トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:音楽 ( 26 ) タグの人気記事




夏の舞踏会

ウィーンの伝統的な社交イベントの舞踏会(Ballボール)。

零下の日も多い1、2月がハイシーズンとあって、寒さが苦手な私は踊るどころか重い腰が上がらず、行かずじまいで過ごすこと数年。今年は夏に唯一開かれる舞踏会として有名な「スペイン馬術学校」の舞踏会Fete Imperialに潜入してみることにしました。

おりしも今年はスペイン馬術学校の開校から450周年。さぞ華やかな舞踏会になるだろうと期待しつつ、チケットを入手。心強いことに舞踏会に行き慣れている女友達が一緒です。舞踏会は男女カップルがデフォルトのイメージがありますが、1人でもOK、男性や女性同士、ワルツやダンスが踊れなくてもEnjoy Yourselfで楽しめる場なのです。

会場は、日頃、馬術が披露される聖ヨーゼフ広場のバロック式の建物内。次々と到着する着飾った人達を見るだけでもワクワク。日頃はコンサバな装いのウィーンっこも、この時ばかりはカラフルで華やかなファッションで個性炸裂。年齢層も幅広く、学生らしき若々しいカップルのグループや、親と一緒のおめかしした子供達も楽しそう。26歳以下の人のためのリーズナブルなチケットが販売されているのですが、こうして子供の頃から舞踏会を楽しむ文化を奨励しているのでしょう。

会場ではたまたま席が隣になった「来年からは正規料金のチケットを買わないといけないのー」という26歳美女とお話しました。今日は大学院生のいとこの女性に誘われてきたとのこと。
数学の先生をしている彼女は中学生を教えていて、子供たちの学期末の試験の結果に頭を抱え、いとこはようやく大事な卒業試験を終えて打ち上げ気分。ストレスを発散したい2人とも当日券でさくっと入ってきたそうなので、ウィーンっこの舞踏会はクラブ的なノリなのでしょーか。(笑)
着飾って踊る非日常な時間は、かなり大きな気分転換になるのでしょうね。

メイン会場には、大きなシャンデリアがいくつも輝き、白い馬の大きな銅像と紅白の飾りが。その前でオーケストラがワルツを奏で、クルクルまわる男女のカップルが行き交う、ディズニーのお姫様映画のワンシーンのような舞踏会が繰り広げられていました。他にも2つ会場があったのですが、それぞれ懐メロ風のポップスや、ビックバンド風ジャズまで違うジャンルの音楽で好みにあわせて移動しては楽しむ人々。

舞踏会のハイライトは恒例のカドリールダンス。午前零時の合図とともに、4組のカップル(男性同士、女性同士もいます)が早いリズムにあわせて踊ります。

だんだん早くなるリズムにあわせて場も盛り上がり、跳ね馬のように踊る人も観客もギャロップ。
賑やかな夏の夜長が、いつまでも続いたのでした。

<本日のウィーンっこ>
d0069964_15362092.jpg

ウィーンのお菓子屋さん主催の「ボンボンボール(菓子職人舞踏会)」がお気に入り。テクノやロック音楽メインの舞踏会もに行くとか。(皆さんロングドレスにタキシード姿で踊ってるそうです)。こんなノリのいい美人先生が担任っていいなー



by rutsu_tobii | 2015-06-28 23:59 | エンタテイメント | Comments(0)

黄金色の空間で

世界に名高いクラシック音楽の殿堂、ウィーンの楽友協会Musikverein。日本を含め、世界に向けてライブ中継される新年恒例のニューイヤーコンサート会場としても有名な場所です。先日、クラシック音楽好きの友人に頼んで、初めて演奏会に連れていってもらいました。

金色に輝く内装とシャンデリア、彫刻や鮮やかな天井画の数々に、頭が上を向いてばかり。なんともヘヴンリーな空間。権威あるクラシック音楽界のバチカンといったところでしょうか(笑)。ウィーン交響楽団がハイドンのシンフォニーを奏で始めると、ますます浮遊感が増し、豊かな気分になりました。

