トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:鉄輪 ( 9 ) タグの人気記事




『鉄輪の記憶』展

6月4日(蒸しの日)に、今年も始まった鉄輪の『蒸し通りずむ(蒸しツーリズム)』

催しのひとつとして、鉄輪の歴史を紹介する写真展『鉄輪の記憶』が、トビラボのお隣にオープンしたチャレンジショップ&スペース『スクランブルベップ』にて6月30日まで行われています。

企画者は別府大学の史学・文化財学科の学生、円城寺健悠くん。彼が勉強しているのは、アーカイブスとよばれている歴史的に貴重な資料の保存と継承なのですが、それが専門に勉強できるのは、日本国内ではなんと学習院大学と別府大学にしかないのだそうです。

円城寺君は小学生の頃におじいさんに聞いた戦争時代の話に興味をもち、聞いたことを自分で本で調べたり、資料館に行って確認することがどんどん面白くなって、将来はアーキビストになる!とその頃から決めていたそうです。

ちなみにアーキビストとは、「永久保存価値のある情報を査定、収集、整理、保存、管理し、閲覧できるように整える専門職」のことだとか。
(出典:2020年6月11日別府大学公式Twitterより)

温泉好きでもある円城寺君は、別府を代表する温泉地で湯治場として歴史の長い鉄輪の歴史に興味を持ち、
今回、地元の収集家から昔の写真を借りて、明治時代からの現在までの旅館や共同温泉の様子を紹介しています。

自分がしたい仕事をわかっている人は、大人になってからも多くないと思いますが、小さい頃から自分の進むべき道を目指して、積極的に活動しているのは素晴らしい!

トビラボも6月は毎日11時から18時までオープンして、お隣から応援しております。

鉄輪蒸し通りずむ
『鉄輪の記憶』展







by rutsu_tobii | 2020-06-16 19:00 | カルチャー

『HAPPINESS』展ふたたび

今週に入って、日本全国のあちこちで経済活動や行動の自粛が緩和されてきましたね。

トビラボはクローズ中ですが、その間、店頭のウィンドー越しに、昨年秋の個展で発表した『HAPPINESSハピネス』展のメッセージボードを展示しています。


昨年、数ヶ月に渡って集めた世界のゲストが考える「幸せ」の回答ですが、展示できたのはたったの10日間。今回ひとりでも多くの方に見ていただくチャンスになるかもしれません。

鉄輪方面の飲食店は、テイクアウトや接客スタイルなど工夫して営業中ですし(#湯けむりキッチン で検索できます)、再開する施設もだんだん増えてきました。もしお食事や温泉帰りなど、お近くを通ることがあれば、のぞいてみてください。

『HAPPINESS』展ふたたび_d0069964_13252519.jpeg
みなさまの健康祈願にオリジナルのアマビエ画も飾ってあります♨️





by rutsu_tobii | 2020-05-19 14:00 | アート&デザイン

今年も蒸し通

ご縁あって湯治場の鉄輪(かんなわ)に拠点を構えて、はや1年。
毎日のように目にしていながらも毎度驚くのは、町のあちこちから湧き出る温泉の湯気の風景です。
今年も蒸し通_d0069964_17110066.png
トビラボが面している筋湯通り

雨が降って湿度が上がると、さらにもくもくが増す様子は、さながら町全体が蒸されたよう。
そうなのです。ここ鉄輪は「蒸し」の伝統が息づく町。

温泉熱で人が蒸される「蒸し湯」もあれば、食べ物を蒸す「地獄蒸し」も湯治客に人気の鉄輪名物。
温泉の湯気がアラジンの魔法の煙のごとく、たちまちホッコリ人を癒す場所。そんな鉄輪の「蒸しカルチャー」を堪能できるイベントが、今年も6月の1か月近くに渡って行われる予定です。

湿度MAXの梅雨の時期を逆手にとって行われる企画は、まさに蒸しづくし。

昨今の事情により、企画によってはいつもと開催方法が異なるようですが、すでに予約も始まっています。公式HPにて「蒸し通」のキーワードでチェックして、ぜひお気に入りの「蒸しスタイル」を見つけてくださいね。

「かんなわ蒸し通りずむ」 2020年6月4日〜6月30日




by rutsu_tobii | 2020-05-17 21:30 | 健康&美容

すじ湯my温泉会員募集

別府の湯治文化の中心地である鉄輪地区。旅行者や一般の方々も入湯することができる公衆浴場がたくさんある地域ですが、ここに昭和の初期から親しまれてきた湯治専用のお湯「すじ湯」温泉があります。水道がなく源泉100%のかけ流し。石けんやシャンプーの使用禁止。「すじ湯」は名前のとおり筋に効く、筋肉痛などで傷んだからだをほぐしてくれる「効き湯」として、全国から足を運ぶファンも多い温泉でした。

