性と会った山奥深い山寺の境内。
d0069964_19483518.jpg

ストープで焼いた「焼きみかん」の香ばしく生暖かい果汁。夕食で食べた田染荘の新米もおいしかったなあ。
d0069964_1949468.jpg

旅の終わりは真玉海岸。夕陽の名所だけどあいにく雲で見られませんでした。今日1日、一緒に旅をした木とは、ここでお別れを告げました。

その日1日かけて、国東の人々が話してくれた彼らの毎日のこと、暮らす場所、自然のこと、海の青さ、トンネルの暗闇、あちこちで炊かれていたお香の匂い。拾った木の肌のざらつき。重さ。山道の木の葉を踏む感触。五感を通じて受け取ったそれらの記憶が、なんとも鮮やかに私の中に残っていることを今も驚いている毎日です。



by rutsu_tobii | 2014-11-26 23:59 | アート&デザイン

メンバーズオンリーのお店

高田馬場に「ふるきゃら倶楽部」という会員制のお食事場所があります。普通、会員制というとかなりスノッブな場所を思い浮かべますが、こちらは「ふるさときゃらばん」という日本全国の市町村を文字通り“キャラバン”しているミュージカル劇団を応援する目的としたお店。私はこちらの会員で人的ネットワークの大変豊富な公務員Kさんが主宰する会にて、時々おじゃまさせていただいています。
メニューは和食を中心にした旬のコース料理なのですが、こちらの素材も全国のキャラバンで培った地方のネットワークを生かし入手できるものなのだとか。そのため、いつも新鮮でおいしいお料理がいただけます。

劇団が主とするテーマが、地方の農村かかえる過疎や自治といった問題、サラリーマンの庶民的な生活だったりするそーなのですが、観衆の共感、協力からできるお店なのですね。これもひとつのユニークなビジネスモデルかも。おいしいものを食べることで、文化も地方も活性化されるのは喜ばしいことです。
しかし、不思議なことにお店の情報がほとんど紹介されていないのはやはり、和める場所はみなさん内緒にしておきたいせい?本来、会員制のお店の人気とはそういうものなのかもしれませんね。



by rutsu_tobii | 2007-03-21 01:05 | エンタテイメント

ヤン・ファーブル展

清澄のアートギャラリー『SHOGO ARTS』にて、ベルギーを代表する舞台監督にしてアーティスト、ヤン・ファーブルの展覧会が開催されるそうです。
名前を聞いてわかるとおり、彼の曾祖父はあの有名な『ファーブル昆虫記』の作者のアンリ・ファーブル氏。さすがに血をひいてか、ヤン・ファーブル氏の有名な代表作のひとつは、ドレス姿のトルソーに緑色に光る虫がびっしりたかっているという、虫嫌いな人は卒倒しそうな強烈な作品。この作品はベルギーの切手にもなってます。

自らが率いる前衛劇団の公演のため、来日しているとあって、オープニングにはご本人も顔を出すそうです。ベルギーは小さい国のわりには、国際的に活躍する現代舞踏の劇団が多いですが、舞台の方もアート作品に劣らず夢にでてきそうなインパクトがありますよ。

ヤン・ファーブル展覧会 @ショーゴアーツ
2007年2月10(土)− 3月10日(土)
オープニングパーティー 2月10日(土)17:00〜
開廊時間: 12:00−19:00  休廊日:日・月曜日、祝日



by rutsu_tobii | 2007-01-31 23:10 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事