2作品目はメンデルスゾーンのピアノオーケストラ。ピアノの演奏者は女性と聞いていたのですが、ステージに登場した人物は、長い黒髪を後ろで束ね、黒の燕尾服姿で登場。男装の麗人といった彼女の迫力ある演奏に圧倒されてしまいました。
高い集中力を保ちながら、演奏途中で時折、冷静に黒いハンカチで手の汗をぬぐう様子もカッコいい!独特のスタイルを持つ彼女はJasminka Stanculというセルビア出身のピアニストで、プロフィールを見ると、日本にも時々演奏に来ているようでした。

大勢の人々がそれぞれ違う音色を使って美しいハーモニーを奏でるために、仲間が心をあわせる姿は、なんとも感動的。すごいことが目の前で起きているのだ、と、音の友情で溢れた黄金の空間で、ふと、深く感じ入った夜でした。
d0069964_23195317.jpg




by rutsu_tobii | 2015-06-14 23:59 | エンタテイメント | Comments(0)

個展のBGM

個展の期間中は幸い毎日いいお天気に恵まれ、大きな窓と高い天井の冨士屋galleryの空間は、まるで別荘にいるような気分にさせてくれました。その空間に毎日、流れていたのはピアノの音色やオペラの歌声。クラシック音楽に詳しいオーナーさんが、毎日、銅版画展のウィーンのテーマにあわせて選んでくれていたBGMをご紹介します。冨士屋ギャラリーでは定期的にクラシックの音楽会が行われているそうです♪

d0069964_22385358.jpg
d0069964_22384198.jpg
d0069964_22382278.jpg
d0069964_2238427.jpg
d0069964_22375521.jpg
d0069964_22371439.jpg
d0069964_2237048.jpg




by rutsu_tobii | 2014-11-22 23:59 | エンタテイメント | Comments(0)

Sofar Sounds Tokyo

1年の折り返し地点の6月。毎年この時期になると、私はこの半年間で何を成し遂げたであろーかと、少なからず我が身を振り返ってみたりします。
その我が身はさておき、私の旧い女友達の一人が、「ある計画」について熱く語っていたのは、ちょうど今から半年前の昨年12月でした。プライベートな家の一室に見知らぬ人々が集まり、共にアーティストが奏でる心地よいライブ音楽を楽しむ...。2009年にロンドンで始まり、世界40都市以上で行われているこの試みを、ぜひ東京でもやってみたいというのです。そして4月、東京でついに『Sofar Sounds Tokyo』がローンチしました。
ソファーサウンズ。リヴィングルームの真ん中にある、フカフカのクッションやウールのひざ掛けが置かれた大きな長椅子。人も犬もネコも一度座るとなかなか動きたくない…友人から初めてその名前を聞いた時、真冬だったせいかそんなイメージが頭に浮かんだのですが、それから半年の夏至も近い6月15日、早くもSofar Sounds TokyoのVol.2が都内某所で開催されます。

d0069964_1974740.jpg

写真はSofar Sounds TokyoのFBからお借りした第1回目のライブの様子。神宮前The Shareにて。

Sofar Soundsは、クローズドのイベントで毎回変わる開催場所も出演アーティストもすべてシークレット。事前に観覧を希望した人達にだけ日時と場所のお知らせが届きます。そしてライブ録画は、後に配信されて世界中の人々が目にすることできる「閉じてるけど開いている」イベント。スタッフは全てボランティアで、費用もイベントの参加者や関係者からの寄付で行われています。

こんな風に手作りで世界中のあちこちの都市で行われているSofar Soundsですが、4月の時点で43都市と発表されていた開催の都市数は、現在なんと84都市と2倍近くにまで激増したのだとか。きっと多くの人達が、リラックスしながらも刺激的な、新しい音楽と人との冒険的な関係性を求めているのですね。
もしかしたら今から半年後には、東京以外の日本のどこかにもSofar Soundsののろしが上がっているかもしれませんね。