2015年にお世話をする組合員の減少で存続が難しくなり、閉鎖を余儀なくされたのですが、昨年、サポーターたちの努力で復活。そして今後もすじ湯を存続できるように、個人組合員で支える「MY温泉」の制度が始まりました。年間2000円(1200円+会員証800円)で何度でも入湯できるシステム。地域の垣根を超えて、全国のファンで支える新しい組合湯のモデルケースを目指しています。

このほど、会員証にあたる竹札のイラストを描かせていただきました。2014,2015年に個展会場としてお世話になった鉄輪・冨士屋さんを通じてのご縁です。
すじ湯my温泉会員募集_d0069964_11320776.jpg
モチーフは毎年、干支にちなんで変わります。今年は酉。復活したすじ湯、そしてお湯に浸かった方々が元気に蘇りますようにと願いをこめて不死鳥です。トリさんが元気におっす、と挨拶をしています。男性用がブルー、女性用がピンク。キャラクター名は「すーじー」と命名されました。
すじ湯my温泉会員募集_d0069964_11561336.jpg
すじ湯my温泉会員募集_d0069964_11562808.jpg



昨日2/12(日)に、会員募集イベントがすじ湯で行われ、粉雪が舞う中、遠くは東京から個人会員の方々が続々とエントリーしてくださいました!会員証の竹札には先着順で会員番号がついているのですが、男性の1番の方は別府八湯温泉道組合の会員さん。別府の温泉に詳しい温泉道のメンバーの方々も「すじ湯」を絶賛、復活を喜んでいました。

水道がなく、源泉を冷まして入るすじ湯は、以前は熱い!と言われていましたが、昨年夏に組合長お手製の竹ぼうきの冷却装置ができ、快適温度に保たれています。まだまだ寒い時期が続きますが、すーじーの竹札片手にぜひすじ湯に浸かりに来てくださいね。
すじ湯my温泉会員募集_d0069964_11571014.jpg


会員は引き続き、事務局(TEL0977-66-3251 冨士屋)にて募集しています!

こちらにもmy温泉の会員制度について詳しい紹介があります。



















by rutsu_tobii | 2017-02-13 12:00 | 社会

個展が終わりました

11/23に個展が無事終了しました。ご来場いただいた皆様、大変ありがとうございました。今回も地元の方から、旅行中のいろんな場所から来た方まで、いろんなお話ができ、あっという間の楽しい9日間でした。

私も含め、訪れた人たちが、気分よく過ごせる非日常的なゆったりとした時間と空間。やはり伝統ある湯治宿が集まる鉄輪、そして素晴らしい日本建築の会場の冨士屋ギャラリーさんの「場の力」が大きいな、と感じました。

個展が終わりました_d0069964_22411988.jpg

個展会場の冨士屋ギャラリーのすぐ側の「鉄輪むし湯」。今回も、個展期間中に一度も立ち寄れず残念だったけど、小屋からもくもく立ちのぼる湯煙に、毎日癒されました。
個展が終わりました_d0069964_22494064.jpg

期間中に近所で行われた、鉄輪の写真コンテストの夜の映写会から。写っているのは、勝太郎食堂。こちらで作っている名物の大きなおはぎを、今年も来場した方からたくさん差し入れしていただいて、幾分、顔が丸くなった気がします。(笑)

楽しかった個展が終わり、ちょっと寂しい気もしますが、また来年もできたらいいな。気分を切り替えて、これから新しい絵本の作業にとりかかります。



by rutsu_tobii | 2015-11-30 23:59 | お知らせ

鉄輪イベント情報

今年は個展の期間中、鉄輪のイベントがもりだくさん。先日11/15には個展会場でもある冨士屋さんが中心となって、第一回となる鉄輪の街のスケッチ大会と、写真コンテスト11/15にはが行われました。
鉄輪イベント情報_d0069964_22355584.jpg

湯煙もくもくで、古い湯治宿の建物が多く残る鉄輪は、別府らしい風景がいっぱい。審査員には大分県立美術館OPAMの館長の新見氏らが招待され、80人以上の子供や大人たちが参加。
鉄輪イベント情報_d0069964_22362631.jpg

個展会場をちょっとだけ抜け出して、外をのぞいてみると、冨士屋の周囲の石畳のあちこちに画板(今はスケッチボードというのですね笑)を抱えた子供たちでいっぱい。いいお天気だったので、できることなら私も参加したかった。
鉄輪イベント情報_d0069964_9233875.jpg

鉄輪イベント情報_d0069964_2237985.jpg


役得で子供たちのスケッチ作品を見せていただいたのですが、ひなびた湯治場・鉄輪とは思えないカラフルな色遣い、大胆な構図にうれしくなりました。

今週末の連休11/21〜11/23にかけて、鉄輪の街中のあちこちで、スケッチと写真作品の展示が行われるそうです。



by rutsu_tobii | 2015-11-18 23:59 | 国内の旅

低温スチーム製法のジャム

低温スチーム製法のジャム_d0069964_101065.jpg

鉄輪温泉の天然の蒸気を利用して、ゆっくり低温で蒸して作ったジャムだそうです。40度〜90度の低温で蒸すと、酵素が働き、素材本来の旨味や甘みがより引き出されるのだとか。エコで体にもよいこの調理法。オーナーの安波さんは自ら定期的に低温スチーム講座を開いて、広めています。