Sofar Sounds HP
Sofar Sounds Tokyo Facebook
世界各国のSofar Soundsのライブの映像



by rutsu_tobii | 2014-06-13 23:59 | エンタテイメント | Comments(0)

2014年のアニバーサリー

ウィーンを代表する老舗高級ホテル『ホテル・インペリアル』のカフェとレストランが、大幅リニューアルされて昨年末の大晦日にオープンしたとか。開業140年を記念しての改築だったそうですが、ホテルの新オープンや改築が続いているウィーン。前にも書きましたが、今年はいよいよパーク・ハイアットがオープンします。料理長はなんでも今月まで新宿のパーク・ハイアットにいた人物とか。

なぜこんなにホテルの開業や改築が続くんだろうと思っていましたが、クラシック音楽シーンのアニバーサリーにも関係しているのかも?2010年のショパン生誕200周年に始まり、2011年のリスト(生誕200周年)2013年のワーグナー(生誕200周年)など、クラシック界のスター達の大きな節目となる記念年が続いています。クラシック音楽の殿堂のKonzerthausも昨年は100周年を迎えていますが、音楽の都のウィーンだけに関連イベントでクラシックファンや観光客が集まることも、ホテル開業に関係しているのかな。

ちなみに今年は大バッハの息子、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハとグリュックの生誕300周年だそうです。



by rutsu_tobii | 2014-01-11 10:00 | エンタテイメント | Comments(0)

京都の名曲喫茶

京都はパンの消費量が全国でトップだそうですが、確かに街の至る所にパン屋さんがいっぱい。ユニークなパン屋さんもあります。『柳月堂』は1階がパン屋さん、2階がクラシック音楽の聴ける名曲喫茶。1階で買ったパンは、2階で音楽を聴きながらイートインできるのです。

大昔に行った渋谷の『ライオン』での体験が忘れられず、いつかまた名曲喫茶なるものに機会があれば行ってみたいと思っていましたが、京都それはプライベートな邸宅の応接間の雰囲気。1階は簡素な普通のパン屋さんなのに、2階に上がると、英国風の重厚な模様ガラス扉や家具が素敵なカウンターと、いくつかのテーブル席が設けられた喫茶室がありました。白エプロンのメイドさん風のお嬢さんが接客してくれます。
このスペースも居心地がよく、自由に飲食や会話ができるので、コーヒーを注文して1階で購入したパンをいただきました。レーズンや木の実がたくさん入った私好みのおいしいパン。ゆっくり本を読むのにもよさそうな空間です。平日の夜の時間帯だったせいか客は私ひとりで、気分はリアルにご主人さま(笑)。暗い照明も雰囲気がよく、バーとしても楽しめそうな空間です。

とはいえ、やはりメインはクラシック音楽の流れる広い部屋。ステージとおぼしき前方にグランドピアノが置いてあり、両脇に巨大なスピーカーがあります。壁際には本やCD、レコードがたくさん並んでいて書斎のようです。
後方には曲のリクエスト席があって、用紙に希望の曲を書き込んでおくとかけてくれるシステムでした。訪問時はチャイコフスキーの『くるみ割り人形』や(ちょうど季節ですね)、ピアノ協奏曲、ブラームスのバイオリンソナタなどがリクエストされていました。
好きな椅子やソファに腰掛けて、希望すれば注文した飲み物を持ってきてくれます。1時間半ほどぼーっと音楽を聞きながら冬の夜をゆっくり過ごしました。

訪問時は男性の一人客が3、4人と、老夫婦が1組。老夫婦の男性の方は、部屋に入る前に「30年前によく来ていた」とメイドさんにお話していましたが、今回、ご夫婦で初めて来たのか楽しそうでした。若い頃を思い出したのかしら、何か曲をリクエストしたのかな?と微笑ましく感じながら、場所を後にしました。ちょっとプライベートな京都の歴史が感じられるカルチャースポットでした。
d0069964_226360.jpg




by rutsu_tobii | 2012-12-09 23:59 | | Comments(0)

サウンド・オブ・ミュージック!

アントワープのマダムMが、昨年ベルギーのアントワープ中央駅で行われた感動的なパフォーマンスの画像を送ってきてくれました。偶然、駅に居合わせた人たちはなんて幸運なんでしょう♪観ると元気がでますよ。




by rutsu_tobii | 2010-05-24 07:35 | エンタテイメント | Comments(0)

紀尾井ホールの鍵盤うさぎ

ちょっとアップするのが遅れてしまいましたが、5/1は友人の鍵盤うさぎさんの紀尾井ホールデビューであるピアノの発表会でした。応援団であるチャーリーズエンジェルの一員として、また鍵盤うさぎのキャラクターの母として、仕事仲間も引き連れて駆けつけた次第。

発表会の詳細を書いたのブログをみると、やっぱり鍵盤うさぎさん、歌ってたのね。(笑)彼の演奏の最中に男の人の鼻歌がずっと聴こえていて、空耳か、誰か私の席の近くに座っている人が曲にあわせて歌っているものとばかり思ってましたが、本人だったとは。

舞台が大きければ大きいほどプレッシャーははかりしれないものと思いますが、演奏者はみなさん、アスリートですね。小学生の門下生の方からプロの方まで、それぞれの方法で集中力のスイッチを入れるのでしょうが、どんなことを考えているのかいつか聞いてみたいと思いました。



by rutsu_tobii | 2010-05-03 23:38 | 仕事仲間・友人 | Comments(2)

鍵盤うさぎのピアノ発表会

アマチュアピアノ弾きの友人、 鍵盤うさぎの晴れの舞台である紀尾井ホールでのピアノ発表会が近づいてきました。うさぎさんの師匠である金子勝子先生の門下生&門下出身生による45周年記念コンサート「音の調べ」。
金子先生はショパンコンクールの上位入賞者を次々と送り出しているスゴい先生なのです。発表会では前回2005年のショパンコンクールのファイナリストやヨーロッパで活躍中の門下生も演奏予定だとか。

一昨年末に門下生の発表会を観覧しましたが、その時も将来のスターのアマ時代の演奏を聴いた、みたいな自慢話が後にできることを楽しみにしつつ聴いてました。(笑)今回の発表会も伝説になったりして!?

キャラクターもできたことだし、鍵盤うさぎも伝説の一部になれるように演奏をバッチリがんばってほしいものです。

日時/2010年5月1日(土)
場所/ 紀尾井ホール 
時間/正午開場、12時30分開演
入場券/3000円(出演者優待2500円)
チケット購入はこちら
d0069964_19503458.jpg




by rutsu_tobii | 2010-04-11 20:00 | 仕事仲間・友人 | Comments(0)

鍵盤うさぎのイメージキャラクター完成

ピアノ弾きの鍵盤うさぎさんから依頼されていた鍵盤うさぎのイメージキャラクターがやっと完成しました。早速、彼が仕事とピアノの練習の合間にやっているおびただしい数のブログやSNS(いったいいつ寝てるんでしょう!?)のプロフィールに使用してくれているようです。

完成までにうさぎさんをずいぶん待たせて申し訳なかったのですが、キャラクターつくりに関しては、ちょうどこの春に出版予定の本のために年始から行っていた、動物キャラクターづくりの経験も役に立ったと思うので、万事よい成り行きで進んでいるのでは?と言い訳させていただきます^^

ゆくゆくは鍵盤うさぎのお友達キャラも考えていきたいですね!
d0069964_12243100.jpg




by rutsu_tobii | 2010-03-22 12:24 | 仕事仲間・友人 | Comments(4)

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59