(詳しくはこちらのHP →低温スチーム研究会「蒸しくらぶ」http://mushiclub.com)

たくさんあるジャムの種類の中から、大分の特産品でもある梅を選びました。梅は県内の有名な産地、日田の大山産です。
低温スチーム製法のジャム_d0069964_11165461.jpg

それぞれのジャムには、「アンダンテ」「メヌエット」「プリマドンナ」といった、可憐な名前がつけられているのも楽しいですね。

食べてみると、ゼリーのような柔らかでやさしい食感。こんなに瑞々しい味がするジャムをはじめて食べました。自然の果物の甘さがひきたっていて、いくらでも食べてしまいます。

低温スチーム製法のジャム_d0069964_1130364.jpg

鉄輪の街ではこんな風に、あちこちの湯治宿の軒先に、温泉の湯気を利用した蒸し釜があります。地熱で野菜や魚を蒸したり、お湯を湧かしたりといったことが、ここでは日常なのです。「地球のかまど」を利用したメイド・イン鉄輪のジャム。自然の恵みが瓶にいっぱい詰まっているんですね。



by rutsu_tobii | 2014-10-12 23:59 |

11月に個展をします

11月に個展をします_d0069964_19132433.jpg

11月に個展を行うことにしました。なんと13年ぶりです。春から祖母の家を整理して、銅版画の作業ができる環境がやっとできたので、作品制作のモチベーションを上げるためにも、発表の機会を設けることにしました。

個展のテーマは、欲張りに2本立て。ひとつは2000年に初めて個展を行った時からのテーマである『トビイ ルツのTraveling Mind展』。13年前はベルギーがテーマでしたが、今回はウィーン/オーストリアです。もうひとつは『絵本しまうまシリーズ原画展』。10月1日に発売予定の新刊の発売にあわせて、過去のシリーズとあわせた原画を展示予定です。

開催地は大分県の別府です。別府では11月の1ヶ月間、『ベップ・アート・マンス2014』という市民のアートイベントが市内各所で行われていて、そのイベントのひとつとして私も参加します。ちょうど同じ頃、大分の国東地区では、国内外の魅力的なアーティストを招いた『国東半島芸術祭』という、旅にまつわる国際的なアートフェスティバルが行われていて、アートの見物が多い時期なのです。
そして何といっても、秋から冬にかけては特に温泉がいい時期!多くの方に温かな湯とアートを堪能しに、別府まで足を運んでいただきたいな、と思っています。

開催場所は、別府の中でも一番、温泉や観光名所が集まっている鉄輪(かんなわ)地区にあるギャラリー。元は明治時代の人気旅館だった建物で、国の有形文化財にもなっている伝統的な建築が素敵です。この秋の旅行の予定にぜひとも入れてくださいね!

トビイ ルツのTrveling Mind展 & 絵本「しまうまシリーズ」原画展(同時開催)
●会期 11/15(土)〜11/21(金) 10:00〜17:00
●場所 「冨士屋Gallery一也百(はなやもも)」



by rutsu_tobii | 2014-09-20 23:59 | アート&デザイン

地獄蒸し

引き続き、別府に滞在中です。
昨日は、別府八湯とよばれる市内8カ所の中で、湯治場が集まることでも有名な鉄輪(かんなわ)温泉をひさしぶりに訪れてみました。この辺りは「地獄」とよばれる、天然温泉の沸き上がる自然の様子や、温泉を利用したエンタテイメントも充実してます。
地獄蒸し_d0069964_11512688.jpg

温泉熱を利用した蒸し料理を「地獄蒸し」とよぶのですが、地獄蒸し料理をセルフサービスで楽しみながら食事ができる新スポットが登場してました。
地獄蒸し_d0069964_11515596.jpg
地獄蒸し_d0069964_1151416.jpg

昨日は気温が日中でも4℃くらいと相当寒かったため、湯気がいっそう豪快にでてました。野菜や卵など、好みの食材を購入して、自分で蒸し上げます。なかなか楽しそう。
地獄蒸し_d0069964_1152799.jpg

中国からの観光客の方たちかな?訪れた時は90分待ちと、かなりの大盛況でした。蒸し煮のローフード、体にも良さそう。
地獄蒸し_d0069964_124854.jpg

寒かったので、無料で足湯や足蒸しが楽しめるスポットも大人気。「足蒸し」というのは初めてみました。毒素は足裏からでるそうなので、デトックスや疲労回復にとてもよさそう。自らの足で「大根の地獄蒸し」ならぬ、足蒸し体験してみたかったのですが、あいにく時間がなく。(泣)また次回の楽しみに!
地獄蒸し工房 鉄輪
タグ:



by rutsu_tobii | 2012-02-19 12:08 | 国内の旅

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30